上越で気になっていた鰻店に。うなぎ・和食 冨喜寄・木田新田店(ふきよせ)。

b0142232_06432040.jpg

b0142232_06432887.jpg

b0142232_06433688.jpg

b0142232_06434164.jpg



 鰻屋の少ない(私の主観)上越、娘が探し出し、住宅地に見つける。店名は冨喜寄・木田新田店(ふきよせ)と言うらしい。どうやら入りそびれている高田の鰻屋の姉妹店。それにしても住宅地の中に建っている。外観からすれば、完全に住宅である。


 通りに小さな看板が出されているが、ほとんど目立たない。そこには鮨の文字もあるが、メニューにはほとんど寿司の雰囲気は無い(コース料理にはあった)。平日の昼過ぎ、全く客の気配は無い。やはりこの立地では集客は難しいのかもしれない。


 暖簾が出て居るので、おそるおそる入店。営業中らしい。勝手に座れと言う雰囲気なので、上がり框にあがる。私は後ろが壁寄りかかれる場所を選択。まだ本格的に主導していない?しかし、すでに12時は回っている。しばらくして、お茶が提供される。愛想の無い女性(奥さんであろう)がサービスを担当していた。


 呼ばれて奥から出てきた御主人が慌てて隅を起こしている。どうも準備はしていないようである。焼き場からは水蒸気(煙)が出始めていた。メニューを見ると、お茶が有料?と言う案内が最初のページにしめられ150円という。これをはじめとして、非常に細かいメニュー設定、「ランチはカードが使えない」「御飯大盛り○○円」「おかわり○○円」「肝吸い+○○円」など・・・。


 そんな気配が、女性の愛想のなさにも反映しているのであろう。どうせ有料(でも単なるほうじ茶)と思い、おかわりを所望すれば、急須を何も言わずどんとおいていった。これが客足などに反映しているのであろう。焼き場のご主人も同様である。


 この時点で、私は鰻を食べることは断念(おおかた理解できた)。鰻店はやはり、店の雰囲気、働く人の態度が絶対新鋭する物。ランチに「お任せ定食1050円」と言う物があったので、これにする。娘は当然鰻(これがお目当て)。うな重(竹)2500円とする。うな重はやはり量で価格が異なるらしい。


 鰻丼1500円というのも紹介されていたが、非常に小さな鰻がのせられた写真で紹介されていた。ここの鰻丼は単なる量のようである。メニューにも注文を受けてから「蒸す・焼く」をするので時間がかかるとなっていたのでのんびり待つ。

 カウンターには、我々の料理が少しずつ準備されている。写真では松花堂弁当のような定食。準備されていたのは「小鉢(器)」が並ぶ物。今日はそんな仕上げらしい。私の定食が先に仕上がる。これはなかなかの物。印象をふつしょくさせられた。メインは「生シャケの焼き物」、炭火で焼かれていた。


 面白いのは、本当にお任せ、刺身4切れ(赤身・ハマチ)、豆腐、漬け物(壺漬け)。(豆腐)味噌
汁が付く。面白いのは「焼売」、自家とは思えない物が3個付いていた。大きめのトレーにのせられているがなかなかり品揃えとなっていた。焼売をまず食べれば、冷えかけている。蒸された物ではないらしい。そのほかも同様の仕上がり。

 特記すべきは、焼き魚。魚だけでもおいしいが丁度良い焼き具合。非常においしい物だった。御飯も米処(新潟コシヒカリ)を使用したおいしい物。その当たりはうな重にも同様だった。さて本命の「うな重」登場。茶碗蒸しも付いた物でした。


 予想通り、鰻は不思議名形の腹部分が2切れ、1/3程度のカットである。肉厚感はアルものだが・・・、これで2500円と言う物だった。たれは少なめにかかっているが、味は十分に付いているものそういう仕上がりらしい。白焼き・関西風(蒸さない)も可能らしいが・・・?笑ってしまうのは漬け物、定食と同じ壺漬けがつけられていた。これは鰻屋では初めて、笑いが出た。

 会計時、わかっていたが、カードでの支払いを申し出れば「ランチなので使えません」の一言。ではうな重はと聞けば良いと言う。カードの手数料は1回同様、あわせればどちらでも同じなはず。しっかり鰻には消費税がのせられていました。今後は行かない店であろう。



  • 上越で人気がある回転寿司。「魚べい(アルカディアシティ上越店)」。

    ...上越(港町)。ネタの方も多少は吟味しているのかもしれない。「しめ鯖」もおいしそなので頼む。やや礼儀正しく切られた握りが、先ほど同様輸送されてきた。 脂ものりおいしい。最後は「赤貝」。これも回転寿司とは思えないような良品が送られてきた。見た目...
    中年夫婦の外食 2013/12/15 05:42:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 新潟上越の道の駅「あらい(くびき野)」はちょっとしたショッピング街。「めし一膳や」

