新宿思い出横町に「きくや」という庶民的な居酒屋がある。



思い出横町(線路沿いを「焼き鳥横町というひともいる」)の外側も「きくや」をご紹介すれば最後。久々の入店である。以前からの木製の看板は貫禄がつき始めている。店内は、カウンターキッチンではあるが、大きなテーブルが2席。当然相席を常とする。まあこのような居酒屋もいい。しかし、不快なのはテレビの大音響。雰囲気は変わっている。



座ればお通し、300円が当然のように出される。しらすにほうれん草のおひたしをあえたもの。酢味噌添えられている。焼き鳥は「2本筒頼め」という。おっぱいなどという変わり種もあるが、ここはかしら・レバーを注文する。しばらくしてタレと塩で分けられたものが一皿にのせられてきた。











焼酎などは充実しているようである。なにかアルバイト的な従業員が多くなっている。以前のんびり一人でいられた空間が無くなっていた。残念な感じである。客層もそんな人たちが多く。大声で話をしていた。
価格が安いことは変わらないが・・・・。







[PR]
by tatuko00 | 2009-06-10 10:02 | 飲み屋 | Comments(0)


<< 2009春も野毛がよい「野毛手... 横浜狸小路でとんでもない店「池田屋」 >>