<   2009年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

長津田で見つけた気持ちの良い店「仲鮨」




普段行かない街を歩いていると、不思議に良い店に行き渡る。今日は長津田(横浜)。駅近くの道を歩いてると「仲鮨」の看板。店頭に車が着いているが、暖簾はででいる。ディスプレイを見れば、ランチ11:00-14:00の掲示。中をのぞいてみる。女性が休憩しているので、「やられていますか」という問いにすぐに反応、受け入れてくれた。





見ればすてきな女性。この方が握るのかと思えば、やはりご主人がいた。奥の方で仕込みをしていたらしいが、その手を休めカウンターにもどってくれた。当然ランチの「にぎり」を頼む。通常のメニューもででいたが、1500円程度から。写真で見る変わりなかなか良さそうな感じ、「茶碗蒸し」もつく。



ご夫妻のようである。名前でよびかい指示を出す。ご主人が時々奥にはいる。最初はわからなかったが、どうやら鰻を仕込んでいたらしい。香ばしい臭いと香りが、奥から出てきた。手際の良い動きであっという間にできあがった寿司が、下駄に乗せられ提供される。





ランチでも全く手を抜いていない。イカにも海苔が挟まれも玉子にも巻かれている。巻物は、1本でカッパと鉄火を作り上げ、挟む形で出される。その他もランチ使用であろうやや大きめのもの。私の好物のコハダも入っている。酢の具合は弱いが、鮮度が良い。魚の鰺が味わえる一品。



白身はマダイであろう。腰があり美味しい。蝦もボイルではあるが良品。当然玉子も自家製。できたての物でした。巻物も最後に作る手順。このような店が意外と目立たない場所にあるものだ。







仲鮨 [ すし ] http://gourmet.yahoo.co.jp/0001361507/
[PR]
by tatuko00 | 2009-09-29 07:07 | すし | Comments(0)

埼玉のど真ん中伊奈に「江戸や」と言う良心的な回転寿司





蓮田の郊外と思っていたら、住所は「伊奈」。大宮・栗橋線沿いに小さな店舗であるががんばっている。入ってみれば、北海道フェアー。直送のネタもあるらしい。意外と小さな店舗。昼をとうに回っている。それでも店内には数グループが食べていた。カウンターは調度客がでたばかりなのであろうか、片付けられていない。上がれば座敷にすぐ案内するという。言われるままに座敷席にする。





レーンが横に見られるが、座敷。禁煙の大きな表示がされている。私にはありがたい。そのまま、戦闘開始。しかし、お茶がおもしろい、粉茶は最近の多くの回転寿司が導入しているが、お湯の出すところがおもしろい。ぼたんのような物があり、それを押し続けなければならない。





「でかねた」とうたっている。その分価格は安いと言うほどではない。どのようなミノを食べさせてくれるものかと楽しみにする。まずは、コハダ(145円、意外と小刻みで価格が設定されている)。仕込みはよいようである。しっかり締められたコハダが美味しい。続いて今日のおすすめ「鮭の白子・100円」。これが美味。2皿注文してしまう。







たこ・イカと続けるが、これはいまいち。通常の店と代わらない。鉄火(180円)はなかなかのボリューム。入っている鮪も大きい。淵さもあり、お腹を満たされてしまう。鮭はなかなかのボリューム。鮮度も良かった。その他の物も良心的。少しお腹を満たそうとしただけだった満腹となる。











江戸や http://www.edoyadekaneta.com/
[PR]
by tatuko00 | 2009-09-27 18:17 | すし | Comments(0)

入ってみて失敗した・・と言う店もある。新越谷「こがね」



時々良さそうな店と思っても、入ってみると意外。以後心地の悪い店というところはある。昼時・夕刻何度か気になり前を歩くことがある。その飲み屋街の入口に「こがね」と言う店がある。今日は30分ほど時間が取れるので入ってみる。意外と混んでいる。



一人だと告げるとカウンター入口あたりに座れという。望むところなので座れば、足下に大きな犬。盲導犬。常連らしく楽しく呑む壮年男性の所有らしい。それにしてもおとなしい者だ。感心する。まずは、メニューを見てがっかり、飲み物が中瓶で500円。その他でも、生中が540円。このての店では高い。外から見ていた、「つまみ180円から」の張り紙に惹かれたことを悔やむ。