    ...上越)でプチ旅行。柏崎方面へ。昼食は、恋人岬「福浦」で海鮮定食。 ...前橋「かつ一番」。 ...上越からの帰路、前橋で「朝鮮飯店(東部バイパス店)」で焼き肉ランチ。 ...前橋大島)」に訪問。日替わりランチを食べてみた。 前橋で「まなまる...
    中年夫婦の外食 2013/12/14 06:31:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 寿司屋で「カツ」。前橋大島・魚伸。日替わりランチに「鮪カツ丼」を確認、食べて見ること。

    ...上越)でプチ旅行。柏崎方面へ。昼食は、恋人岬「福浦」で海鮮定食。 ...前橋「かつ一番」。 ...上越からの帰路、前橋で「朝鮮飯店(東部バイパス店)」で焼き肉ランチ。 ...前橋大島)」に訪問。日替わりランチを食べてみた。 前橋で「まなまる...
    中年夫婦の外食 2013/12/13 05:05:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 前橋で「鐘庵」と言う静岡そばを扱う店。何か面白く入店。

    ...上越)でプチ旅行。柏崎方面へ。昼食は、恋人岬「福浦」で海鮮定食。 ...前橋「かつ一番」。 ...上越からの帰路、前橋で「朝鮮飯店(東部バイパス店)」で焼き肉ランチ。 ...前橋大島)」に訪問。日替わりランチを食べてみた。 前橋で「まなまる...
    中年夫婦の外食 2013/12/11 06:38:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 駅後湯沢でのがした蕎麦は、熊谷で取り返す。高べん「八起家」。

    ...上越)でプチ旅行。柏崎方面へ。昼食は、恋人岬「福浦」で海鮮定食。 ...高崎で16分の乗り換え。「ラーメン」 ...上越から、定番の各駅停車のたび。その途中で小腹を満たしたくなった。これだけの距離でも、立ち蕎麦が有るのは、「越後湯沢」と「高...
    中年夫婦の外食 2013/12/06 06:41:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 今日は早朝上越を発ち、久々に各駅停車のたび。越後湯沢を8時30分に通過するが蕎麦屋が空いていない。

    ...上越の新酒を購入していたので好都合、水上までの旅を楽しむ事にした。この国境を越える(越後湯沢~水上「上越線」)にはテーブルが取り払われている車両が使われている。いつもそうであるが、たべもの飲み物を置く場所に苦慮する。旧型車両を使い回しするの...
    中年夫婦の外食 2013/12/04 06:53:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 新潟(上越)でプチ旅行。柏崎方面へ。昼食は、恋人岬「福浦」で海鮮定食。

    ...上越)でプチ旅行。柏崎方面へ。昼食は、恋人岬「福浦」で海鮮定食。  天候は悪いが、紅葉が綺麗だというので柏崎方面へ。松雲山荘と言うところで見事な紅葉を堪能しました。その帰路、福浦(恋人岬)にショッピング街(土産物)があり、食事などもできると...
    中年夫婦の外食 2013/12/03 05:00:00
    ratuko00.exblog.jp
  • ちょっと遅めのランチは、前橋「かつ一番」。

    ...上越からの帰路、前橋で「朝鮮飯店(東部バイパス店)」で焼き肉ランチ。 ...前橋大島)」に訪問。日替わりランチを食べてみた。 前橋で「まなまるうどん」の郊外店。ファミレスタイプの店舗を体験。 前橋郊外で入ったラーメン店。「ばりきや(ラーメン...
    中年夫婦の外食 2013/12/02 06:18:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 久々の上越。早朝から埼玉へ向かう。朝食は「吉野家」で朝定食。

    ...上越)の成果、質もよいような気がする。漬け物は、キュウリのキュウちゃん。納豆には新鮮なネギが別に添えられている。卵も小降りではあるが新鮮そうである。当然おいしくいただきました。  最近、吉野家の納豆・のりがスーパーでも売っている。こうなれば...
    中年夫婦の外食 2013/11/30 06:17:00
    ratuko00.exblog.jp
  • 旅の途中の駅蕎麦。私は好きな方である。今日は高崎で16分の乗り換え。「ラーメン」

    ...上越から、定番の各駅停車のたび。その途中で小腹を満たしたくなった。これだけの距離でも、立ち蕎麦が有るのは、「越後湯沢」と「高崎」程度になってしまった。越後湯沢では電車に飛び込んだので当然、食することはできず。  麦酒を飲みながら車窓の...
    中年夫婦の外食 2013/09/25 03:57:43
    ratuko00.exblog.jp
  • 慌ただしい上越。定番の富寿し(直江津店)でランチ。

    ...上越。手は抜いていない。  別注文した「穴子寿司」。あぶったような焦げ目がつけられ、やや暖かい。これが人肌弱の酢飯に良く合う。押し寿司の形をしているが柔らかい。押し寿司の形にした寿司飯に、柔らかい煮穴子をのせた物。丁度良い煮切りがつけ...
    中年夫婦の外食 2013/09/22 04:08:08
    ratuko00.exblog.jp

  •  


    [PR]
    by tatuko00 | 2013-12-17 06:48 | うなぎ | Comments(0)


    << 今日は、越後湯沢で14分の停車... イオンモール羽生で遅い夕食。「... >>