<   2008年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

野毛 飲兵衛ラリー10-4 お酒も、メニューも出さないとんかつ屋「かつ半」



入口にも野毛ラリーの掲示(旗)もででいないので、どうも入るのを戸惑っていたが、今日は開いている店が少ない。2NGだから、「とんかつにビール」だと思っていれば、「チケットを2枚ください」の後には何の説明もない。お茶がでて゛来たので、ここのサービスを確認すれば、「とんかつひれの定食」に冷や奴がサービスでつくという。







お酒はつかないというので、慌ててビールを頼む。定食1300円だから、確かに満たしているのであろうが、参加するなら「のんべいラリー」。酒は地つけるべきである。奥にあるカウンターで若旦那らしいのがあげるのでも店中に油がこもる。その廻りにはご近所の方々が年の瀬の挨拶をしている。なにか玄関先の椅子で食べさせられているような雰囲気。








出てきたものは、非常に小さなひれかつ。後で注文した人のものを見ても、遜色ないから、定番の本当の定食を出すらしい。まあどうでも良いが、ソース(オリジナルのフルーティー甘みのあるソース)とキャベツ意外魅力が感じられない店である。


[PR]
by tatuko00 | 2008-12-31 12:28 | ディナー | Comments(0)

野毛 飲兵衛ラリー10-3 すてきなイタリアン「フリーステイルキツチン・サウス」






17時になりつつあるので様子をうかがえば「営業中」の掲示。餃子のつぎでは失礼かと思えば、暖かく迎えてくれた。非常に人当たりの良い若者がサービスしてくれた。マスター(料理人)が外にででいたせいか、2品つくが少し時間がかかるという。









まずは飲み物。ビールとワインが可能なようである。当然ワインを所望する。妻が「白」、私が「赤」を注文する。最初に出された「生ハム」と実に良くあう。おいしい。ワインがついつい進んでしまう。釜が暖まったのかピザを準備し始めた。






当然その間にワインが無くなり、おかわり。今日のおすすめを注文する。「マルゲリータ」が出された。非常に生地がしっかりしていて、ソースも新鮮で絶妙。おいしい。2人で来ると徳なのかもしれない。






雰囲気も良く、時間が早く、年末だったせいか、店も仕切り。おいしく、楽しい時間を過ごさせていただきました。




[PR]
by tatuko00 | 2008-12-31 12:14 | 飲み屋 | Comments(0)

野毛 飲兵衛ラリー10-2 「萬里放題亭」



この店は本店同様「青島ビールと餃子」のコンビ。青島ビールを飲みながら餃子が焼けるのを待つというのがここのスタイル。ラリーの立役者の店であるから、快く受けてくれる。必ずサインを求められるのも鉄則である。









青島ビールはやや少なめだが、やはり餃子と良く合う。やや味付けされた餃子の具はジューシー。酢だけをつけて食べるのが良い。通常メニューと同様なので十分な量ではある。最初にこの店というのは野毛らしいスタートとなる。




[PR]
by tatuko00 | 2008-12-31 11:50 | 飲み屋 | Comments(0)

野毛 飲兵衛ラリー10-1「野毛通信社(番外編)」



野毛に早く着いたので散策。夜からの「野毛飲兵衛ラリー」に参戦すべく年の末の野毛を歩く。そういえば年末。もう閉めている店も多い。駅のインホーメーションセンターも今日は臨時休業をしている。開いている店を確認すべくうろうろしていた。





野毛通信社の前を通ると開店前なのに、看板。「バリータイム?」「100円喫茶」と書かれている。考えてみると自転車に乗った男女が、颯爽と停車し、店内に吸い込まれていった。当然後を追うように入店。





中には、サラリーマンが急遽カウンターにたったという雰囲気の太めの中年男性。客の書生はフランス人?私にも気楽に話しかけてくる。日本語で話していたら急にフランス語で話しかけてきたりする。非常にきさくな女性でした。







お酒は「焼酎だけ」都はけば、「ウィスキーもいいよ」と言ってくれた。どうも焼酎が苦手な私は、ウィスキーを頼む。どうもカウンターの男性は風体どうりどうも不慣れな雰囲気。なかなか水割りを作るのもままならない。体が大きいので、狭い空間でお腹かがつかえていたのが印象的である。







先ほどの女性が食べ物を所望し、私がメニューにあるゆで卵を頼んでも「食べ物は無い」という。適当に出しますから・・・との返答。見ていけば、せんべいをごそごそしている。それが当てで出された。続いてどういう訳か、グレープフルーツ。それも半分。呑みから一気にデザートまでそろってしまった。




