<   2012年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

前橋寿司事情。住宅内に立つ「朝日寿し」。







大通りの看板に惹かれ細い道に入るその後案内が無いので住宅街を回遊。意外(失礼)と立派な店舗が出現。営業中の看板。ランチメニューも出されている。入店。13時程度だからであろうかすいている。カウンターが空いていたのでそこに座る。





家族経営だろうか親父と息子さんらしい人がカウンター内の調理場にでてきた。サービスも奥さんらしい。丁度法事の客がいる野だろうか、中の厨房は忙しそうである。時折喪服姿の人が出入りする。メニューを見れば「上寿司」「ランチ握り」共に1050円と同額。差異を確認すべく聞けば、巻物4付く
のが「上寿司」、その分握りとなるのが「ランチにぎり」らしい。





巻物も興味があるので「上寿司」とする。なにやら、サラダ・水菓子も付くらしい。価格的には良心的。ネタを想定しようにも、カウンターのケースはネタは入っていない。冷蔵庫から出すらしい。私の注文を若旦那が作り始めた。どうやらゲタにのせるらしい。






最初に、サラダが出された。非常にオーソドックスな寿し(通常の並寿司)が出された。いくらの軍艦があるからこのあたりでは「上寿司」なのかもしれない。①②赤身③鯛④ボイルエビ⑤ハマチ⑥玉子⑦いくら「軍艦」⑧鉄火巻き(6)。しゃりはやや暖かめ、やや柔らかいのが残念。残念ながら特記すべきネタは無い。








味噌汁は、小さなアサリが入った物。だしが貝からでておりおいしい。水菓子は写真では「メロン」。出された物は「パイナップル」。サラダも工夫をしている様子。しかし、それらはいらないので寿しにコストを入れてほしい。構えに対して多少残念な店でした。






[PR]
by tatuko00 | 2012-06-30 07:09 | すし | Comments(0)

朝飯シリーズ「山田うどん」。朝カレーセット290円。前橋小島田町店。






やはり朝食が300円以下で食べられる野はうれしい。250円が玉子かけご飯。①ご飯②うどん③たまご何か物足りなそうなので、面白そうな「朝カレーセット290円」を頼む。しかし、メニューをよく見れば定食タイプには、漬け物も付くらしい。すべての写真に漬け物が映し出されていない。私のよう
な勘違いをする叔父さんは居ると思うが。







9時前だからであろうか、客はいない。うどんと蕎麦を選べるが、ここは山田うどん。うどんとする。しかし丁寧に作るのだろうか、10分程度してから出された。最初に言われたが、カレーもうどんも小。本当に小さい。改めで定食にしなかったことを悔やむ。






カレーの風味は良い。どうしてこの香りは食欲を増進するのであろう。うどんも小さめではあるが50円プラスすると普通の大きさにできるらしい。玉子ご飯を300円にすればなかなかのボリュームかもしれない。







カレーは食べてみれば、なかなかおいしいカレー。侮ってはいけない。具こそ無いカレーだがおいしい。朝にはこの程度が特によいのかもしれない。朝用になっているのかもしれない?うどんも十分な量のわかめがのせられているのがうれしい。つゆは多少淡泊。もう少しだしが利いているとありがたい。お腹が満たされました。






[PR]
by tatuko00 | 2012-06-29 04:59 | 朝食 | Comments(0)

渋谷で大盛り定食を出す店、その名も「上海食堂」。





ビールを飲みたい時が多々ある。居酒屋に入るほどではない。ましてランチ時。そういう場合には、料理店も便利。渋谷で見つけたのが「上海食堂」。路地にあるからこのサービスなのであろうか、500円の定食が並ぶ。まして「ビール475cc・250円」の表示。おなかはさほどすいていないが、飲み屋で変な突き出しょ出されるよりは良い。





中に入れば、面白いカウンターの1階席。牛丼屋を彷彿とする感じ。店頭では点心等が作れるようなスペースもある。土産として販売もしているらしい。そこに一階を守る女性一人。てきぱきと応対をする。15時近くであるが、1階は満員(12人程度)。2階にも客席があるらしい。2階の料理も1階のダムウェーターで落とされてきているので厨房は3階以上にあるのもしれない。






ビール250円を確認して頼む。つまみとなる定食は、ご飯はいらないので「特製五目焼きそば」にする。ビールだけだと寂しいが、机の上に「カクテキ」がある。取り皿はないので、箸でつまみながら食べて見る。おいしい。これは十分につまみとなる。これだけでビール1杯は終了。料理を待つ。






価格的にも低いので、適度な量と思えば、出された物は大変な量。大きめの皿に山盛りの焼きそば。まずビックリする。野菜も大量。肉も立派な物が入っている。彩り・てりも立派な中華料理(失礼、想像していたよりもすばらしい料理、感動)。





