ステーキ宮、夕食に入ってみたが意外と良い店。質・ボリュームとも良好。







 時々前を通る国道50号線の店舗。丁度お腹も空いてきた、娘も車に乗っていたので2人で食事。いかがと思い入店すれば、なかなかおしゃれなステーキ店。いろいろなメニューも準備されている。迷うほどのメニューが準備されている。








 丁度、「リブロースフェア」と言う物をしていたので、①リブロース&特製スペアーリブ「娘」②リブロース&チキングリルを注文する。ライスなどは別に頼むのだがこれが面白い。ライスorパン(おかわり自由)+ドリンクバー、+スープバーで480円。両方つけるフルセツトというものもある。我々は、ドリンクバーとスープバーのセツトを頼む。








 スープ、ドリンクを楽しみながらできあがるまで待つ。スープが5種、これずなかなか良い。記憶では、①木の実のスープ②クリームチャウダー③トマトのスープ④コーンポタージュ⑤和風スープなどが準備されている。全ておいしい。特にキノコは絶品だった。








 娘はよせば良いのにドリンクバーを全て踏破するらしい。ガンバっていた。おいしそうな音を立て料理が登場した。かけるソースも選べるので、「宮ソース(父)」「なんか難しいカタカナのソース(娘)」、どうやら宮ソースはその場でかけるらしい。おいしそうな蒸気を出していた。








 当然ステーキもなかなか。リブステーキもなかなか厚みがあり、ボリュームがある。レモンとバターがのせられている。意外とサッパリしていて叔父さんには向いている。チキンもご立派な大きさ。満足満足する物だった。










 娘の特製スペアーリブもなかなか大きい。少し食べさせてもらったが、柔らかい、たぶん一度蒸しているのだろうか、脂も抜けている。おいしい。骨との相性も良い。ソースもなかなかあっていた。ソースも追加できるというので、宮ソースをおかわりしてたっぷりかけてみた。ご飯も2人で一皿追加、お腹も満たされました。
















[PR]
by tatuko00 | 2013-02-15 06:26 | ステーキ | Comments(0)


<< 長崎ちゃんぽん「リンガーハット... 上越に行く予定で、六日町まで来... >>