時間がたったので、野毛飲兵衛ラリーに参戦の時刻となる。支払いを聞けば100円という。何か不思議な、おもしろい時間を体験したような気がする。
[PR]
by tatuko00 | 2008-12-31 11:40 | 飲み屋 | Comments(0)

桜木町駅(ピオシティ地下1階)のうれしい立ち飲み屋





横浜では有名な「キンバイ」。何せ安い。気楽に入れると言うのが売りの店。横浜の1店(東口)は酒屋の立ち飲み、東口の店舗は料理を主体(とは言っても400円程度まで)の店。






桜木町は、呑み屋の老舗。古びた紙製のメニューがその歴史を物語る。ここの特徴は、200円のコインで買える「コップ酒の販売機」。2銘柄おいてあるから好みのものを選べる。つまみは200円代が主流。うれしい。久々に「しめさば(250円)」を頼む。







お店の人はみな壮年(おじいさん・おばあさん)。それだけでも不思議な雰囲気。年齢性別に関係なく楽しめる店である。
これで、700円で終了。晩酌(立ち寄り酒)としては十分である。
[PR]
by tatuko00 | 2008-12-31 10:36 | 飲み屋 | Comments(0)

日吉におしゃれな寿司屋「なご美寿し」





綱島街道沿いにおしゃれな店を発見した。ビルの一階に配置されたモダンな寿司屋。ランチ時は写真入りのわかりやすい表示をしている。散策途中に巡り会った。通常昼は食べないが、ついつい暖簾をくぐってしまった。





入ってみればカウンターにご主人。小さな店かと思えば反対側に椅子席・上がり框もある。清潔にされた寿司屋であるが、寿司ケースの整理がいまいち。気にしていたらちょうど仕込みをしながらのランチ営業。食べ終わる頃には整理されていた。



メニューは当然寿司が主体。リーズナブルな寿司もあれば、ランチで「お好み」もある。私のように大量に食べるものに対しては、1.5もある。どれをとっても食べたくなるが、ここは定番「並一人前」を注文する。客も数組しかいなく、作り終えていたので、すぐに私の支度に変わる。



目の前に、ガリが乗せられた皿が出された。どうやらこれに直接盛ってくれるらしい。メニューからにぎり8貫、巻物1本ときちんと表示されているのでうれしい。まずは、中トロに近い鮪が2貫、ヒラメと鯛。おいしそうである。当然食べてみてもおいしい。ややシャリが堅め(にぎり方もやや堅い)であるが、不思議においしい。



箸入れを改めてみれば、絵が描かれている。ご主人にそっくり。そんな感じのにぎり方でもあるる。続いて、カツオ・イカ+サーモン(ご主人は「鮭」と言っていた)・コハダ。なんと私の好物までいている。偶然であろうがうれしい。



しばし、食べ具合をみて「干瓢巻き」が提供された。当然お茶もご主人が見計らい裏に指示を出す。ランチでここまでの配慮がされると一層うれしく(おいしく)なる。寿司の大きさは小さめ、女性にはありがたい大きさである。





椀ものは、通常のわかめ汁。しかし、味噌がおいしいものを使っていた。サービスをしていた男性にも緊張感がある。やはり寿司屋は、こうでなくてはならない。








なご美寿し くるなび
築地直送!鮮度抜群の寿し&お魚は当店で!新しく明るい店内、なごみの雰囲気で、楽しくおいしい“寿し”をどうぞ!
旬を大切にし、毎日築地で店主が魚を選び、自ら運ぶこだわりのネタを、クラッシックが流れる明るい店内で、ゆったり楽しくお召し上がりください。本格的なお寿司を楽しめるカウンター席、女性に人気の窓際テーブル席、お子様連れご年配の方にも安心の堀りこたつ式の小上がり、大切なご接待ご会合に本格個室をご用意しております。
またこだわりの地酒地焼酎50種以上!スタッフがにこやかにお料理に合うお酒をおすすめします。忘年会、新年会等のご予約受付中です。年内は30日まで、年明けは元旦の夜より営業致します。なお、29日夜のみ(月曜日)営業致します。
[PR]
by tatuko00 | 2008-12-29 07:19 | ランチ | Comments(0)

夫婦の忘年会「遊食 東山庵」での飲み放題




「豆乳しゃぶしゃぶ」と言うものを体験してみたく、最近開業した大宮銀座通りにある「遊食・東山庵」で宴会をしてみた。飲み放題付きで3990円なので豪華さは期待はしていなかったものの、ボリュームはいまいち。まあチェーン店の店らしいセットだった。