次に困惑したのは、蕎麦の太さ。これも特製の所以かもしれない。かなり太目の麺。中華麺と言うよりは細うどん?といった感じ。しかしなにかあう、おいしい。つまみはカクテキ処ではない。どうにか焼きそばを食べる工夫を模索する。






そうだビールで食を進めよう。このような馬鹿な発想が傷手。2杯目を注文する。余計お腹がふくらむ。頑張ってみたがやはり完食は断念。多少残させてもらった。これで、1000円で終了。これはお得感満載である。やはり隠れた名店?は裏路地にあった。






[PR]
by tatuko00 | 2012-06-28 10:09 | 中華 | Comments(0)

杉戸(東武動物公園)の国道沿いに「海鮮料理・まつ」



以前から海鮮と言う文字が気になっていた店。国道沿いに建つ住宅のような建物。今日は近くに用事があったので入店。ランチを確かめてみた。まずは私が食べた「日替わり定食700円」をご紹介。今日のメニューは「魚の野菜あんかけ」となっていた。望むところ。




平日、13時近くだったが、混んでいる。昼は1階の営業らしい。上がりがまち4席(16)、椅子2席(10)、カウンター席(5)程度の規模で営業しているらしい。ご夫妻らしい方と同年配の女性が働いている。上がりがまちの席にあがりのんびりする。



海鮮と言うのであるから「寿司」と思うが、メニューには2630円。ここは「海鮮丼」で我慢するしかない。妻が海鮮丼を頼む。さほど待たず、登場。中ぐらいの丼状の容器に入れられて出される。付け合わせは、「味噌汁」「香の物」「小鉢」がつく。面白いのは、香の物が定食と違う。キュウリの浅漬けである。味噌汁が通常の味噌汁であるのが何か残念。






さて、ネタは、①赤身②しめさば③帆立④トビッコ⑤縁側⑥マダイ⑦鰺⑧たこ⑨甘エビ⑩玉子⑪ハマチ⑫煮椎茸が入っていた。食べた野は妻だが、多少つまみ食いをさせてもらった。やはり寿司を扱う店。しゃりは酢飯である。刻み海苔が丁寧にのせられていた。しゃりの炊き具合、酢の具合は丁度良い。握りも期待できるかもしれない。




まあ、考え方を帰れば「ちらし寿司」と言った方が良いかもしれない。そういえば、この曖昧な違い定義の差はあるのだろうか。たね(これも私は寿司に関してはネタと言う物だと思っていたが)は、いずれも鮮度・味も良かったようで妻は満足していた。なかなか良い店を発見したのかもしれない。





杉戸(東武動物公園)の国道沿いに「海鮮料理・まつき」
[PR]
by tatuko00 | 2012-06-27 06:00 | すし | Comments(0)

渋谷で「牛カルビ丼280円」、ひの家を発見。空腹も手伝い入店。



最近の丼屋は価格戦争がとまらない。特に新しく参入している「チカラめし」なども検討している。私も卑しい体質なので、300円以下の丼・定食にはどうも目が向かってしまう。最低価格が「牛カルビ丼280円」、そのほかはトッピングの違いによる物のようである。





写真で紹介されている丼はなかなかおいしそう。入り口で食券を購入し入店。窓際に小さなカウンター席があるが、そこは敬遠。椅子席に座らせてもらう。食券を渡せば、二分程度で提供される。「直火焼き」と言うが、すぐに焼くのかもしれない。





出された物はとんぶりのみ。同然かもしれない。写真では、ご飯一杯に肉がのっているが、ご飯が1/4程度見えている。しかし、これは盛りつけの雑さにもあるようだ。重なっている部分が多々ある。丁寧に盛りつければ、もっと印象が良いのに残念だ。青葱がふんだんにのせられているはありがたい。



味噌汁を70円出して追加するのはもったいない。一緒に出された薄目の冷茶で我慢する。落ち着いてテーブルを見ると、器がある。中を見ればなんと「壺漬け」。油が強いカルビにはありがたい。丼の上にとりあわせて食べて見る。意外とあう。なかなか壺漬けもあう。
意外とご飯も多いし、炊き具合も良い。これからが楽しみな店かもしれない。




[PR]
by tatuko00 | 2012-06-26 04:47 | 和食 | Comments(2)

杉戸(東武動物公園)の国道沿いに「海鮮料理・まつき」



以前から海鮮と言う文字が気になっていた店。国道沿いに建つ住宅のような建物。今日は近くに用事があったので入店。ランチを確かめてみた。まずは私が食べた「日替わり定食700円」をご紹介。今日のメニューは「魚の野菜あんかけ」となっていた。望むところ。






