<   2009年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

我が家の近くに小じゃれた店「紅葉(くれは)」と言う店があった。





正直言って私共は、さほど便利なところにすんでいない。いわば、埼玉の田舎にすんでいる。したがって家から歩いていける範囲に、食事を楽しむ場所がない。しかし、最近出来た住宅街の入口に、料理店が出来たと妻が言う。私はあまり行かない地域。気がつかなかった。別の日に位つて見ればレストランのような建物。開店準備をしている方に聞けば、「パスタや家庭料理を出す」という。







そんなわけで、休日を待っていた。ランチもあるはず。昼過ぎに自宅を歩いて出る。1km程度の場所。私どもの住宅街から500mていど離れた鷲宮の工業地帯の入口にある。最短距離を向かう。看板(メニュー)が出されている。駐車場を見れば一杯。当然店内もほぼ満席である。2人席が空いていたので滑り込む。





なかなか洒落た店内に妻も気に入った模様。まずはビール(たいした運動をしたわけではないがご褒美)。9種類あるメニューは、2品がパスタ。お腹もそこそこ空いている。「スズキのポワレ」「海老フライと一口ひれカツ」を頼む。食べやすいようなメニューガ並ぶ。基本は定食。デザート・コーヒーは別料金のようである。





カウンター席もあり、1人出来ても大丈夫なようである。店内は女性が5名ほどサービスで働き、厨房には3名ほどの調理人がいる。この規模で・・・とは思うが、食べる方としてはサービスも行き届きありがたい。ましてかわいい(美形)の方が多い。





「スズキ」から出てきた。こちらは洋風でライスは皿に盛られている。ホークスプーンもセツトで準備されるが、箸がついているのでありがたい。そのせいかご近所の年配の方も多いようである。香葉を乗せられたスズキはなかなかボリュームがある。野菜も添えられ彩りも良かった。味付けはほとんどされていない雰囲気。






つついて「フライ」。こちらは和定食のような雰囲気。おもしろいのは、香の物が皿にのせられている。ごはんに移して食べる。ミツクスカツフライというのが正確な表現。とりわけ魅力的なことはない。スープがついていることが違う天かもしれない。素材は良いものを使っている。ヒレカツは低脂肪のあっさりとしたものである。別に小さなソースが添えられるが、ぎゃべつのドレッシングはない。





①サラダ②スープ③料理1品④ランスで1000円程度だから評価は微妙。我々は、サワー・ワインで楽しんでいるから良いが、定食として考えるとこりあたりでは高い方に属する。しかし、1年ほどたっていてこの賑わいだから・・、人気があるのかもしれない。コース(3000円から)もあるらしいので、今度試してみたい。









創作ダイニング 紅葉(くれは) http://r.gnavi.co.jp/e473800/
[PR]
by tatuko00 | 2009-12-31 00:20 | ランチ | Comments(0)

野毛の庶民の身方「村田家」さん手形ラリーで再訪。



野毛の街をのんびり歩くというのは、楽しい。特にほろ酔い気分となってからは格別である。そんなとき一人の場合はもう食べるものは良いと思うことがある。しかし、洒落ていないおじさんは、バーとか行きつけの店など持たない。そんなとき私には、現在継続中の「手形ラリー」はありがたい味方である。






入店すれば、快く手形客を迎えてくれる。店の混雑とは無縁。常の対応である。飲みのを聞かれる。当然ほとんどのものが可能。今日は喉が渇いているので、ビールをお願いする。つまみが2品つきますからの言葉。ビールも十分に冷えている。美味しい。両側では壮年の男女がのんびりお酒を飲んでいる。





今日の2品は、別々に出された。最初は「大根と鮪の煮付け」。これがじっくり煮こまれていて美味しい。鮪は質の良いものであろう、脂の乗りがよい。ビールにも良く合う。2品目は、「イワシの酢漬け」。これがまた実に美味しい。あっという間に呑んでしまいました。今日は時間が無いのでこれで打ち止め。








村田家 
http://www.murataya.co.jp/
[PR]
by tatuko00 | 2009-12-30 14:05 | 飲み屋 | Comments(0)

野毛で気持ちの良い対応をしてくれる「たち花」







以前野毛ラリーで訪れて非常に良いものを提供してくれた店。気になっていた「晩酌セット」と言う物を体験してみた。案内では、ウーロン杯2杯と料理一品で1000円。通常だったらあまり気を引かないが、以前良い思いをさせてもらっているので気にならない。







今日もご主人一人で切り盛りしている。武骨そうな方であるが、良いものを客の気持ちで足してくださる。太田和彦さんも訪れているようである。聞けば、隣接する魚屋とは姻戚関係。さすがに魚の料理は多いし、そそられるものが多い。







