2017年 10月 14日 ( 1 )

上野から根津散策、文化財の建物「はん亭」で串揚げコース。

 根津・谷中・千谷をあわせて「谷根千」という事は周知の事、このあたりは山手線の内側でありながら、下町情緒が残る趣のある場所。日暮里から谷中ぎんざ・よせみせ通りなどを歩けば、根津神社などの散策に適した場所が多い。特に私がおすすめするのは、指人形笑吉さん。やはり外せない場所となっている。

 お昼は昼膳のみの用意となっている。3000円とほどよい価格。女性にはこの程度でちょうどよい量でもある。1「旬の食材オリジナルネタ・定番ネタなど組み合わせて、おまかせ8種類の串揚げ」、①小皿料理(酒菜)2品②
ぶつ切りキャベツ、胡瓜人参大根のスティック野菜③ご飯④赤だし味噌汁or岩海苔のお茶漬け⑤季節のアイスクリーム、シャーベットのちょうどよいセット。

 10人程度の客は通常3階の座敷となるが、やはり座敷は苦手という方が多いので、2階の椅子席を指定させてもらった。14名であるが横並びで準備してくれた。建物は文化財中は近代的な串揚げ料理店。都内でもいろいろな場所で数店舗経営しているが、根津が本店である。

 働いている方々は、若い人が多いが、それぞれの仕事に徹底して居る方が多いので応対は気持ちよい。まずは、「小皿料理」、一品目はお造り。鯛のカルパッチョ風のような物だった。なかなかおいし物だった。たーブルには、3種のつけだれが用意され、これは串ばかりではなく野菜のスティクが出された。女性が多いので、なかなか好評な物だった。

 まずは2串ばかり出されてきた。①海老②肉巻き(なすに巻かれたような物)が出された。最初に海老とはなかなかおもしろい。海老はなかなか大きな物、食べ応えもありました。なすと肉はやはりあう、薄衣のフライが味に生かされている。2本ではあるが、最初で結構ドカンという衝撃。ビールが進み始める。

 次の2本は③若鮎④コーン。若鮎はちょうどよい苦みが感じる物。季節と川の雰囲気を感じられる物だった。コーンが絶品、いや珍しい物。コロッケのようにまとめられた、タップリのコーンが包まれていた。一口食べる葉甘みが口じゅうに広がる物。北海道のコーンらしいが糖度も強い物だった。

 続いて⑤烏賊(イカ)⑥生麩。イカは厚みがあったので、モンゴウイカかもしれない。ミディアムレアー状態の揚げ具合は、イカの味を生かしていた。生麩はここの人気串、今日はヨモギの味噌でまとめられていた。海鮮でまとめられたような3セット目、次への期待がふくらむ。

 口休めとして、小皿料理2品目、豆腐といくらの和え物となっていた。やや脂になじんできた頃、ちょうどよいタイミングだったかもしれない。最後は、⑦タマネギ⑧ホタテ。あげものになるとぐっとおいしくなるのがタマネギ、ソースとの相性もよいものだった。

 ホタテは厚い物、半生状態の上がりに見えたが、熱は十分に入っており、ちょうどよい物だった。8本はその都度異なる物が提供されるお任せ。1本づつ見れば少量だが、8本食べてみればおなかも満たされる。串揚げの追加は随時可能であるが、申し出る人はいなかった。

最後はご飯。「ご飯と赤だし」、こちらには香の物・昆布などもつく。岩海苔のお茶漬けは当然赤だしはつかないが、香の物・昆布がつく。今日は、お茶漬けにしてみた。ご飯の上に乾燥海苔等が載せられ提供、後からお茶がそそられる物。一気にうまさが漂う、なかなかこちらもよい物たった。脂物の後にはあう物だった。

 デザートはアイスかと思えば、本日はブリン。季節らしい柑橘系のソースが載せられていた。珈琲はつかないが、お茶が煎茶に変わる。これだけで十分。満たされました。



b0142232_04074653.jpg

b0142232_04075225.jpg

b0142232_04075709.jpg

b0142232_04080416.jpg

b0142232_04080959.jpg

b0142232_04081522.jpg

b0142232_04082239.jpg

b0142232_04082806.jpg

b0142232_04083431.jpg




銀座で夕食を兼ねた食事「バルネア グリル 銀座(BARNEA GRILL8丁目店)」でミニコース

...根津神社「参拝」-谷根千界隈「下町情緒の散策」-日暮里駅 カメリア(フランス料理)2800円程度... 中年夫婦の外食 2017/07/29 07:...
中年夫婦の外食 2017/09/24 05:13:37
ratuko00.exblog.jp
  • レストラン ドンピエール 第21回 有楽町から銀座の散策 老舗・有名店を巡るランチ散歩part4