平日、13時近くだったが、混んでいる。昼は1階の営業らしい。上がりがまち4席(16)、椅子2席(10)、カウンター席(5)程度の規模で営業しているらしい。ご夫妻らしい方と同年配の女性が働いている。上がりがまちの席にあがりのんびりする。





熱いほうじ茶が出される。なかなかおいしい。注文が決まれば呼んでほしいと言うので、呼ぶと食後に飲み物が付くという。①オレンジジュース②ほうじ茶③アイスコーヒーだというのでアイスコーヒーとする。調理室はカウンターの奥、作業がやや見える。注文にてきぱきとあわせている。手際はなかなか良い。





トレーにのせられ定食が登場。なかなかボリュームがある。鯖の竜田揚げにたっぷりのあんがかけられた物。なかなかおいしそう。ご飯味噌汁に加えて、小鉢(鶏皮と野菜の煮物)、香の物(キュウリ・しば漬け)が付く。りっばなもの。食欲を促す。




あんかけをご飯にかけてもなかなかおいしい。それくらい優しい味に仕上げられている。鯖は揚げたて、まだぱりぱり感がある。皮をむいてあげているようでさっぱりしている。ご飯は炊き具合も良くおいしい。量は女性サイズ。後から来た男性グーループが大盛りを頼んでいたが、丼にご飯が入れられていた。





海鮮割烹を名乗るだけあって、味噌汁もきちんとだしから取っているようでおいしい。ランチは樋川の程度で、あとは定番メニュー。なんと握りは2630円。ちょっと手が出ない価格帯でした。別な客が唐揚げ(鶏)定食を頼んでいたが、すごいボリュームであった。なかなか楽しみな店かもしれない。




[PR]
by tatuko00 | 2012-06-25 10:39 | 和食 | Comments(0)

新宿で寿司屋探し。西新宿を捜せば「白金寿司」。900円握りランチがありました。



新宿の高層ビル街の外れ。小規模なビルが数棟建っている。その1階に寿司屋を発見。さすが平日ランチメニューが出されていました。握り・ちらしに加えて鰺たたき丼、定食・丼が準備されているのはこのあたりのサラリーマンを意識しているのかもしれない。900円以上とやや高いが、このあたりの相場この程度なのかもしれない。






当然、「にぎり並」を頼む。カウンターが入り口にあり、その奥に椅子・座敷が10数席あるようである。カウンターでは親子らしい2人の職人が手際よく仕事をしていた。客あしらいも良い。気持ちの良い印象。私の注文を受けてすぐに作り出すが、カウンターでも桶に入れられて提供されるようである。






まずは奥さんらしい人が「茶碗蒸し」を運んできた。ややぬるい。ランチ時作り置きするのかもしれない。しかし、そこは寿司屋。おいしい茶碗蒸しである。料理の出来具合で、奥に職人が指示を出す。当然椀物(わかめと豆腐の味噌汁?)と同時に寿司も提供される。このタイミングはすばらしい。




出された桶には、非常にオーソドックスなにぎり寿司。久々の懐かしさすら感じるにぎり寿司。にぎり7貫(①やや中トロ②赤身③ビンチョウ④たこ⑤ボイルエビ⑥穴子⑦玉子)+巻物(①カッパ②タクワン③しそ各2)。残念なのは、巻物は作り置きらしい。海苔が完全にしめっていた。






鮪は、解凍されてからあまり時間がたっていないようだ。やや水っぽい。残念ながらほかのネタもほぼ同様な品質。もう一つ残念なのは、しゃりがいまいち。ばらばらしている。にぎり具合は、S・M・Lと選べるらしいが、M(普通)にしておいた。多少残念な店だった。












[PR]
by tatuko00 | 2012-06-22 08:12 | すし | Comments(0)

西新宿にランチがおいしい店を見つけました。「美家古鮨」。





最近新宿界隈でもランチを提供してくれる寿司屋で入店していない店も少なくなってきた。時々インターネットから捜してみる。副都心・歌舞伎町・新宿三丁目あたりまでは、舌に記憶がある店。そういえば、新しい店も少ない。時間を費やし、数店舗(平日営業)を見つけた。これというのも平日新宿で仕事をする事が多くなったことの恩恵かもしれない。




5丁目というので、ある程度の目安の地図を見ながら捜す。大通りから少し外れた処に看板を発見。
列を作っていると思えば隣接の中華料理店。安心する。入り口には簡単なメニュー。ランチでは「握り」と「ちらし」、×1.5のみ。価格も1000円・1500円と実にわかりやすい。




店は、カウンター中心のコンパクトな店。親方(そう呼ばせてもらいたい雰囲気の職人)が手際よく動いている。昼を少し回っていたのでカウンターには3人の客。一人は、1人前、2人ずれは1.5を食べていた。1.5は後から6貫ほど追加されるもよう。なかなかのボリュームである。




