上越ですばらしいランチに遭遇。市場のすし屋、その名も「すし屋」。





上越市の中央に「青果市場」が有り、その中に食堂がある。5店舗程度のスペースがあるが営業しているのは、3店舗。あとの2つは食堂的な営業。当然早朝から営業している。このすし屋が面白い。営業は11時から13時。




以前13時少し過ぎに行けば、舎利もないので受け入れてもらえず。次に行ったときは水曜日、どうやら市場が水曜日休業。当然食堂も営業しないらしい。今日は万難を介して、12時まえに入店。空いていた。時間も早いので店内は誰もいない。




広いスペースの半分は厨房。カウンターしかない、なんと6席程度。スペースは空いてるがこれで丁度良いとオーナー(調理人)は言う。一人でまかなうにはこの程度が良いらしい。外には「海鮮丼600円」のみの表示。





店内にもメニューらしいものはない。聞けば握りもできるという。980円。十分安い。我々の注文を聞けばさすが職人動きが速い。味噌汁を造りながら「ネタ」の準備。てきぱきと動く。カウンターがやや高いので仕事ぶりがすべてわかる。






それにしても2時間程度、事実上1時間。これで経営が成り立つ物かと思えば、別に高田駅近くで店をしているらしい。和食の居酒屋らしい。多少の楽しみもかねて開業したらしい。まあ1年強。だから店内はすっきりしている。居酒屋の仕入れを利用しているらしい。




まずは、妻が頼んだ「海鮮丼」が登場。①きんめ②鯛③ホウボウ④ヒラメ⑤のど黒⑥いか⑦たこ⑧いさきなどがはいるもの。白身魚中心の海鮮丼。彩りはいまいちであるが、ボリューム・質も600円ではとうてい食べられない内容。




通常だと、これで満足するはずの妻、我々(私と娘)のにぎりをみて唖然。一段とグレードアップ。カウンター置かれた皿に、①鯛②のど黒③ヒラメの白身魚3種。ネタも厚くおいしそう。当然食べればおいしい。弾力もあり、鮮度は抜群。久しぶりのおいしい寿司。首里の具合も良い。




続いて、④イカ⑤帆立⑥バカ貝の甲殻類・貝、これまたおいしそう。地のものだというが当然満足できる物。特にこれだけシコシコした帆立を食べたのは久しぶり。感動もの。このあたりが当然妻にも伝わっている。残念そう。




その間に、味噌汁が振る舞われるが、エビの風味(だし)の利いたもの。香りもすこぶる良い。続いて⑦牡丹エビ⑧地魚白身(名前を忘れた)。エビの身はすこぶる熱い。食べれば甘い味と風味が口中に広がるもの、おいしい。白身魚も甘みがある絶品。




最後は、⑨赤身⑩赤貝。調理しているのが見えるので、赤貝は生きたものを使用している。ランチでこの価格で頭が下がる。なんとおいしい赤身。磯の香りも伝わる。赤身も同様、おいしいものでした。巻物こそ無いが、お腹も十分満たされるもの。大満足でした。




[PR]
by tatuko00 | 2012-05-21 09:54 | すし | Comments(0)


<< 桶川に突然出現したうどんや「讃... 同じ五反田でも若干違う「すき家... >>