久々のランチ。「刺身定食」、はちまき(関内)






はちまきに行くのであれば、刺身定食と決めている。すし屋を親会社としている飲食店。当然海産物が美味しい。とくに、大サービスのランチは非常に近隣のサラリーマンの心・胃袋を満たしている。焼き魚・煮魚も興味があるが、5から7種の切り身が入る刺身定食が600円で食べられるのだからありがたい。







ご飯・汁・卵はすべてお替わり可能。その上数種類の小鉢がつく。以前は面白い器で5種以上の佃煮がついたが、今日は小鉢が3種。「サラダ」「マカロニ」「厚揚げの煮物」がつく。当然卵もついている。温かいごはんで、刺身から食べ始める。ご飯も炊き具合が良いので美味しい。







つついて、生卵でご飯をすすりこむ。これは煮物と実に合う。澄まし汁は、あっさりとまとめ上げられている。薄味でおいしい。ご飯も足りなくなったので、お代わりを依頼する。当然、卵・汁も頼む。まずは卵ご飯。白い部分を残し、刺身を再開する。





 当然、満足・満腹。腹10分目の仕上がりとなる。しかし、久々の入店だったせいか、どうも変化に対して、以前のほうが良かったような気がしてならない。刺身はとくにそんな気がする。これは良い変化だったのだろうか、私のようなビジターではなく常連の方々が判断することであろう。







はちまきのランチを確かめに、やはり「刺身定食」。

最近よく行くランチ「はちまち」。刺身定食

関内駅前の新店「はちまき」。なかなかすばらしい

関内駅北口の秀吉が閉店、「はちまき」という良店に
[PR]
by tatuko00 | 2011-11-15 06:26 | 和食 | Comments(2)
Commented by YMS at 2011-11-15 23:49 x
こんばんは。いつも楽しみにしています。
当初と比較すると刺身の切り身は「薄く小ぶりになりました。5連皿から小鉢2つになり少なくなっています。
しかし、CPは高いでしょう。

Commented by 管理人 at 2011-11-16 06:42 x
その通りだと思います。
また感想、情報をお寄せください・


<< 大宮で「ビール190円」は、鍛... 五反田でおしゃれなすし屋「遊膳... >>