ウーロン杯と料理が運ばれて来る。味のあら揚げを酢じめしたもの。なかなかの量。ウーロン杯と合う。静かに外利で呑ませてくれるのがありがたい。一人客にありがたいカウンターは「禁煙」これも私にはありがたい。酢で締められた魚というのはどうしてこのような味を提供してくれるのであろうか。



すぐに、お代わりをいただく。通常の「ウーロンハイ」だが、美味しい感じるのは店の分生きてあろうか。






[PR]
by tatuko00 | 2009-12-30 12:01 | 飲み屋 | Comments(0)

定食屋がありがたいサービス「おはち」





どうやらチェーン店らしいが、店内はそんな雰囲気は感じない。店頭にでていた。「小鉢2+生ビール500円」の掲示に引きつられ入店。恵比寿駅近くのビルの地下にあるレストラン。そこに進出した。以前は寂れた料理店のようなものがあったような気がする。メニューを見ると定食屋。ちょっと呑みたいときには、このようなセットがありがたい。





前払いだというので、先に量販を払う。小鉢を4つ選べと言うので「ひじき」おくらとろろ「ポテトサラダ」「冷奴」を頼む。それだけでは悪いので、「角ハイボール400円」を追加注文。席は、禁煙と喫煙で分けられている。当然禁煙席に座る。カウンターのようなところがあり1人客でも気楽に利用できるようである。






しかし、座ってもビールなどでてこない。15分。じっと我慢するが・・・。どうやら一人で切り盛りしているらしい。チェーン店だから節約されているのかもしれない。これでは2度と来る客はいないであろう。厨房の方に顔を出せば、すぐに持っていくという。「だって小鉢とビールだろう。こんなに待つものではない」といいたかった・・・、無駄なようなのでやめた。







出て来たものは、定食に添えられるような(基本はそれらしい)もの。びっくりしたのは「ひじき」。器のそこに転がったようなもの。飲食店をチェーン展開するのであれば、もつと良心的にやってほしいものである。そういえば、このあたりで前金を取るのだと言うことが理解できた。



[PR]
by tatuko00 | 2009-12-29 11:35 | 飲み屋 | Comments(0)

今日は鰻。久々に「きくかわ」。今日は本店。





今日は久々に鰻でも食べようかと思い。神田へ。なかなか入れない(休業・貸し切り)神田川へ、しかし今日は遅かったせいか、終わっていた。こんな時は、神田には鰻家が多いことを利用。きくかわへ進路変更。淡路町近辺を経由していく。最近神田のそば屋は賑わっている。今日も「やぶ蕎麦」「まつや」に行列が出来ている。何か最近は変。






まあ今日は鰻。神田駅方面に抜ける。中央通り沿いに「きくかわ本店」があったはずである。ここはどうにか入れた。規模を大きくしないのがここの良いところ。美味しい状態で客に鰻を提供してくれる店である。特に本店は狭い。最近1階を禁煙席にしてくれているのが有りがたい。この狭いところで煙草を吸われたら、味わえる物も味わえない。





今日は、二人とも「大串うな丼」を注文する。当然、ビール・当てに上新香を頼む。これにビールが実に合う。閣皮の場合、「キャベジン(キャベツの浅漬け)」と言うのもあるが、上新香の方が良い。きくかわは鰻の下ごしらえはしておいているのであろう10数分で仕上がってくる。






今日の大串はなかなか肉厚。ふんわりと仕上がっている。ここの特徴は、山葵と葱が添えられてくることである。どうやら半分は、山葵で食べて見ろと言うことらしい。これが意外といける。隣の方の鰻(鰻重)を見れば、しっぽが折れている
国産洋食であるが、このボリュームがありがたい。





日本酒もいただき、まずはつまみで鰻を味わう。大串丼はご飯も十分な量が入っている。まして今日のご飯の炊き具合は良い。鰻か無くなっても、卓上に置かれているタレと新香で食べられる。鰻の状態も冬が良い。脂も適度にのっている。満足いたしました。









きくかわ神田本店 http://r.gnavi.co.jp/g116702/
[PR]
by tatuko00 | 2009-12-29 08:33 | うなぎ | Comments(0)

神田ガード下には庶民の街がある。大越





神田も中央部は、チェーン店や若者向きの店が多くなって来たが、東京より内側には神田の風情が未だに残っている。昼から飲める店というのはうれしい。特にランチも500円程度から立派なものがある。これをつまみに飲んでも良いが、今日はメニューから探してみた。