まずは①前菜(豆富2種)。豆腐料理1品と純粋な豆腐が小さな器に入れられ出された。つまみとしては十分である。②サラダも出できたが、・・、豆腐からみのチーズ味。このあたりでテーブルの中央に置かれた豆乳鍋に火を入れた。





③刺身が出できたが、裏が透き通るような代物。まして鮪は渇いていた。④メインの「宮崎 都城きなこ豚の豆乳しゃぶしゃぶ」は肉が寂しい。6きれほど。これで2人前?と疑ってしまう。最後に⑤豆腐コロッケ。これはなかなかのもの。唯一評価できるものであった。










⑥雑炊かうどんを選択できたが、雑炊にしてみた。これがおいしい。つまみとして最適でした。
ところで飲み放題気は、2人で、生ビール1、酎ハイ2、カクテル4、日本酒3合。まあこれだけ呑めば十分かもしれない。












「お店からのPR・ホットペッパー」 http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000017141.html
最上級の空間と最高のおもてなしが評判の『東山庵』大切な宴席にも◎

「おいでやす」…“東山庵”の戸をくぐると、この言葉で迎えてくれる。古都を想わせる非日常の大人の空間が広がります。京都をコンセプトに作られた店内は、静かに流れる滝や石畳の通路など癒しの贅沢な雰囲気。行き届いた接客姿勢も「上質な空間」を演出する要素のひとつ。京風の食材を中心に作られる創作料理は、美しく、美味しく、ヘルシー。普通の創作料理を卒業したい…本物志向のあなたにおすすめ。お料理に合わせたお酒の種類も豊富です。女性に人気の梅酒も豊富に取り揃えております。旬の食材を使った料理を楽しめるコースメニューを、仲間とゆっくり個室で愉しめば、ちょっと贅沢な時間が過ごせるかも。ヘルシー志向の創作料理とこだわりのお酒をお楽しみください。
[PR]
by tatuko00 | 2008-12-26 06:54 | 飲み屋 | Comments(0)

中華街で小皿料理で一杯、「客万堂」



ランチでちょっとビールを楽しんだ後、もう少し呑みたくなった。そのため最近中華街で多くなった小皿(つまみを主として提供する店)を楽しんでみた。すでにお腹は満たされているので、このような店はうれしい。







今日も愛想の良い女性が店を切り盛りしている。ほろ酔い加減の我々に対しても丁寧に対応してくれる。まずは小皿「ピータン」「砂肝」「ザーサイ」を頼む。ビールを頼んだ後、壁の掲示を見れば、「ビール+壺だし紹興酒2杯で1000円」の掲示。変更をお願いする。



紹興酒は大きめのグラスに氷が入る。ロック仕上げ。風味が確認できうれしい。最後に焼き餃子で仕上げる。二人で3500円程度なので十分楽しめる。






[PR]
by tatuko00 | 2008-12-26 06:23 | 飲み屋 | Comments(0)

野毛 のんべいラリー その9-4 「だるま寿司」




本当に良い1日だった。以前から興味を持っていた「だるま寿司」。桜木町駅前の駐車場に8帖ほどの店舗。どんな店なのであろうと思っていたが、噂通りの気楽な店。怖そうなご主人も気さくな親父。カウンター6席、椅子4席程度の店。





同席した美しい(魅力てきな)女性が、楽しいお酒を飲んでいた。写真を撮る私に寿司のレイアウトを変えてくれるほど。どうやらその手の職業らしい。私を挟んで慈雨連らしい、2人の会話が弾む。





4軒めで十分に幸せになっている私には、山葵が利いた寿司は、最良のごちそうであった。
[PR]
by tatuko00 | 2008-12-24 23:49 | 飲み屋 | Comments(0)

野毛 のんべいラリー その9-3 「Bodegon ボデゴン」



今日は非常に良い店に出会える。3NGと思い警戒して入店してみれば、すてきな女性(ママ)が1枚づつでいいという。確かに立ち飲み屋で1800円はないだろうと思っていたので安心。1NGを手渡す。飲み物は、スパークリングとワインがよいらしい。ワインを所望する。







小さなワイングラスであるが、多めに入れられた赤ワインが出された。それにつまみがつくというのでスナックを想像していれば、いろいろなものを盛り合わせたすばらしい盛り合わせが出される。聞けば、ママの機嫌・気分によって変わるらしい。今日はあたりだったようである。





おじさんをいやがらず、気楽に話してくださるママに敬意を称し、もう一杯ワインを楽しませてもらう。貸し切りで、お店を堪能してもらった。マスターが一瞬来たが、すぐに出て行ってしまった。残念なのはママの旦那らしい。


[PR]
by tatuko00 | 2008-12-24 23:39 | 飲み屋 | Comments(0)