<   2012年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

今回はヨーロッパのツアーに参加。まずは機内食。夕食。

b0142232_134258100.jpg
 


到着4時間まえ程度に「おにぎり」と「パウンドケーキ」のサービス。お茶・お酒等もサービスされてので、これで終わりかと思っていれば、到着1時間程度前、なんと再びおしぼり。まさかと思っていれば夕食
らしい。現地時間では12時頃、時差ぼけの調整には良いのかもしれない。

b0142232_13434483.jpg



今度は「魚」と「肉」。また2種類を選択。比較してみた。妻が「魚(サーモン)」、私が「フランクフルト(ソーセージ)」の料理にする。朝食同様、①パン②デザート(パイ)がつく。見た目は妻の料理の方が、美味しそう。しかし、きんぴらなどもついているので、日本人を意識しているのであろう。

b0142232_13462920.jpg


 そういえば、箸がついていたので助かった。料理の下はご飯。やや味付けがされていたのであろうか。錦糸卵、グリンビース、にんじん、椎茸。インゲンなども付き彩りもよい。これだけの物がよく500人程度分準備できる物である。またそつなくサービスすれるものである。

b0142232_13472050.jpg


 フランクフルトがポテトの上にどんと置かれた料理。なかなか豪快。これはさすがにルフトハンザ(ドイツ)を意識させてくれる。味もなかなか美味しい。赤ワインをいただき、のんびり食べる。しかし、いずれにしても言えるのはぱさぱさのパン。バターをつけてもあまり変化はない。朝との違いは形状なのかもしれない。

b0142232_13481490.jpg


 バイのデザートはなかなか、丁度良い暖かさになっている。クリームのようなもののかけられアクセントが出されていた。しかし、いつも思うが運動量の割りには、かなりの量。おなかが一層出てしまった。

b0142232_1349169.jpg


 こんな海外でインターネットをしているのは、早朝のドイツの「ルードヴィヒスハーゲン」。早朝。窓をみれば、曇っている。雪が降っている。これから寒くなりそう。
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-29 13:48 | その他 | Comments(0)

機内は、まだアルコール類が無料サービス。

互いにお酒を楽しむ夫婦の機内の楽しみは、様々な飲料。

b0142232_1394150.jpg


まずは、①スパークリングワイン。簡単なつまみ(スナック)と共に出される。辛口さっぱりしている。高度に関係なく、ほどよい泡立ちをして居た。

b0142232_13104770.jpg


ドイツビール。350cc弱のビールであろうか、あけてから出される。当然、お土産防止の策もあるのかもしれない。これが個性的なビール。私にはあわなかった。妻はお気に入り。

b0142232_13115315.jpg


続いて「赤ワイン」。どういう訳か2杯提供される。言葉を話せない、つらさを感じて、快くいただいた。美味しい。2杯に、おかわりもしてしまう。こりあたりで、だいぶ酔いが回ってきた。

b0142232_13125271.jpg


ウィスキーも勧められたられたのでいただく、2種あったので2種類試してみたかったが、やはり言葉かつうじつ、同じものが出された。
往路はこのくらい十分にいただいてしまった。

b0142232_13135750.jpg


最近では当たり前なのだろうが、座席ごとについている映像システムは便利である。
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-29 13:15 | その他 | Comments(0)

今回はヨーロッパのツアーに参加。まずは機内食。

b0142232_12451851.jpg


b0142232_12461835.jpg


 今回はドイツ・スイス・フランスの旅。航空会社はルフトハンザ。何せ、11時間の旅。途中2度の食事が出される。成田を10時25分発の便。ツアー客ばかりでしないが、私が当然利用するエコノミークラスは、満席。運が良く妻の隣が開いている。

b0142232_12472181.jpg


b0142232_12475758.jpg


 気流が乱れていたので、朝食は、2時間程度経過してから。その間機内の映像システムの不具合で音楽・映画等も移らない。退屈。やっとおしぼりが配られ、飲み物が勧められた。私は当然「ドイツビール」。妻は「スパークリングワイン」。日本人アテンダントも乗っていると言うが、私の方はドイツ人らしい乗務員。飲み物だけでも何度も聞き返される。

b0142232_1249135.jpg


b0142232_12495213.jpg


 どうにかいただいたビール。あっさりしている。妻のワインを飲めばこちらの方が良い。交換。しばらくして美味しそうな臭い。朝食である。基本は①サラダ②巻き寿司③パン④デザートがついた物。これに⑤「チキン」と「牛」の選択ができる。当然2種頼んでみる。


b0142232_12503324.jpg


b0142232_12511490.jpg


b0142232_1252980.jpg



 「ギュー」は、ご飯にのせられた物。なかなか美味しい。妻のチキンは、胸肉のよう。バサパサしていてまずいというのが印象。確かにそうであった。しかし、朝食というのにはなかなかボリュームがある。これからたいした運動もしないのに食べる生活が始まる。
 まずは、何年ぶりであろうか機内食を食べて、国外へ出ることの認識を味わった。

b0142232_12531453.jpg


b0142232_12535642.jpg


b0142232_12545268.jpg


b0142232_12553296.jpg

[PR]
by tatuko00 | 2012-10-29 12:55 | その他 | Comments(0)

パレスサイドビルは叔父さんに優しい②。地下商店街「ちょい飲みセット」。竹はし1000円。








 最近は竹橋方面での仕事も入る。本来はとんかつやらしい店舗、屋号はその名も「竹はし」。そのままである。うれしいことに20時まで「ビールセツト」がある。つまみも明言。①牡蠣フライ2②茄子の生姜焼き③枝豆。なにかフルセット。期待が持てる。





