<   2011年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

五反田をぷらぷらある居ていれば、おもしろいセット「口福飯店」






ずんぐりした生ビールが出される。呑めば恵比寿の味。店内は節電だろうが1/3程度しか電気がついていない。明るい場所を探して座る。外で見た掲示を頼めば、別メニューの詳しい物が出される。すぐに選択し注文。






①飲み物②前菜③炒める料理=980円。最初は選択肢が少ないのかと思えば、前菜・料理とも10種類程度の選択がある。まじめに選べば、非常に迷う。前菜と言っても簡単な料理がある。興味を持った物は「棒々鶏」。料理は「黒酢酢豚」。当然麦酒(恵比寿中ジョッキ)。





まずは麦酒をちびちび飲む。しばらくして出された料理は、立派な物。ご飯もあれば十分すぎる量。棒々鶏は数名で食べられそうなもの。やや濃いめのごまタレがかけられてある。蒸し鳥の量も十分。キュウリと混ぜて食べれば美味しい。つまみにはちょうど良い。



酢豚も登場。黒酢と言うが、黒酢らしい雰囲気(黒く)無い。量は十分だが、野菜は玉葱が主体。多少のピーマンも入っているが、料理としては多少残念な物。味も多少淡泊。暖かいのでこちらから先に食べるようにする。肉は当然揚げたて。パリパリしていた。





こうなればピールが進む。恵比寿であるが380円都良心的。追加注文をしました。麦酒2杯を呑んで、1360円。十分なものでした。そういえば五反田の中華料理店のほとんどでこのようなセットが準備されているのは偶然か。それも中国の方が経験しているのが多い。






[PR]
by tatuko00 | 2011-03-30 07:51 | 中華 | Comments(0)

西新宿に「さかなや道場」。土日はハイボールが安い。



ハイボール99円の文字が目立つ酒場。以前一回入ったことが、何か雰囲気が変わってきたので再入店。雰囲気全体としては、あまり変わらない。しかし、客が多く入っている。休日のやや遅い時間。客足がましたのであろうか。以前はほとんど客の姿を見なかったような気がする。





お通し、前回は299円でゴミのような物をだされ憤慨したが、今回はメニューに350円と記載されている。感心した物とは思わないが、断ることは出来ないらしい。これらに燗しては、法律で禁止してほしい物である。






今日は刺身盛り(地魚五点盛り)396円を外の掲示で決めていた。しばらくして作り置きのような刺身盛りがだされた。表面が渇いているから明らか。看板の写真と明らかに異なる。良くある事だが、やはり基本は変わらないらしい。





お通しのせいで、だいぶ萎縮していたが、バーコーで会員登録(当然無料)をすれば、生ビールor料理1品無料。実益的には415円安くなる。難航(どうもこの手の操作は苦手)しながら完了。少し得した気分となったので、「ハイポール」を注文。







よく見ると、いろいろなハイボールがある。二杯目を「ジンジャエールハイボール」を頼む。まずくは無いが、どうも刺身には合わない。つまみを追加することも面倒なので、これくらいで終了。おかげで1000円程度で終える。







西新宿からさほど遠くない、高層ビルから外れた場所に「さかな道場」
[PR]
by tatuko00 | 2011-03-29 07:41 | 飲み屋 | Comments(0)

計画停電で大宮下車。定番の「なごみ」で時間調整



計画停電で、電車が大幅に遅れ大宮で大混雑。こうなれば無理して電車に乗る方が体に悪い。どうせ体に悪いのであれば、立ち飲みでお酒と自分で決める。当然大宮は土地勘があるから安心。まずは定番のなごみに足が向かう。





20時過ぎ、震災からあまり時を建っていないので営業している物か心配だったが、暖簾が下がっていた。中にはいつも居るようなおじさん達が多くいらっしゃる。ホットして入店。ひとときを過ごすことになる。






ビールを頼み、カウンターから「あら煮」を指示し、暖めてもらう。テレビで震災等の状況を把握する。なぜかサッポロ黒ラベルもここで呑むと美味しい。アラから身をほぐしながらの作業はなかなか美味しい。多少甘くビールにもあう。




のんびりしていると、天麩羅をご主人が揚げ始める。ちくわの天麩羅(150円)が出来たので、所望する。当然揚げたてなので厚い。蟹かまぼこも2個つけられている。多少油が強いのが気になるが、・・・?そういえばなごみの暖簾は内側から読むのかな。