なにか探してもそれと思うようなつまみがない。寿司まである不思議な店。ランチも海鮮を多く提示していたような気がする。そのうちお通しと言って、極小の器に入った者をおいていった。これが200円。どうも急に居心地が悪くなるメニューも意外と高い。それも量が少ない(廻りの状況)。



串揚げが280円だったのでそれを頼む。しかし、厨房から聞こえてきた一言「冷凍を揚げるだけで良いのだ」に愕然。ビールを飲み干し店を出る。これで980円。出費をしてしまった。




[PR]
by tatuko00 | 2009-09-27 09:39 | 飲み屋 | Comments(2)

五反田の隠れた寿司の名店「阿部」




街を歩いてると意外なな場所に、美味しい店が存在する物。今日はそれに該当する。五反田TOC(東京卸売りセンター)近くの裏路地、民家などを探し歩いていると「阿部」という寿司屋。モダンであるが立地条件は裏路地。決して良くない。店の外にもランチの案内。迷わず入店。








狙うはにぎり、「日替わり」と「大盛ランチ」を願い出る。2人だと比較できるので、異なる(質あるいは量)を提供する。サイドメニュー320円というのがあるのもうれしい。320円で①ランチビール②お抹茶セツト③げそ山葵④子持ち昆布⑤玉子とお新香⑥日替わりサラダ⑦白身3貫⑧赤身・白身・光物3貫が食べられるようである。




今日は時間が無いので、懐石(3700円)は当然手を出さなかったが、興味ある内容である。まずはお通しらしい物がでて来る。この時点でビールを飲みたいが、今日は酔った状態でいけないことが待っている。我慢する。店内は非常に機能的にまとめられ、すしネタケースもはめ込み型。非常に気持ちの良い店内である。







2人の職人が、仕事を即座に分業するのですぐに仕上がる。大盛り(寿司12貫+玉子+巻物)、にぎり(9貫+玉子+巻物)が大きめの器に乗せられ出された。小降りに握られた寿司であるが、綺麗に握られ美味しい。特に当日の入荷にあわせるというので、旬の物が多い。残念なのは、カツオが大盛りに2貫入っていたことぐらいである。






どのネタも舎利と比較してちょうど良い量。一口で入る。当然どのネタも美味しい。光り物中心であるが、その分鮮度も良い。軍艦は「小柱」「いくら」「蝦」の3貫。できたてを出してくるので当然美味しい。特に鰺などは調度脂がのっていて美味しい物でした。




味噌汁は、青さが入った薄味(白味噌仕立て)。翌々を満たす物でした。





寿司阿部 五反田 http://www.geocities.jp/hiroosushidokoroabe/
[PR]
by tatuko00 | 2009-09-24 10:04 | すし | Comments(0)

幸手の寿司屋「辰巳鮨」はなかなかのランチを提供



幸手で気になっていた寿司屋があった。道を教えても説明がつかない路地の一角にある。地元を散策(徒歩・自転車)している私は何度となく前を通っている。昼時でも暖簾がでているのを見ることが無かった。今日は土曜日、偶然前を通れば暖簾がでている。当然入店を決意。聞けば近くに駐車場もある。



想像通り、こぢんまりとした店内。カウンター中心の上がり框が2席程度。ホットできる空間である。にぎりを食べたいと言えば、「ランチもある」という。当然ランチをお願いする。客の到来を予測していなかった用で、支度から始まる。コンパクトなネタケースには、仕込みがすんだ物が並ぶ。汁物・お茶の準備のようである。





何かのんびりしたようなご主人の行動。しかし、今日は時間もある。気にならない。カウンターにもどれば、仕事が始まる。カウンター・ランチであるが、直接出してくれるようである。笹の準備、ガリが置かれる。まずは、赤身。整った物が置かれる。柵からその都度切り出す物なので美味しい。






続いてイカ・たこ、定番である。イカは粘りがあり美味しい。たこもちょうど良い歯ごたえ、その間作っていた味噌汁(あら汁)が出された。マダイと卵が最後に出され、鉄火巻き(6)で終演。のんびり食べさせていただいた。その間、パチンコで大損したという常連のおばさんが威勢良く入ってきた。そんな地元に根ざした寿司屋でした。これで700円はうれしい。






