<   2008年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧

久喜郊外のうなぎ屋「鰻仁」


久喜からだいぶ離れた県道脇に、看板だけはでている。その細い道を何度かトライしたが、行き当たらなかったこと2回。今日はインターネットで住所地図検索をした上で望んだ。路地に入ってみれば、水路脇の砂利道に当たる。再度挑戦。今度は横向きに店がある・入り口発見。車を止める。

大きな駐車場には、店の人らしい親子の姿。知り合いを見送っているようである。私どもを発見し、料理人らしい人が店に戻り準備を開始、店は意外(しつれい)と立派。店のど真ん中に大きな舞台上の上がり框。ケヤキの柱で大きな屋根までかかっている。


家族経営らしい。時々子供や奥さんらしい平然と店を出入りする。その上がり框でテレビが見やすいところに座布団が準備され案内される。同然注文は「鰻重」。並1500円、上1800円の2種。確かめてみようという気持ちがわいた。



広々とした場所でのんびりと準備してくれたテレビをみながら、サービスの「うなぎボーン」を食べながら待つ。時々、店の用事ではなさそうな若奥さんが、テレビの前を横切る。建物自体はさほど古くないうちにリニューアルしているのかもしれない。以前は、鮨などもやっていたのかもしれない鮨カウンターが、現在はお茶のサービスカウンターになっていた。


厨房をみていると、仕事具合が見える。当然鰻は、注文を受けてからさばき始めていた。日曜日の12時を少し回ったばかりであるが、他の客は来る気配はない。調理の男性は、手際よく動いている。炭をたたく音(高温でなかなか良い炭を使っている模様)も聞こえる。年杯の女性(たぶんお母さん)は、付けもの等の準備をしている。


30分弱の待ち時間で、提供される。おいしそうな肝吸い・漬け物・重箱のセット。時間がかかってと恐縮するが、この程度はうなぎ屋では当たり前、少しもきにならない。玉手箱を開ければ、なかなか立派な鰻(重箱いっぱいに入っている「上」)。妻が頼んだ並は、やや小降り。しかし、焼き具合は、遜色はない。

味はやや甘めのタレで仕上がっている。ご飯はやや温め。私の方はややタレがかかりすぎだったような気がする。鰻は、できたてで香ばしい。何度か蒸しも確りしているせいで、油もほどよくなじんでいる。この場所でこれだけの物がいただけるのがありがたい。漬け物は、数種の物を気前よく盛りつけた物が出される。おいしい。

半分ほど食べ終えたあたりで、調理を終えたご主人が、近くに座り話し出す。花談義から始まり、聞き答えていると、エンドレスの雰囲気。お腹がみたったところで店をでる。

「店からの案内」 http://www.citydo.com/prf/saitama/guide/sg/250002933.html
当店では、厳選した素材を生かし調理をしておりますので川魚独特の臭みは、ありません。どうぞ安心してお召しあがれます。◎店主からのおすすめ◎鰻重 鯉の洗い 和鯰の刺身又天ぷら どぜう唐あげ 又鰻重は、1500円からきも吸い、香の物付です。(おかげ様で十周年)みな様のご来店心よりお待ち申しあげます。
[PR]
by tatuko00 | 2008-09-28 15:03 | ランチ | Comments(0)

新宿歌舞伎町界隈、大衆割烹(日本料理)いさみ。


歌舞伎町の西武新宿駅よりの界隈には、店頭で魚介類を焼いている店が数軒ある。
そのうちの一軒「いさみ」を訪れてみた。
店頭に、新鮮そうな魚介類を並べているこの店。庶民性がある。
昼は数回は行ったことがあるが、夜の部と思い入ってみた。


実はすでに一軒立ち寄っている。お腹はある程度満たされているので、この店の海鮮類を確認してみたいと思っていた。1階のテーブル席はいっぱい。2階へいけという・2階では3階へいけという。3階は宴会場。8帖ほどのスペースに2グループがすでにいた。