追加は日本酒(200円)。燗にしてもらう。日本酒に合う「椎茸の煮物(150円)」を注文。落ち着き始める。今日のつまみではこれが一番。そういえばなごみで3種もつまみを頼んだのは初めてかもしれない。さて電車も空き始めた頃。駅に向かう。




[PR]
by tatuko00 | 2011-03-26 05:16 | 飲み屋 | Comments(0)

東神奈川駅前の立ち飲み屋「鳥清」






東神奈川の海よりには、やすい呑み屋が多い。仲木戸の間にあるビル。1階と2階に立ち飲み屋を始めそそられる呑み屋が入っている。迷うが、今日は偶然降りただけ、1階の「鳥清」という立ち飲み屋に入ってみる。





常連客のような方々で、カウンターは埋まっている。立ち飲み屋なのに女性が、席まで出向き注文を聞いてくれる。二軒目なので、「ホッピー」を注文。うれしいのは、なかなかの焼酎の量。ヤキトリがメインの店らしいので、串を考える。






カシラ・カシラ元・たんを注文・タレとする。1本でも喜楽に注文を受けてくれるのはありがたい。その間の合いに「ポテトサラダ」を注文。150円。うれしい価格である。炭火で丁寧にマスターが焼いてくれる。なかなかよい。サービスの女性もあかるい。






これはおじさん族にはたまらない。東神奈川・新子安にはこのような店が以前から多い。メニューはさほど無いが、そそられる物が多い。ヤキトリは、肉も多く美味しい。カシラ2種の食べ比べも楽しい。レバーが中津田のが残念である。





焼き鳥にはテーブル(カウンター)におかれている、味噌が非常にあう。美味しい。どうやら、大和が本店らしい。また来たくなる店でした。会計は1000円でおつりが来ました。




[PR]
by tatuko00 | 2011-03-22 22:25 | 飲み屋 | Comments(0)

関内 さかな番長 



時間があったので、友人と共に魚番長に立ち寄り。ちょい呑みと思ったが、ビール+日本酒5合を飲み干した。おもしろい野はお通し、いくら撮られる物か解らないが、魚・海老のからあけが提供された。なかなか美味しい。




まずは麦酒で乾杯。落ち着く。開業当時賑わっていた店であるが、最近は客がまばら。つまみ等の価格の高さかもしれない。平均500円程度殻しかない。貧しい我々は、低価格で美味しそうなつまみを頼む。どうやら刺身が美味しそうではあるが・・・。






げそ揚げが到着。丁寧に揚げられたイカはちょうど良い揚げ具合。もう少しほしいところではある。イカのぬた焼。しっかりとしたイカがでて来た。こうなると日本酒。どうやら会津ほまれらしいが・・・。





鮪ぬた・お新香とさっぱり目のつまみを頼む。価格はやや高いが、質は良い物を準備しているようである。しかし、客が少ないせいか、店内に全く目が届いていない。オーダーを依頼するのが大変。このあたりが客離れの原因かもしれない。まあ二人で4800円ほどよい料金でした。




[PR]
by tatuko00 | 2011-03-21 06:42 | 飲み屋 | Comments(0)

みのかんにふられ、「中華屋・沁心苑」





ぷらぷら国道沿いを東神奈川に歩いて行くと、中華料理店が営業中。生ビール15時~280円の掲示。フラフラとつられて入店。つまみも豊富。その中から腸詰めを選ぶ。野菜にのせられたチョウ詰めか、薄く切られて提供された。







計画停電の時期、テレビでは大規模停電の危険を促している。当然店は誰も客がいない。この小規模な店舗も、甚大な損失が生じているらしい。腸詰めは、ただ切っただけの物。冷たい。まあ冷たい麦酒を飲んでいるのだから同じか。






生ビールは、小振りなジョッキ。多少寂しいが280円と思えば我慢も出来る。調度2杯でよい量のつまみ。追加を我慢し、帰路が沁杯なので店を出る。




[PR]
by tatuko00 | 2011-03-19 10:56 | 中華 | Comments(0)

久しぶりに東華神奈川「みのかん」へとうかがえば







非常に庶民的な呑み屋(料理店)。朝から呑めるのもうれしい店。閉店も速いので、明るいうちに行ってみようと思い、神奈川宿を経由し、梅を見ながら向かえば、暖簾がででいない。
扉が閉まっている。貼られている紙を見れば、「交通事故で怪我のためしばらくの間休ませていただきます。」の案内。たいしたことが無ければよいが・・・。そういえば10年ほど来ていなかったのかもしれない。







みのかん

酎ハイ@市民酒場みのかん(横浜)
[PR]
by tatuko00 | 2011-03-19 10:11 | 飲み屋 | Comments(0)