[PR]
by tatuko00 | 2009-09-22 22:23 | ランチ | Comments(0)

中華街で「フカヒレコース」龍華楼








奥様が「フカヒレを食べたい」と言うので中華街へ、平日しかこない私としては、久々のウィークエンド。はして今日はシルバーウィークを命名された5連休中日。こんなに多くの客がする中華街は見たことがない。当然店など選べる状態ではない。各観光客は根気よく並んでいるが、私はそんな記になれない。








待っている客が少ない中から探す。それもフカヒレがある程度の質で食べられる店の調度。自分のホームページを頭で検索する。こうなれば大通りは無理、路地に足を向ける。偶然「龍華楼」から客が多くでできた。こうなればあまり待つことはない。入店してみることにした。






ここは単品でフカヒレを頼んでも300円で大きめの物が出される。しかし、今回はフカヒレをある程度堪能したい。「フカヒレコース3890円」を注文する。やはり混んでいるせいか、2人のテーブル席。こんな席でコースを食べさせられるのも初めてである。今日は好好亭のママも手伝いに来ている。厨房まで入り奮闘。精一杯店が回っているという感じ。





意外に料理はてきぱきと出てくる。サービスしいるのは2人だから、大変。良く注文を間違えない物だと思うほどである。2階も入っているようである。当然フカヒレ(姿煮、やや小さいが)・・・は奥様にサービス。ビールのつまみに専念する。忙しいせいか盛りつけ・涼は少なめ。角煮などややさめている。青梗菜等は入っていない。







※これにフカヒレスープ炒飯がついて「デザート」がついていました。

酢豚は、肉が揚げすぎ。堅くなっていた。忙しいとこうなる場合はわかるが・・・。まあ7780円出すのなら文句もつけるが、3890円奈良許すしかない。ビールの性もあるがお腹が満腹となった。最後のデザートも当然奥さんに進呈した。






横浜中華街 龍華楼 http://r.gnavi.co.jp/b268000/
[PR]
by tatuko00 | 2009-09-22 11:39 | ランチ | Comments(0)

新越谷の寿司屋「建」






モダンな建物の寿司屋が新越谷と蒲生の途中にあった。その店舗は意外と庶民的名店。非常に気の良い奥さんが迎えてくれた。暖簾が手でいたが、時間は11寺20分・まだ開店ではないのかと思い、暖簾をくぐる。当然店内には誰もいない。声を出せば、奥さんが奥からでできた。どうぞというのでカウンターに座る。









しばらくテレビを見ながら待つ。お茶もなかなか美味しい。しかし、10分建っても寿司が始まらない。どうも職人はご主人。どこかでかけているらしい。何度も恐縮して今帰ってきますからの連呼。姉妹には、出先に電話をかけている。私は、休憩と思いのんびりさせていただいた。






20分ほど待って「いらっしゃい」の大きな声。びっくりしてしまった。どうやら帰ってきたらしい。頼みにくいが「並寿司」を注文。なんと840円。最近の寿司屋としては非常に格安。信じられない価格である。これまた気のよさそうなご主人。すぐに仕事にかかる。






ネタケースは非常に整然取れ、多くのネタが整理されてある。当然仕事を始めるのには支障がない。あっという間に、6貫ができあがる。最初カウンターで作っていたので桶にでも入れられるものかと思えば、まとめて笹に乗せられた。うれしいのは十分な量のガリ。数は少ないが、ボリュームはある。




最後に巻物が作られ追加された。種類は①②赤身③イカ④ボイルエビ⑤たこ⑥卵、⑦鉄火4のラインナップ。赤身から食べてみる。美味しい。イカも今皮をむいたばかりの物当然美味しい。エビ・たこも同様である。卵は非常に厚みのある物。一口では食べられない。鉄火はサービスかもしれない聞かなかったがこの価格では「カッパ」か「干瓢」であろう)。


[PR]
by tatuko00 | 2009-09-22 10:57 | ランチ | Comments(0)

赤羽駅近くの呑み屋「紅トロ」へ入店







「飲み物半額、生ビール最初の一杯」このフレーズと、時間は16寺。空いている店も少なかったので、安全パイ(料理・串焼きも悪くは無い)を選択し、入店した。この店は2階にあった。店頭で飲み物の格安価格が程度されていたので、まずはビール。





