大宮で2年目を迎えた良店。「堺」寿司




大宮駅には意外と寿司家が少ない。そんな中、そごう近くで検討しているのが、豊鮨とここ堺。この店は、従業員の教育(姿勢)も良く、お宮では気持ちよく食べられる店である。その上安いのがありがたい。




細長い店舗は、まさしく寿司屋の雰囲気。その上、綺麗に維持されている店内。トイレにまで畳を敷くなどインテリアにもこだわっている。空調(換気)も良く、窓のない店内とは思えない気持ちの良い空間を維持している。カウンターには木製の冷蔵庫。使うだけのネタが入っている。




一年ぶり程度の入店になるだろうか。久々のランチタイムの利用である。980円で11貫に巻物がつく「なぎさ」というものを頼む。通じよう2名の職人がカウンターに立つ。互いに仕事を確認しながら、客の注文に応じている。その呼吸がすばらしい。仕込みもその間に勧めるのだからすごい。




ほどなく長皿に盛られた寿司が出てきた。特に際だったネタが入っていると言うわけではないが、この価格帯では十分なもの。赤魚から穴子まで庶民派のネタが盛り込まれている。舎利が非常に良い状態に維持されおいしい。寿司家の基本が守られている。今日は、甘エビ・ホタテが特においしかった。




お茶も粉茶が入ったものが出される。おしぼりは、ランチタイムは紙なことぐらいである。デザートとして豆腐がでるのもおもしろい。何度も訪れたくなる店である。








「以前のイメージ」
大宮そごう近くのビルに「堺」という店の雰囲気は良い寿司屋が開業。
 聞けば2007年7月中旬の開店らしい。この月は大宮で「豊寿司」といいよい店が開業している。意外と寿司屋がない大宮。私にとってはうれしい話題である。少し奥まった要にある店舗は,非常に雰囲気のある佇まい。発見して,すぐに入店してしまった。路地のような空間を歩けば10席ほどのカウンターが有り,この界隈では珍しい,檜の木に入れられたネタケースが準備されている。大宮でもこの手の店が開業したものと思い。胃袋が叫び始めた。現在の大宮では最も雰囲気の良い店舗であろう。
 ランチだからかもしれないが,若手の職人が構えている。しかし,十分に仕事を理解している雰囲気の職人。挨拶・応対もそつなく心構えができている。サービスの女性も若いが気持ちよい応対をしてくれる(しかし,空いているのにカウンターの端の席に有無結わさず案内されたのには多少不満)。カウンターに荷物を置く棚もないので,荷物置きに困まる。すぐ後ろに空気清浄機があったのでその上を利用する。おしゃれにまとめられているが,寿司屋(客)をあまり理解していなデザイナーのものであろう(ちなみに私も一級建築士)。
 外にわかりやすいメニューが写真入りで掲載され,座席にも置かれているので状況はわかる。にぎりに関しては,通常のものが7貫,1.5が9貫なのかもしれないが,お腹が空いていたので1.5を頼んでみる。出てきたものは皿に盛られたすし。せっかく気持ちの良いカウンターがあるのにもったいない。しかし,寿司は注文を受けてから作られている(当たり前だが大宮ではなかなか無い)。軍艦(トビッコ・いくら)も巻物(鉄火)もばりばりしていた。
 ネタは特に特記すべきものはないが,鮮度はよい。残念なのは柵の切り方がいまいちなのだろうか,真鯛とヒラメには筋が残っていた。もう一つ残念なのはにぎり具合。どうもしっかりしすぎている。おにぎり的な感覚がある。寿司飯も少し酢が弱いような気がする。職人のせいかもしれないが,もう一つ残念。玉子がまたおもしろい。だし巻きではなく何かぱさぱさしている。これは私には合わない・・。この店の雰囲気,期待していたのだが,ランチではややがっかりした。
住所 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-4-5  電話 048-642-5550
営業時間 ランチ  11:00~15:00  ディナー 17:00~23:00 お問合せ時間 11:00~23:00
定休日 無休
ランチ例)①まぐろ丼1000円②にぎり950円③にぎり1.5・1200円④ちらし950円⑤魚がし丼1000円⑥旬のおまかせにぎり1980円
ランチ「1.5」)①赤身②真鯛③ヒラメ④サーモン⑤アジ⑥⑦いくら「軍艦」⑧トビッコ「軍艦」⑨玉子⑩稲荷⑪巻物(6)

「お店からのお知らせ(PR)」① http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000681390.html
西口駅近、路地裏。旬の食材を『粋』に愉しむ、隠れ家的な本格寿司がOPEN
『カウンターで食す寿司の醍醐味』をもっと気軽に楽しんで欲しい―西口駅近く、裏通りにOPENした隠れ家『すし堺』の特等席は、職人の手元が全て見渡せる造りのカウンター席。腕に自信のある3人の職人が、最高の状態の旬食材を握る様を楽しむ…なんてちょっと大人な時間が楽しめます。食材は青森陸奥湾やオーナーの出身北海道から仕入れており、最高の鮪を地元漁師から直送してもらえるようなんと大間の鮪漁船にまで乗ってしまったという拘りぶり!そんな堺オーナーはあの名店「ほり川」で修行を積んだ経歴の持ち主。満を持して独立、カウンター10席、個室風テーブル10席のしっとりした雰囲気のお店を誕生させました。とは言ってもお値段はとてもリーズナブルで一貫120円~。粋な職人達も30代と若手で、肩肘張らずに楽しめますよ♪本格寿司デビューにもピッタリなお店です!
「お店からのお知らせ(PR)」② http://r.gnavi.co.jp/p709400/
大宮駅西口徒歩2分。。旬の素材と職人の技を心ゆくまでご堪能下さい。
カウンター席は職人の手元と会話を楽しむ特等席。
その日の旬の素材を目の前で握るその手さばき。。
メニューにはない隠れ素材もカウンターなら引き出せるかも!?
食材は青森陸奥湾やオーナーの出身北海道から仕入れており、
なかでも大間の鮪漁船に乗ってまで吟味した鮪も必食です。
[PR]
by tatuko00 | 2009-07-05 04:19 | ランチ | Comments(0)


<< 野毛 手形ラリー23 Dini... 大宮でおしゃれな寿司屋 「月むら」 >>