幸手市の家庭料理の店「舞」






私たちの居住地、幸手市の飲食店めぐりも、ほほ終了しつつある。インターネットで検索してみると、家庭料理・季節の料理を提供する店として紹介されていた。「舞」。ランチもやっているというので、確認。入店してみる。








場所は、最近幸手に出来た「映画館」もあるショッピングセンターの隣接地。東武線沿いにあった。これでは今まで気がつくはずもない。住居のような店舗、店頭にも数種の美味しそうな定食メニユーが出される。







店内は、カウンター式の厨房。上がり框が、2方向に配置されている。奥の方の上がり框に案内される。意外とさっぱりした雰囲気。年配の女性が2人で切り盛りしている。意外と客が多いが、てきぱきと切り盛りし、難を得ないでいる。





ランチメニューをみると揚げ物が多い。妻は「和風(おろし)とんかつ」、私は「きんき開き焼定食」。価格は880円・980円と意外とランチとしては高い。しかし、出された料理は、小鉢もつく丁寧な定食。なかなか美味しそうである。





とんかつは脂身も少なく、大根おろしと大葉が味を高めているようである。小鉢のカボチャも十分な量。漬けものも二種盛られている。ご飯は、おかわりできる物か解らない(している人もいなく、表示もない)が、多少量は少ないが、炊き具合・質も良い。






少し遅れて出された「キンキ」はなかな大型の物。食べ応えがあった。薄塩なので魚の味が自由分認識できる物。鮮度も良い。身をほぐして食べれば、なかなかの量。油ののり具合も良い。十分お腹が満ちました。最後に、珈琲がサービスで出されるもありがたい。






[PR]
by tatuko00 | 2011-03-19 06:35 | 和食 | Comments(0)

最近はまっているランチ鮨。伊勢佐木町「つかさ鮨」





今日は連れが居たので、ランチ鮨を奮発。1500円コースとする。やはりつかさ鮨のランチはお任せ。「にぎり」「海鮮丼」がありがたい。にぎりは本当に久しぶり、できあがるまで楽しみに待つ。長い皿に盛られたにぎり1、海鮮丼2を頼む。2人の職人が、客への提供にあわせるように、分担。見事に同時に提供ようされた。





まずはにぎり、①中トロ②赤身③イカ④ボイルエビ⑤ハマチ⑥赤貝⑦牡丹海老⑧コハダ⑨数の子⑩いくら(軍艦)⑪玉子のラインナップ。相変わらず見事な鮨。にぎり具合もちょうど良い。鮮度・ネタの具合も問題ない。




最もすばらしいのは、赤貝。見事が鮮度美味しい。コハダのしめ具合もちょうど良い。鮪はねっとりとした赤身。中トロは大トロ級。見事な物。連れの女性は13種の海鮮丼を注文。ウニがだめだと言えば、丁寧に応じてくれた。




久しぶりの「つかさ鮨(お任せ)」を堪能し多気持ちになりました。



[PR]
by tatuko00 | 2011-03-16 21:12 | すし | Comments(0)

平成22年度 野毛ラリーの最後はやはり「椿」




やはり、野毛手形・ラリーは私の場合「椿」になる。村田家に居たのだから、駅から離れていくのに向かってしまう。たぶん、私にとって「椿」はそのような位置づけになっているのかもしれない。品の良いご主人が丁寧に応対してくれる店。特にそれ以外無いのだが、お気に入りの店である。






まず、その要素は、10回程度おとづれているが、一度たりとも同じお通し(ラリーでの1品)が無いこと。いつも美味しい一品を提供してくれる。ありがたい事である。つぎに、手形で行ってもいやな顔を一切せず対応してくれる事である。




店は、カウンターと数席、8人程度座れる上がり框があるだけ、いつもカウンターに常連の方が数名いるのが常である。今日は3人程度の常連の方が楽しそうにくつろいでいた。いつものように「手形ですが」と言うと、どうぞとカウンターを明けてくれた。




ビールはすでに呑んでいるので、日本酒を頼む。しばし待てば、湯煎で暖められた日本酒が出される。いつもながらおい温度。味わっていれば、なんと「ミニお作り」。刺身が丁寧に盛られていた。それも十分な量。質。




鮮度も良く美味しい。私の好きなイカを中心に、中トロの部位までふんだん入っている。大切に頂かせてもらう。美味しい。日本酒との相性は抜群。最終章、非常に良い終演でした。




[PR]
by tatuko00 | 2011-03-14 22:17 | 飲み屋 | Comments(0)