奥さんらしい女性がサービスを担う。お茶とおしぼりを出してくれる。ランチでも冷たいおしぼりはありがたい。本日は台風後の猛暑日。おいしい物に巡り会いたい(そのような予感)。そんなときでもおいしい緑茶はおいしい。それもこの落ち着くお店の雰囲気かもしれない。




カウンター内では親方がいつの間にか私の寿司を作っていた。小さなお盆(ゲタ)に端正にのせられた寿司が登場。握り8貫(①イカ②ボイルエビ③しめさば④⑤赤身⑥たこ⑦帆立⑧穴子)に太巻き(鉄火)2個が付く。握り自体は小さめの握りではあるが、やや柵が長めなのであろうか、ネタは大きい。赤
身・たこには醤油を塗って出す江戸前スタイル。これがおいしかった。




いずれも、鮮度は丁度良い状態。厚味のあるネタ。しゃりとの相性が良い。しゃりの仕上がりも丁度良い酢の具合。当然炊き具合も良い。私の好きな光り物は「しめさば」。これまたおいしい物だった。太巻きもたっぷりと中トロ級の鮪がはいた物。海苔・きゅりとのコラボがおいしかった。




味噌汁は「青さ」の味噌汁。作りたてを出しているようでもみそとだしの香りが感じられる。ランチでこれだけのものを出してくれるのはありがたい。今度は是非1.5にチャレンジしてみたい。古の雰囲気を感じる店舗。親方とのバランスも丁度良い店でした。ごちそうさま。




[PR]
by tatuko00 | 2012-06-21 07:08 | すし | Comments(0)

赤羽で新しい居酒屋にチャレンジ。焼き鳥とビール920円。「勘九郎」



赤羽は東口の再開発も進むが、小さく分割された商店街が軒をそろえるようにある。最近、ふたらしい店ができてきている。以前からあるおでんやまでが、居酒屋ロードの様になってきた。しかし、そんな雰囲気が似合う場所である。






若い人々が、応対する。セットも好きなようで「サクのみセット1000円」「飲み放題セット2600円」で出される。ウィークエンドをのぞいては、2000円で飲み放題が可能にもなるらしい。これは断然お得。今日は、串物(鶏・豚)が80円/本。鶏は、つくね・生肉。豚は、バラ肉・頭。を頼む。


しばらく、ビールを飲みながら待つ。そういえば、お通しなどという面倒な物も無いらしい。これはうれしい。そうすればビール2杯に焼き鶏でも1000円いないで可能である。メニューを見ていると「辛し味噌」を希望する場合は、申し出てくださいと書かれている。たれで頼んでしまっているが、大

丈夫かと聞けば、快く受けてくれた。






やはり、辛し味噌があれば「塩」にしておくべきだった。頭はボリュームがあるが、そのほかはどうも肉薄。やや寂しい焼き串。しかし、焼き具合。味はまずまずでした。これがサービスといえど80円。うれしいことである。ビールをもう一杯頼み、焼き鳥を楽しんで終了。ごちそうさまでした。






[PR]
by tatuko00 | 2012-06-19 07:27 | 飲み屋 | Comments(0)

また時間が無く「魚がし日本一」で立ち食いランチ。





どうしても床屋に行きたい。15時近くなのにまだ昼を食べていない。こんな時新宿で利用するのは、牛丼店or寿司屋。魚がし日本一の前を見ればまだランチメニューが出されていた。早く食べたいので最も簡単なコース「スペシャル握りセット580円」を頼む。このチェーン店の面白いのは、店舗に酔ってサービスが異なること。私の記憶では西新宿が最も良い。






すぐに、カウンターに笹の葉が準備つれる。職人の指示で、味噌汁とお茶がでる。今日は、青さの味噌汁。香りがよい。お茶もおいしい物が提供される。まずは3貫、①イカ②サーモン③赤身(鮪)。イカは鮮度も良い。おいしい。赤身も粘りがある。今日のネタはなかなか良い。





続いて3貫、④青柳⑤エビ⑥コハダ。なんとコハダ(私の大好物)も入った。握りは、職人次第で変化するのがこの店。今日はあたりのようである。コハダはしめ具合も良い。おいしい。最後は、⑦玉子⑧小柱「軍艦」。小柱も旬であろうか腰がある。



最後は職人が、私の食べ具合を見ながら、鉄火の巻物を出してくれた。当然すぐに食べる。海苔の具合もぱりぱりしていておいしい。この価格でこれだけ、ましてスピーディーに出されるのであればありがたい。お腹も満たされました。




[PR]
by tatuko00 | 2012-06-18 07:27 | すし | Comments(0)