<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

京都の田ごとは我々夫婦の思い出の店。






確か結婚の申し出をするために、妻の実家に行く際、ランチに寄った店がこの「田ごと」だったと思う。そのころ私は貧乏1000円以上のランチなど食べるのはまれ、京都ではそんな価格で食べられる処はないだろうと思っていれば、妻に案内された。1500円のランチ。







その当時は高いとは思いつつ、おいしかった松花堂弁当。その後、教え子を20人ほど連れていた記憶もある。その当時は、路地を入った奥にある木造の建物。京都の町屋の面影が漂っていた。2階の広間から外を眺めていたこともある。





20年ぶりぐらい入店。入口は以前のようにあったが、奥に行くと立派な建物。入口には綺麗な着物に身を包んだ仲居さんが立っている。思わず後退。確かめれば「田ごと」である。価格も高くなっている。入口で、リニューアル1周年記念「特別弁当」を確認し、再挑戦。温かく迎えてくれる。






懐かしさより、この変貌ぶりに驚く。聞けば、一年前のリニューアル。そういえば、東京の小田急ハルクにも進出している。経営が良好なのかもしれない。昼が遅いのであまりお腹があまりすいていない。ちょうど良いメニューがあった。案内された1階は、ファミレスを高級にした感じ。以前の町屋の雰囲気は無い。






広々としたテーブル配置になっているので、のんびりできる。和楽のBGMまで流れている。入口で案内してくれた年配の女性が丁寧に応対してくれる。今日は。寒いと言えば、おいしいお酒を進めてくれた。櫻正宗(灘)どうやら田ごとおすすめらしい。これがまたおいしかった。数本飲み尽くす。







まずは、小鉢(オクラ)。それをつまみにしながら呑む。お酒が好きとわかると料理順番も工夫してくれたようである。程なく弁当(料理)が出てきた。寒いでしょうから椀ものは熱くしました問い一言。うれしい。
料理は①ごま豆腐②刺身③焼き魚④煮物⑤玉子が丁寧に盛られている。薄味であるがしっかりと味はつけられている。おいしい。






あわせて茶碗蒸し、天麩羅も登場。一通りの料理が出された。作りたて、できたてが当然出される。締めは炊き込みご飯。おかわりも勧められるが、十分な量。満足できました。そういえばデザートは「わらび餅」が出された。









http://www.kyoto-tagoto.co.jp/index.html
[PR]
by tatuko00 | 2009-05-23 09:14 | ディナー | Comments(0)

宇治で入った茶そばがおいしい店「鮎宗」





本当は旅館のようだが、昼間はおいしい料理を提供してくれている。宇治川を眺めながら食べられる川沿いの座敷もあり、厨房から頻繁に料理が運ばれていた。時間がなかったのでセツトは頼まなかったが、リーズナブルなメニューが出されていた。







宇治なので妻は「冷たい茶そば」を頼む。おいしそうな茶そばは腰もありおいしい。だしも利いておりおいしい。小さい器に入っているがなかなかボリュームがある。私の天丼は、野菜がふんだんに入っている。関西らしい薄味でした。







http://www.wao.or.jp/aiso/
[PR]
by tatuko00 | 2009-05-23 08:01 | ランチ | Comments(0)

京都で偶然入った餃子屋「万豚記」



担々麺を得意とする中華料理店らしいが、店頭に「餃子とビールのセット880円」が有り、引き寄せられるように入ってしまった。斜め向かいが「百」。2軒目である。枝豆も付くというで待っていると、塩がやけに利いた枝豆が出できた。










メニューを見てみればどうやら東京からの出店。チェーン店らしい。メニューは少ないが、従業員が丁寧に全てを作る。カウンターには、調味料が綺麗にディスプレイされている。食欲がそそられそうな店である。ビールは大きめの生ビールが提供される。うれしい。












http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/i100445.html

http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000740426.html
[PR]
by tatuko00 | 2009-05-23 07:26 | 飲み屋 | Comments(0)

恵比寿で庶民的名焼鳥屋。



恵比寿は意外と庶民的名店が多い。その中でもおもしろいのが「田吾作」。カウンター中心の店ではあるが、椅子席・グループ席などもある。当然上の階では宴会もできるようである。何か庶民的名雰囲気の店内。働いてる人壮年の人が多いせいかもしれない。





