渋谷で「牛カルビ丼280円」、ひの家を発見。空腹も手伝い入店。



最近の丼屋は価格戦争がとまらない。特に新しく参入している「チカラめし」なども検討している。私も卑しい体質なので、300円以下の丼・定食にはどうも目が向かってしまう。最低価格が「牛カルビ丼280円」、そのほかはトッピングの違いによる物のようである。





写真で紹介されている丼はなかなかおいしそう。入り口で食券を購入し入店。窓際に小さなカウンター席があるが、そこは敬遠。椅子席に座らせてもらう。食券を渡せば、二分程度で提供される。「直火焼き」と言うが、すぐに焼くのかもしれない。





出された物はとんぶりのみ。同然かもしれない。写真では、ご飯一杯に肉がのっているが、ご飯が1/4程度見えている。しかし、これは盛りつけの雑さにもあるようだ。重なっている部分が多々ある。丁寧に盛りつければ、もっと印象が良いのに残念だ。青葱がふんだんにのせられているはありがたい。



味噌汁を70円出して追加するのはもったいない。一緒に出された薄目の冷茶で我慢する。落ち着いてテーブルを見ると、器がある。中を見ればなんと「壺漬け」。油が強いカルビにはありがたい。丼の上にとりあわせて食べて見る。意外とあう。なかなか壺漬けもあう。
意外とご飯も多いし、炊き具合も良い。これからが楽しみな店かもしれない。




[PR]
by tatuko00 | 2012-06-26 04:47 | 和食 | Comments(2)
Commented by にっし at 2013-07-22 15:38 x
ここのカルビ丼、味は悪くナイですが…接客が悪いですよね。いらっしゃいませを言わない、食券内容はよく間違えるわ、券売機が壊れ客を追い返すなど…味は好きなほうだけに最低ですわ。
Commented by tatuko00 at 2013-07-24 05:39
そうですねそんな感じはありますね。


<< 杉戸(東武動物公園)の国道沿い... 杉戸(東武動物公園)の国道沿い... >>