メニューを見れば、秋メニュー。松茸に目が向く。土瓶蒸しを注文、我妻の好物サザエの壺焼きも追加。偶然合流した息子が、「サンマの塩焼き」を食べたいと言うので、秋の食材が並ぶ。お通しも390円はとられるが、我慢できる物。




当然、魚はおいしいし、貝もなかなかのボリューム。息子がホットペッパーに掲載しているというので、携帯で検索すれば、「活帆立貝のもろみ焼きサービス」があるという・いただかない手はない。おいしい物が一品追加された。


大衆割烹 いさみ http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000050027.html
歌舞伎町一番街通りに入り少し進むと左手に小路が…そこには海老を店の軒先で焼くお店が数件。炭火で焼かれていい薫りが…時代の変化と共に目まぐるしく変貌する歌舞伎町にあって、40年前と変わらない光景がそこにはある。それが『いさみ』。変わらぬ光景、変わらぬ料理への情熱。毎朝、店主が自ら築地に足を運んで仕入れてくる魚介。魚介だけをメインにこの40年間ずっと扱ってきた。魚のなにがどのようにどうしたら旨いのかを熟知した料理人がお店を支えている。そして、一度訪れれば『魚を食べるならいさみ』と思わせる。それこそが、いさみにやってくる十年来の常連が多い理由だろう。上司と一杯飲みに行くときに知っておいて損はない。美味しい和食を仲の良い友人と食す時にも良い。年代を超えて楽しめる、料理も場所も。 それが「大衆割烹いさみ」である。
[PR]
by tatuko00 | 2008-09-28 05:01 | 飲み屋 | Comments(0)

新宿の庶民の店「三平」そのビルがリニューアル。やきとり三平が・・。


新宿南口、「やきとり三平」がリニューアル。
庶民性がなくなった上に、価格も急上昇。味・サービスともいまいちに・・・。







[PR]
by tatuko00 | 2008-09-26 10:20 | 飲み屋 | Comments(0)

中華街の新店、市場通り「連香園」が開業した。


私のお気に入りだった、こだわりの店「三蔵飯店」が閉店し、その後に「連香園」が開業した。
大通りに進出してから2年ほど、大躍進である。
ランチは大通りと全く同じ物が提供されている。8種ほどの物が準備され、写真入りで店頭に出されるのでわかりやすい。

「白身魚黒酢炒め」に興味がわき、注文する。お踊りの店も数回行ってみたが、余り印象は良くなかった。
「大通り店の私の記憶」
連香園「中国」 045-228-1288  
 630円(週替わりランチ:料理1品+スープ+ザーサイ+ご飯+デザート「杏仁豆腐」)
 久々の大通りの新店。確か以前は雑貨店だったと思ったが,小さな店「連香園」が開店した。間口の狭い小さな店であるが,中国系の経営者と従業員が元気よく働いている。注文等を申してでも,片言の日本語でまくし立てる独特の雰囲気が感じられた。インテリアは意外とシンプルで,ベンチシートのような座席もある。
 昼少し前に入店したが,開店1ヶ月程度にもかかわらずあまり客は入ってこない。12時を少し回った頃,数名が入って来た。最後に入ってきた常連らしい客が非常に不愉快な人物。店主らしい女性は他の客を無視し,昼食を奥の一番良い席で食べている。それも厨房から出てきた調理人(親族のようである)とでかい声。あまり客のことは気にせぬ店のようである。
 まあ中国人の店舗には結構あるパターン。気にせず待っていれば,ご飯(小)・スープ・ザーサイと水を運んできた。まずはこの寒いのに水。暖かいお茶を頼んだが,水をもう一杯持ってくる。奥で騒いでいる女性に聞けば,3分ほどして薄いジャスミン茶が出された。ランチには基本的にはサービスしないらしい。やはり中華料理には熱いお茶が合う。
 5種類程度のメニューはすべて630円。わたくしの好きな湯葉との炒め物を所望する。しかし,でできた物は意外なもの。刻まれた湯葉に,細切りの豚肉・枝豆が入っているもの。味付けも塩味のようである。量は普通。ランチとしては十分である。あっさりしているので食べ込むほどに素材の味が生きてくる。なかなかおいしいがこくがないのが残念。
 コース料理も2500円程度から有り,2階はある程度のグループ客も対応できるようである。1階は2から8人程度の客に対応できそうである。家族連れにうれしいのは,10000のアァミリーコース。オーソドックスな物ではあるが準備されている。どうも,大通りの新店ながら,客足がのびないのは,対応の悪さであろう。
ランチ例)週替わりで5品ほど用意されている
A麻婆豆腐B湯葉と豚肉の炒め物CエビのチリソースD鶏肉の醤油炒