2軒目なので焼き鳥4本を頼む(2本セットだという)。レバーと砂ぎもを頼むやや小さいが価格が120円。我慢しなければならない料金であろう。大瓶のゴールが550円なのでこれで調整と思えちょうど良いであろう。喉が渇いていたのでおいしい。



近くでつくねを頼んでいた人がいて、おいしそう。つくねは1本でも良いと言う。追加注文をする。どうやらカメラも酔っぱらっていた模様。ぶれていた。ホイスというおもしろい飲み物があったが、試さなかった。







[PR]
by tatuko00 | 2009-05-22 10:18 | 飲み屋 | Comments(0)

京都の錦市場も変貌、入口に立ち飲み屋「百」が・・、体験









錦市場を歩いてみようと京都を歩いていれば、客で賑わう立ち飲み。そういえば、我が奥様立ち飲み屋は体験していないという。確認すれば、全て100円。気をよくして入店。メニューを見れば、チャージ料300円を取るという。そこは関西、抜け目がない・・・、せこい。ビールも200円出さないと生中にはならない。まあ当たり前かもしれない。






夫婦それぞれが1品選び、ビール・サワーを2杯つつたしなみ、奥様の立ち飲みデビューは京都で行われました。









http://karasuma.keizai.biz/headline/146/
[PR]
by tatuko00 | 2009-05-20 10:19 | 飲み屋 | Comments(0)

大阪阪急地下街の「晩酌セット980円」





地下街を歩いていると、「晩酌セット」。どうやらおじさん達がわんさか狭い店内にひしめいている。当然晩酌セットを試してみたくなる。







私が晩酌セット
①ビール(生中)②刺身③奴④天麩羅盛り合わせ等
妻がサワーと鶏肉のたたきを注文し、時間をつぶしてみた。




[PR]
by tatuko00 | 2009-05-20 10:06 | 飲み屋 | Comments(0)

大阪の「ファミレス」。セツトメニューがお得感



大阪(関西)はお得なセットがある。偶然阪急の地下街を歩いていると庶民的名ファミレスを発見。入店してみた。ケーキついた料理セツトで1000円弱なのだからうれしい。
























[PR]
by tatuko00 | 2009-05-20 09:52 | ランチ | Comments(0)

大阪と言えば「お好み焼き」。何か人気のある「ゆかり」と言う店に入ってみました。



大阪では、お好み焼きは食べてみようと思っていた。しかし、満足に下調べもしていないので、伺う店がわからない。とはいうものの、地下街に行けば何か店があるだろうと思っていた。9時近いのに店に行列がででいる処があった。そうなれば並んでも食べて見たくなる。







作るものかと思えば、係となる(完全担当)のようである。頃合いを見て絶妙のタイミングに現れる。それでお好み焼きを正確に焼き上げていく。こうなれば手出しをするわけにはいかない。あてがわれた「神エプロン」を身につけ、静観する。









厚みのあるお好み焼きが完成。食べて見る。おいしい。













公式HP
http://www.yukarichan.co.jp/
[PR]
by tatuko00 | 2009-05-20 09:40 | ディナー | Comments(0)

2009大阪シリーズ① 名前を忘れてしまったが「串揚げ屋」




梅田地下街の素朴な「立ち飲みスタイルの串揚げ屋」が無くなっていた。阪急の飲食店街に数店舗残っており一安心。早速味わってもらう。この日は一日呑んでいるような日。少しになってしまったのが残念である。







ナプキンのようなものをわたされるのもうれしい。思う存分手で串揚げにかぶりつける。




[PR]
by tatuko00 | 2009-05-18 10:19 | 飲み屋 | Comments(0)

2009大阪シリーズ① 心斎橋裏路地「あそう」




大阪と言えば、串揚げ。ちょっと呑みたくなり裏路地を散策。もうじきなくなるという南座の裏に、なかなか良い店が並んでいた。安い、価格のビールに目がくらみ。串揚げもあるというので入店。久々に大阪の雰囲気を感じることとなる。










[PR]
by tatuko00 | 2009-05-18 10:11 | 飲み屋 | Comments(0)