    ...根津神社「参拝」-谷根千界隈「下町情緒の散策」-日暮里駅 カメリア(フランス料理)2800円程度... 中年夫婦の外食 2017/07/29 07:...
    中年夫婦の外食 2017/09/23 08:38:48
    ratuko00.exblog.jp
  • 鶯谷で二次会によく使う店、今日も「あまのじゃく」にお邪魔しました。

    ...根津神社-路地歩き(ネズミ道等)-谷中散策-(歴史的建築物)鍵屋日暮里から根津神社までの寺町散策。草木・花を確認しながら庭園歩き、谷中まで寺町を歩き、根津神社へうまくすればツツジと巡り会えるかもしれません。その... ...
    中年夫婦の外食 2017/08/28 07:55:28
    ratuko00.exblog.jp
  • 夜はやはりカルチャーでの居酒屋巡り。老舗、鶯谷「鍵屋」でタイムトリップ。

    ...根津神社-路地歩... 中年夫婦の外食 2017/07/29 07:05:58 ...
    中年夫婦の外食 2017/08/25 07:08:39
    ratuko00.exblog.jp
  • カメリア(フランス料理)第10回巣鴨駅から日暮里駅まで庭園を巡るたび セブンカルチャー

    ...根津)15時巣鴨駅-巣鴨「とげぬき地蔵・巣鴨銀座散策」-巣鴨駅-六義園・庭園-「巣鴨」-(地下鉄移動)-「東大前」-東大構内歴史的建造物でランチ「フレンチ」-東大散策(三四郎池等)-(根津神社「参拝」-谷根千界隈「下町情緒の散策」-日暮里駅...
    中年夫婦の外食 2017/07/29 07:05:58
    ratuko00.exblog.jp
  • 肉の大山でクールダウン。上野の立ち飲みはやはりここが何か落ちつく。

    ...根津を散策する旅...谷中を散策、建築の旅なので今日は木造3階建て「はん亭」に串揚げをいたただく。...はん亭として先人が残した古い建物を営々とまもってきました。この世紀の初めになって、道路拡張の施行が決まり、建物の前面が削り取ら... ...
    中年夫婦の外食 2017/07/16 06:11:48
    ratuko00.exblog.jp
  • 今日は夜も散策の仕事。日暮里で途中下車、時間調整もかねてチョイ飲みを楽しむ。「六文そば」

    ...根津神社-路地歩き(ネズミ道等)-谷中散策-(歴史的建築物)鍵屋日暮里から根津神社までの寺町散策。草木・花を確認し... 中年夫婦の外食 2017/07...
    中年夫婦の外食 2017/07/15 05:47:39
    ratuko00.exblog.jp
  • 谷中で夕食を食べる企画、本来は鰻屋であるが、今日は「和定食」。吉里でのんびりする。

    ...根津神社-「指人形・笑吉」-吉里 谷中総本店-根津(東京メトロ)吉里 谷中総本店 谷中の下町 情緒あふれる一軒屋レスト... 中年夫婦の外食 2017/...
    中年夫婦の外食 2017/07/13 05:46:43
    ratuko00.exblog.jp
  • ラウンジ21 ランチコースプラン 第一ホテル東京 最上階(21階 第3回東京の旧名所・庭園を巡りカルチャーセンター「建築散策と東京散策」⑤

    ...根津神社-「指人形・笑吉」-吉里 谷中総本店-根津(東京メトロ)吉里 谷中総本店 谷中の下町 情緒あふれる一軒屋レストラン◇個室 吉里は掘りごたつ個室から、テーブル個室まで様々な人数での個室宴会が可能... ...
    中年夫婦の外食 2017/06/23 22:02:36
    ratuko00.exblog.jp
  • 歴史的建造物でランチ「はん亭」3000円 第9回 下町文化から建築を確認上野の杜、根津を散策する旅

    ...根津を散策する旅平成29年6月16日(金) 集合:10時30分 鶯谷駅南口改札外(上野寄) 解散:14時30分 鶯谷(予定)10:30 鶯谷駅集合-寛永寺-西洋美術館-芸大・東照宮散策-上野大仏-花園神社-忍ばずの池「-岩崎亭(庭園)-湯...
    中年夫婦の外食 2017/06/17 07:34:04
    ratuko00.exblog.jp
  • 谷中を散策、建築の旅なので今日は木造3階建て「はん亭」に串揚げをいたただく。

    ...根津には、木造3階建て(文化材)の中で経営する串揚げ屋がある。最近は都内でも数店舗維持しているようであるが、やはり根津の雰囲気が最も良い。道路の拡張で1/4程度は削られ外観も面影がないが、反対側はファサードもしっかり残っており、雰囲気が維持...
    中年夫婦の外食 2017/06/12 06:35:39
    ratuko00.exblog.jp


  • [PR]
    by tatuko00 | 2017-10-14 04:12 | 和食 | Comments(0)