この店が、もう一店進出。いかなる物か。特徴なのは、若い女性が出入り口で大声を発し、客寄せをしている。その声が店中にとどろくのだから何か落ち着かない。私は奥の方の席に座ったから良いが、入り口付近は大変だと思う。

出てきた黒酢炒めは、真っ黒のもの。黒酢だけではなさそうである。味は、淡泊。酢のにおい。味はするが、味覚(味に深み)が少ない。魚は4つほど揚げられた物が入っている。炒め具合は良い。魚に、アンをかけて仕上げているみたいである。


細かな具が多いのでスプーンがほしい。そこで得意の行動(私の定番)。スープを飲み干しレンゲですくい始める。大概の店はこれに気がつき、スプーンを持ってきてくれる。しかし、この店は、ライスのおかわりをしてみても無駄。気にするそぶりはない。まう最初からデートをどんとおくのだからしょうがないと思う。



まうどうなるものか、今後が楽しみである。大通り店よりは良さそうである。

[PR]
by tatuko00 | 2008-09-26 10:07 | ランチ | Comments(0)

最近お疲れと様ワンコインセットができたので入ってみた。


カレー屋かと思えば、最近は鶏肉ハンバーグを展開しているようである。2周年記念をしているので2年を経過したらしい。
最近、つまみ2品付きの「お疲れさんセット」が掲示されていたので、確認のために入店してみた。





枝豆とオンオンフライのつまみ。ビールいっぱいには十分な物である。通常480円の生ビールがつくのだから、大サービスである。


[PR]
by tatuko00 | 2008-09-25 08:56 | 飲み屋 | Comments(0)

県庁近くの路地裏「軍鶏信」という立ち飲みやがあった。


路地歩きはおもしろい。つい目にとまるのは赤提灯。近づけば、焼き鳥の表示。まして、栃木「軍鶏鳥」というこだわりが掲示されている。どのような店舗かと暖簾越しに確認すれば、立ち飲みタイプの店らしい。時間もないのでちょうど良い。吸い込まれる。



早いせいか客はいない。女性が一人で切り盛りしいる。セットを確認したので「信ちゃんセット」を頼む、「しゃも焼き鳥3本にビール、日本酒なら2杯」つくらしい。1000円という価格でビールは1杯下と思えば、それぞれ2杯というのはビールにもかかるらしい。


ビールを飲んでいる間に、焼き鳥を焼いている。焼き鳥はお任せ、入り口側に焼き場があるので、確認すれば「炭で丁寧に焼いている」。時間がかかるが、大きめの焼き鳥3本が出された。塩味である。加えて、キュウリの漬け物が出された。セットに含まれるようである。


焼き鳥はお任せ、本日は①皮②ねぎま③もも肉でした。それに加えて、レバーをタレでもらったが、なかなかのもの。満足する物でした。焼きたてを出されすぐに食べられることがこの規模だとちょうど良い。そば等のメニューもあるので楽しめるような気がする。





「もっきり」というのは、升酒らしい。燗酒とは区別していた。
すっきりとした飲み口の酒。こだわりも感じられました。





[PR]
by tatuko00 | 2008-09-25 08:44 | 飲み屋 | Comments(0)

