東大構内にあるフレンチレストランで食事。カメリア、ランチコース1500円。

b0142232_628144.jpg


b0142232_6285394.jpg



b0142232_7544119.jpg


b0142232_7545975.jpg


 最近カルチャーセンターからいらいで、散策・軽登山をしている、今回は熊谷カルチャーの依頼で、「東京散策(巣鴨から上野)」を歩いてみることにする。しかしながら、参加者は何か東大にも興味がありそう。東大にも足を向けるようにし、ついでにランチも食べてみることにした。





 そうは行っても東大の学食(大きな学食が2つはある)ではレディーを案内するには、さみしい。ご存じだろうが東大(本郷)無いには、外部業者も参入するレストラン・喫茶も含めれば、20数カ所ある。良くマスコミで紹介される学食はごく一部。いろいろ楽しむ事ができる。





 今回は、椿山荘が経営する「カメリア」。白山の椿山荘と同様の料理が提供されるが、東大の場合、ランチは独自のメニューが出されている。当然ミニコースもあるが、今回は体験1500円のランチコースとする。それでも珈琲まで付く立派なもの堪能できます。





 今回は6名の参加。事前に予約しておくと席も準備していてくれるのでありがたい。広いテーブルが準備されていた。やはり学生らしい姿は少ない。しかし、若い女性のグループ。グルメ旅なのかもしれないが大きな声で話している。同行した女性が「しつけがなっていない」と言っていたので私の判断も間違えではないと思う。





 久々のホーク・ナイフが並ぶセット。背筋を伸ばしての食事となる。セツトは「ライス」か「パン」が選択できる。飲み物も「ホット」or「アイス」、珈琲・紅茶も選べる。まずはスープが出される。きょうは厚い。まして外を歩いていた。冷製のポタージュはありがたい。おいしい。優しいがコクのある味。コンソメの塊がインパクトを添えていた。



 サラダも綺麗に盛られている。こちらも優しい味のドレッシングがかけられている。彩りもよい。良く冷やされている。東大内のレストランといえども手を抜いていない。パンは、スポンジ状のパン。御飯は通常の皿で出されていた。どちらもレディたちには、十分な量である。テーブルには、オリーブオイル・バターも準備されているので、適度に使用する。



 本日のメインは、肉。やはり価格からすれば「豚肉」。厚みのあるホークソテイー(ステーキ)である。なかなかおいしそうに仕上げられている。脂身はあるが気にならない味付けがされていた。添えられた野菜も食欲を増す。食べて見れば、柔らかくおいしい。丁寧に作られているのであろう。パスタのような物が肉のしたにしかれ、クリームソースに仕立てられているのが、味に優しさを増していた。






 十分お腹を満たした後は、珈琲。香りも良くおいしい。私はホットを頼んだが、入れ立てだろうかおいしい。口も整えられ、しばしのんびりした後再び谷中を目指して散策を開始しました。




東京-78  巣鴨駅から日暮里駅まで,ツツジ・庭園を巡るたび  熊谷から行く東京散策

東京-77  市ヶ谷から皇居東京駅を散策するたび  熊谷から行く東京散策その1 

学士会館の寿司屋「二色」でランチ。6名で行ったら個室も用意してくれた。
[PR]
by tatuko00 | 2013-05-22 08:08 | フレンチ | Comments(0)


<< また時間が無く、立ち蕎麦朝食。... このブログで料理(食べ物以外)... >>