以前から気になっていた「亀戸餃子」






最近餃子を売りにする店・地域が増えてきている。亀戸にも長い間親しまれている。餃子亀戸餃子(屋号)」があるというので家に帰る途中、下車してみた。なんと駅を降りたところに大きな看板。それに従い、進んで見ると、路地に人がいる。







臭いがしているのですぐ解る。非常にそぼくな店舗。上がり框もあるが、長いコの字型のカウンターが店を閉める。その中で餃子が休む間もなく焼かれている。とにかく焼き方が豪快。餃子を並べた後、ヤカンで水を注ぎ込み蒸らしている。




ルールは2皿から頼むこと。250円/皿だからまずは500円。餃子にはやはりビールがあう。550円のビール大をもらう。たぶん注文は客の状況で焼かれているのであろう。程なく出された。小皿に、独特の辛子が添えられている。おもしろい辛さ。まずはそれにつけて食べて見る。




やや淡泊な餃子。皮が壮なのかもしれない。ジューシー感はあまりない餃子。酢と辣油で食べるのが良いと思う。どちらかというと野菜餃子。ヘルシー感がある。そんなわけで女性客が多いのかもしれない。何皿も食べてる方が多い・私は2皿で十分。そんな感じの店だった。






[PR]
by tatuko00 | 2010-04-28 07:11 | 食堂 | Comments(0)


<< 野毛ラリーで訪れた「一千代」に... 今日は多少遠征、小岩の立ち飲み... >>