「肉のおおしま」という店が白岡(さいたま栗橋線沿いに)開業








以前あったファミレスを改修して「肉のおおしま」という店が開業した。どうやらとんかつやらしい。カジュアルな感じのとんかつや。290円出とんかつだと単品で食べる事ができる。そのせいか、回転も速い。丼物で500円以内で食べる事ができる。







開店間もないので、混雑している。接客専業の店員もいるがなにか慣れていないのであろう、あたふたしている。なにか空回りしている用である。白い服を着たチーフらしい男性が、どうにか店を仕切り始めて居る。年配の男性もいるが、ぶつぶつ文句ばかり言う。姉妹には、大声で客の悪口を厨房入り口で叫んでいる。








肉屋が参入したものかと、インターネットで調べれば、どうも「がってん寿司」の店を仕切る牛舎らしい。しかし、この店はどうも未熟。何か安心して食べられない雰囲気が感じられた。カツは、やはり薄いもの。ロースなどは持ち上げると曲がる程度。ひれの方がまだ良い。価格帯は安いが、コストを下げた分質も量も低下している用である。








100円出ご飯大盛りとなるが、その差はほとんど感じられない。特に銘柄米をつかつているとは思えないみせ。これで100upは無いだろうと思うもの。一回来れば良い店と判断した。






[PR]
by tatuko00 | 2010-10-12 09:53 | 和食 | Comments(2)
Commented by 白岡町民 at 2010-10-19 18:09 x
肉のおおしまはサイゼリアかガストか吉野家が親会社のチェーン店だったと思います。
なかなか安くて美味しいですよね。
Commented by tatuko00 at 2010-10-20 08:45
雰囲気は層ですね。やすかろう・・かろう。そこそこの味。
これを見て確認しました。
http://www.gatten.co.jp/contents/map/
http://job.rikunabi.com/2011/company/top/r920010044/


<< 大宮で定番の立ち飲み。「なごみ」 古河で有名な回転寿司 「おかざと」 >>