栃木の酒のアンテナショップが県庁近くにある。


栃木の酒を扱う店。いや紹介する店舗が夕方のみ2時間のみの営業をしている。「酒々楽(ささら)」と名前をつけているが、栃木の地酒をすべてそろえているらしい。100種以上は確保しているようである。利き酒処とうたっているだけに時間が限られているらしい。それにしても、夕刻2時間の営業は珍しい。


同時にこの建物は「栃木県酒業会館」にもなっているようである。ルールは簡単、1000円のチケット(10杯分)購入、1日の量はこれが限界らしい。店舗に「本日のおすすめ」が3酒ほど紹介されている。それを頼むのが基本らしい(先客がそうしていた)。

価格等によってラベルの色が異なっているらしい。「青」「赤」「黄」の順らしい。それによって次がれる容器も違うようである。つまみ(乾き物小さな袋)が2袋サービスされる。100円で乾き物が購入もできる。


カウンター型の机が4つ半円形の物が準備されている。椅子もあるので座ることができる。テレビもあり、廻りには地酒を紹介するディスプレイがされている。机上にもファイルが置かれ、自分が呑んでいる。物を確認できる。立ち飲みや気分でのんびりできる場所である。





[PR]
by tatuko00 | 2008-09-25 08:24 | その他 | Comments(0)

南宇都宮駅近くに「金太郎鮨」というしゃれた店があった。


栃木(宇都宮)の散策もある程度終わりつつある。今日は足を伸ばしていたら「南宇都宮」まで出てしまった。駅はある物の近辺は非常に寂れている。お腹がすいてきたので駅前の酒屋で聞けば、寿司屋はこの辺にはないという。奥にいた奥さんが、この先にあったかもしれないという。

進んでみれば、電柱に指示看板がででいた、路地に少し入る。意外と立派な建物。暖簾がないと思え住宅と兼用、住宅の玄関であった。すぐ横に店の看板がある。暖簾が出ている。近づけば、電気もついている。12時は回っているが「準備中」の板。なかをのぞき込んでいると、奥さんらしい方が、出てきた。

今日は、まだ仕込みができていないので、ランチ営業はしないと言う。奥から旦那(ご主人)のいいぞの声。入店を許可される。こうなれば、多少奮発して鮨を頼むものかもしれないが、「菊(並)」を注文する。当然私のために、柵からそれぞれ作り出す。手際は良い。

大きな調理場にカウンターのみの1階は気持ちがよい。「禁煙」の札がすべてにででいるのも寿司屋としては好感度が増す。すぐに下駄に乗せられて差し出された。均整がとれた鮨。切りたてのネタが多いので、美しい。食べてみても当然。

赤身もが2つあるが、十分中トロの領域。そのほかのネタも鮮度は保たれた食べ頃の物。もマダイなどにはアサツキが加えられている。軍艦でいくらまでついている。巻物など海苔をつかうものを最後に仕上げられているので風味も良い。シャリが扁平した形にされているのがおもしろいが食べやすい。

ランチ例)特になし
ランチ「菊(並)」)①②赤身③イカ④マダイ⑤たこ⑥ボイルエビ⑦卵⑧いくら「軍艦」⑨鉄火(6)
[PR]
by tatuko00 | 2008-09-25 07:44 | ランチ | Comments(0)

噂に聞いていたうなぎ屋、越谷の「鰻重」に行ってみた。


実はこの店への来店は初めてではない。インターネット等で紹介されていたので、我が家から車を走らせ13時10分頃土曜日についた。店に入ろうと思ったが、駐車場がわからないので、偶然出てきた店の人に聞けば、16時30分まで休憩だという。こんな場合、通じよう入れてくれる物であるが・・・と思い、浦和の「幸楽」と言う店に切り替えたいきさつがある。



今回は、歩いて来店。国産と十分呑みながら、鰻を堪能することにした。当然12時前の来店。この時間ではぞんざいな扱いはしないであろうと・・・。先客は、2組。1組は食べており、もう一組は俟ち状態。空いている席に案内される。