この手の店は、品数が多い。それもおじさん達のふところにあわせた価格。その上、量・種類に合わせ工夫が感じられる。目についたのが三種盛り。刺身の三種ものは良く聞くが、確認すれば①焼き物②天麩羅③刺身がセツトになっているという。これはありがたい。800円と勇気がいるが、ここは突き出しが出るが無料。奮発する。



ビール大瓶が500円というのでまずこれから楽しむ。突き出しのカボチャも美味しい。しかし、無料というのがうれしい。最近、たいした物でもないのに強制的に食べさせられ、300円程度とるとんでもない店が多い。この中こんな店は、本当に感謝したい。







どんな物かと待っていれば、弁当形式になっている。失礼であるがおしゃれ。この店の雰囲気ではない。当然全て作りたての物が出される。スーパーで買ってもこのでもものは800円では入手出来ない。焼き物には生姜が添えられ、天麩羅は海老、刺身は中トロ程度の良品、イカも添え等利2品盛りとなっている。



熱い物から食べる。天つゆもなかなか。衣が非常にパリパリしているのが特徴である。イカも入っていた。焼き物は鮪。はらみ部分であるが特に脂がきつい物ではない。丁寧に味がつけられているのでつまみには絶品。当然刺身のために日本酒(1合220円)を頼む。これで1520円。満足でした。






[PR]
by tatuko00 | 2009-12-29 06:16 | 飲み屋 | Comments(0)

野毛大作で「2009忘年会」



職場での宴会は通常つまらない物。しかし、現在の職場のパートナーはすばらし仲間。時々宴会をするが、今回は忘年会「トラフグ」を中心とした料理で、飲み放題盛り上がらないはずがない。全員参加に、OBの参加。ありがたい話である。







1.前菜(皮酢の物「きも」・小鉢2「山海づけ・もずく」)
2.とらふくの西京漬け
3.刺身盛り(5点盛り)
4.とらふぐ鍋
  ①骨付き②野菜③身(肉厚)④雑炊
飲み放題。









多少品数は少ない感じはしましたが、気の良い女性のサービスにおじさん達は満足しておりました。
































[PR]
by tatuko00 | 2009-12-24 08:17 | 飲み屋 | Comments(0)

関内駅近くのホテルトャトーレイン無いの店。安いと主つてはいれば「GUNKISS」





夜は立ち飲み屋。最近閉店が早く行けないが、関内南口近くのホテルが経営を始めた小さな店舗。最近ランチを始めている。価格を見れば、500円以下の価格がある。いつかは行ってみようと思っていたが、今日は出張で昼を食べそこ夏手いる。すでに15時。店の前を通れば、まだランチ営業をしている。





入れば、やつてはいたものの売り切れが多い。最低価格(牛カルビのスタミナ焼き450円)を狙っていたが、断念。「牛すき焼き豆腐」なら大丈夫というので、依頼する。狭いカウンターに、女性が2人。カウンター席8程度採算があうのであろうか。10分ほど待たされる。出されたものは、小鉢のような料理。ご飯も小量。これだけ、お茶を頼めばお茶もないという。価格以下の物である。









[PR]
by tatuko00 | 2009-12-23 23:17 | ランチ | Comments(0)

思い出横町「つるかめ食堂」





「ソイドン」で最近話題を集めている店舗。路地沿いのサッシュそのすぐ後ろが席になる。厨房の回りで飲み食いさせられるというのが正確かもしれない。呑み屋と言うよりは定食屋と言った方が良いかもしれない。横町としては、飲み物類は高めである。





ちょっとだけ呑みたかったので、安い一品を頼む。焼き鯖300円を頼む。どの一品も300円で定食になるらしい。出されたものは、暖められた鯖。生暖かい状態。渇いている。大根おろしもついていない。これが定食で600円。高い。その他も同様である。



横でソイドンを美味しいと食べていた青年がいたが、どうもそそられない一品でした。


[PR]
by tatuko00 | 2009-12-23 11:35 | 飲み屋 | Comments(0)

五反田に「かぶら屋」という立ち飲み








立ち飲みと言うが、全てが椅子席である。意外とモダンな店内は立ち飲み屋の雰囲気ではない。それでも価格の安い物を提供している。基本は、焼き鳥(トン)、おでん、フライが主たる物である。その他にモツになどの一品料理もあるらしい。







カウンターに座れと言うので座れば、その横に浮浪者らしい女性。そういえば何かにおう。にやにや笑って私の方を見ている。この店では客であれば誰でも入れるらしい。まして後から入る客にも配慮はしないようである。頼んでからこの状態を把握したので、食べてすぐに出た。





出がけに、店の物に苦情をいったが、詫びの言葉はなかった。




[PR]
by tatuko00 | 2009-12-23 10:58 | 飲み屋 | Comments(0)