サワーおよびハイボールなどが半額。迷わず注文できる。当然焼き物から注文。鳥しか食べない妻は、ささみが気に入ったらしい。梅と山葵があるがどちらもレア状態で仕上げられている。私は①かしら②レバ③トロトン(ねぎま)としていく。ビールに善く合う。





他の店が開店するまでと思っていたが、次第に腰が落ち着く。奥様は「デンキブラン・ハイボール」がお気に召したらしい。最終的に5から6杯は飲んでいた。私は久々に、ホッピーに手を出す。300円で呑め、180円で中がプラスできるので、白・黒4杯ほどは抱いたと思う。









その後銚子にのりいろいろな物を頼む。おもしろいのはニラ玉。ニラオムレツのような物が出されてきた。割ればとろとろのニラ玉。もう一つは、300円となっている「蒜鍋」。どんな物だろうと聞けば、小さな鍋に蒜が入っている雰囲気の説明。当然試してみた。バター味のおもしろい物。当然お酒が進みました。













紅とん 赤羽店 http://www.hotpepper.jp/strJ000694628/
[PR]
by tatuko00 | 2009-09-22 08:40 | 飲み屋 | Comments(0)

浦和で時々ブログ等で紹介される「谷田川」に言ってみたが・・・?



どうもブロガーという判断は差が多い(私もその人利かもしれない)。浦和は鰻の街。美味しい店が多いと聞くので、機会があれば訪ねてみる。強は浦和を東に2km程度離れた住宅街にある店、谷田川である。地図の名門、昭文社で乗っている一とは違うので、留意してほしい。







割に浦和に近いと言うのがこの場所である。目標物は原山中学校。住宅街(桜通に面している)の真ん中。休日の昼であるが、広い駐車場には、車が止まっていない。休みかと思えば「うなぎ」の暖簾が下がっている。近づけば、ランチメニュー「うな丼」の表示もある。






おそるおそる入店。やっていますかの問いに「何人」。愛想のないおばさん(年齢的にはおばあさん)が答える。座敷も進められたが、椅子にする。後で確認すれば、洒落た座敷もあった。うな丼と鰻重は鰻が違うのかと聞けば、そうだという。夕刻ではないので、うな丼と鰻重特を頼む。とくと言っても並が無く特から始まるお品書き、鰻が違うというので比べてみることにする。







時間がかかるのは鰻家の定説。ビールを頼みその当てに「上新香350円」を頼む。ビールを1杯ほど呑めば、なんと鰻が出てきた。10分は待っていない。それも干からび薄い鰻。先ほどの女性(女将らしい)を彷彿とさせる。焼いているというよりは、煮たような鰻。箸が止まってしまう。







食べて見れば、やはり非常に薄い。痩せている。メニューを確認すれば、特上1950円から吸い物も「肝吸い」ここの店の鰻は2000円以上の物らしい。うなぎをつまみにビールを飲む。2本ほど頼み、日本酒で締めようと思っていれば・・・。この展開。まだ今日の旅は始まったばかり、気合いが多少抜けました。







しかし、このサービスでは客は離れていくでしょう。
ちなみに、うな丼と鰻重の鰻の差は全く感じません(そのレベルではない)でした。












http://gourmet.walkerplus.com/129260131001/
[PR]
by tatuko00 | 2009-09-16 10:01 | うなぎ | Comments(0)

野毛 手形ラリー 30 「都その2」




手形で2度目の来店は始めててある。以前鰯の刺身と日本酒一合で気を良くした店。今回は多少おなかが満たされ、口が脂っこい。串揚げに挑戦してみた。



ビールを頼んだが、グラスの文字を読まなかった。でできたものは小さなグラスビール。残念。串揚げも1本100円程度だから、600円の原価割れ。やはり鰯の刺身400円と日本酒350円の方が得だったかなとせこい考えを飲みながら飲む中年。最近勤務先の関係がうまくいかないので、すぐいじける癖がつき始めた。






しかし、揚げたてできたてのものを出してくれるのでうれしい。もういっぱいというときに訪れるのには最高の店である。今日もにぎわっていた。




[PR]
by tatuko00 | 2009-09-13 01:34 | 飲み屋 | Comments(0)