入ってみてわかったのだが、すべてが上がり框の和室。1階のみが客席のようなので、30人ほどの店舗。厨房近くの4人ほど座れる席に着いた。当然噂の蒲焼き定食を頼もうと思いメニューを見れば、ない。確認するとやめたという。2匹の鰻が堪能できるとの情報、確認してみたかったが・・・。

「鰻重」を頼む。店の名前が「うなしげ」何ともおもしろい。待ち時間にビールを所望する。つまみに「お新香」と思い注文すれば、お通しに「小魚佃煮」がつくという。まずはこれを試してみることにした。なかなか薄味でおいしい。自家製であろうか、味も柔らかくついている。当然ビールが進む。ビールをもっと飲みたいが、行きは蒲生からきたので帰りは「越谷レークタウン」に出てみようと思っていた。日本酒に切り替える。

小魚もなくなったので、お酒に似合う「お新香」を今度は再注文。時間がややかかったが、大きめの器に入れられた、5種ほどはいったもの。これが315円。昨今の居酒屋でもこの値段では食べられない。「おいしいうなぎ屋の漬け物は、おいしい」という私の定義。鰻重が待たれる。


そうこうしているうちに、「鰻重」が出できた。大きめの重箱に入れられた物は、ご飯・鰻(1匹)とも十分な量。すぐ味を確かめてみる。タレが独特。甘みが強くない、色は濃いが柔らかい。視覚とのミスマッチが感じられた。当然おいしい。丁寧に仕上げられたのことは、鰻の断面でもわかる。白く柔らかい面が出る。余りつけ込んで焼いていないのであろう。


肝吸いもなかなか。肝のしあげぐあいが良い。歯ごたえが十分にある。塩味も辛くなく、ちょうど良い。うれしいのは、汁が多めなこと。全般的に非常にリーズナブルな設定。鰻重も1種。並だの上だのと分かれていない。庶民性漂う店で満腹になりました。



[PR]
by tatuko00 | 2008-09-24 01:53 | ランチ | Comments(0)

熊谷・秩父線 石原という駅の近くに「鮨よし」という店があった


熊谷散策もある程度は終わりつつある。今日は、秩父線沿線から河原沿いにと思い足を伸ばしてみていると、「石原」と言う小さな駅があった。秩父線のローカル駅。引き込み線が多いので往時には、栄えていた物と思うが、現在は新幹線の下で静かに駅舎が、たまに来る電車を待っている。

創価学会の熊谷会館の横に「鮨よし」があった。日曜日だが、暖簾は下がっている。残念であるがランチの掲示はない。入ってみれば、静かな雰囲気?。いやくわえたばこの壮年男性。仕事着を着ているのでどうやらここの店主。一瞬暗雲が。


址には引けないので、カウンターにすわる。メニューも特になく、横の壁をみれば「並寿司1200・上寿司1700・特上2600円」当然並を注文する。昼前かもしれないが他に客は客はいない。ご主人一人で切り盛りしているようである。


店内は特に特徴はないが、20人程度が座れそうな上がり框と、10人ほどのカウンターがあるる。古くなりつつある店内であるが、掃除は行き届いている。入り口横に置き型の大きな冷凍庫がどんとある。


非常に冷たいおしぼりが提供される。蒸し暑い日だったのでうれしい。お茶もほどよい物が出され、落ちつく。すぐに仕事を始めるのかと思えば、奥で何かごそごそしている。ネタと味噌汁の準備をしていたらしい。

戻れ戦闘開始、年季のせいか動きにはそつがない。話をしながら下駄に鮨を盛り、カウンターから出してきた。和は少ないが大降りの鮨。ネタは基本のオーソドックス。シャリにあわせ大きめである。特に特記することはないが、赤身がなかなかもの。ハマチは多少鮮度が落ちており臭みが出始めていた。

テレビなども鳴っておらず、寿司屋らしい雰囲気でのんびりさせてもらったことに感謝し、店を出る。その頃10名ほどの常連客が入ってきたので、大変。カウンターに1200円を置いた。

地図
[PR]
by tatuko00 | 2008-09-23 05:53 | ランチ | Comments(0)