 店内は、コンパクトにまとまっている。壮年の家族経営、息子さんらしい男性も厨房で働いてている。特記すべきは、女将らしい女性。年の頃は70前後(間違っていたら失礼)。着物を着て、香水を漂わす、粋な方。時々言葉を交わしながらサービスに余念がない。こういう方々が維持しているのであろう。





 すぐにビールが提供される。グラスのようなコップであるが、容量は十分に「生中」規模。丁度樽も交換したばかり、何か新鮮感もある。次に出されたのは、つまみ。セットに3品がまとめられている。おしゃれ。彩り、量も十分。圧巻は、「牡蠣フライ」、大きい。食べて見ればジューシー、味が濃い。



 さすが揚げ物や。仕上げ具合は良い。枝豆も冷凍ではない。茄子はできたての物に生姜醤油があえられている。いずれも私の好きな物。うれしい。ビールは単価500円。際だって格安という訳ではないが、店全体の雰囲気とあわせても何かお得感を感じる物。特に牡蠣フライは絶品。やはり叔父さんに優しい場所である。









パレスサイドビルは叔父さんに優しい①。地下商店街「ちょい飲みセット」。百人亭1680円。

竹橋は叔父さんに優しい。久々に学士会館に入れば「晩酌酒肴(ばんしゃくしゅこう)」、二色。

散策 「東京中心部南 59」   パレスサイドビル 地下飲食店街
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-27 06:06 | とんかつ | Comments(0)

大宮で仕事、多少時間がない。こういう時は回転寿司。「すし松」。







 意外と悪くない「すし松」。松屋の寿司屋バージョン。大宮の場合。2階にかつ屋まで展開している。1階は客席20席強の回転寿司。新鮮なネタ・シャリに気を遣う。なかなかの店である。ほとんどが100円/皿であることもありがたい。





 今日は、三昧シリーズに目がいった。まずは「光り物5貫」を頼む。どうも秋刀魚の入荷がないらしく(でも今は旬)。味が2貫になると言うが了承。いただく事にする。①しめさば②コハダ③④鰺⑤太刀魚のラインナップ。なかなかおいしそう。





 ネタは光り物の場合、善し悪しがすぐ解る。今は光り物の旬。確かめてみた。おいしい。特に、「鯖」「コハダ」は十分な物でした。鰺も肉厚。生姜との相性もなかなかおいしい物でした。太刀魚は、脂も丁度良い具合。つけ醤油にも脂がみられました。






 次に「貝三昧」。①ツブ貝②赤貝③帆立がのった三貫。なかなかおいしい。多少ネタが小さいがやむをえないのかもしれない。鮮度は良好。おいしく抱きました。すし松は、ガリもなかなかおいしい。お茶もそこそこ。価格もこれで650円程度十分である。












大宮ずし松。ワンコインランチ。

松屋は最近寿司もやっている「松寿司(大宮店)」

大井町シリーズ寿司 なんと500円ランチ寿司 「寿司丸」

吉祥寺におしゃれな?回転寿司「すし松」


すし松・・、調べてみれば松屋(牛丼)の回転寿司バージョン



どうも忙しく簡単に昼食「カツ丼」。とんかつ「松八・大宮店」
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-26 06:03 | すし | Comments(0)

パレスサイドビルは叔父さんに優しい①。地下商店街「ちょい飲みセット」。百人亭1680円。





この店では「よりみちセット」と言うらしい。1680円。これは高いと感じるか、安いと感じるかは体験した人の気持ち。私は安いと判断。うれしいのは「大ジョッキ」。①枝豆②冷や奴③牛タン④まぐろやまかけ⑤お通しが付いている。







 最初は躊躇したのだが、久しぶりにパレスサイドビルに来たのだから、ご祝儀と思い入店、時は17時まだ早い、店内には2組のサラリーマン。こういう時間でサラリーマンが入っているので期待できる。一組は明らかにセツトから頼んでいる。大きなジョッキを確認。





 座ってもオーダーに来ないので厨房(奥)の方に行き、促す。どうも開店間際、まだ体勢が取れていない様である。「よりみちセット」と告げ一安心。まずは、お通し。大根の味噌和え。後でお通し大をとられるよりうれしい。これならば納得。





 すぐに大きなジョッキが運ばれてきた。久しぶり、大きさに満足。どうやらこの期間「ハイボールフェア」をしているらしく、420円が280円。お好きな方には良いかもしれない。ハイボールにも大ジョッキがあるらしい。まずはビールを堪能する。





 続いて、③牛タン(できたてなかなかおいしいそう、いやおいしかった)。②冷や奴も出された。これはそれなりの物。次に①枝豆、最後に④まぐろやまかけが運ばれてくる。この店はどうやら牛タン専門店。さすがに牛タンはおいしかった。薄いが丁度良い味付け。堅さが丁度良い。







 山かけもなかなかのもの。十分なトロロが出されている。確認すれば鮪の量も十分。全てそろうとちょっとしたコース。何か見ているだけで十分である。のんびり飲んでも「大ジョッキ」。1時間弱のちょい飲みと成りました。







竹橋は叔父さんに優しい。久々に学士会館に入れば「晩酌酒肴(ばんしゃくしゅこう)」、二色

散策 「東京中心部南 59」   パレスサイドビル 地下飲食店街
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-26 05:28 | 飲み屋 | Comments(0)

竹橋は叔父さんに優しい。久々に学士会館に入れば「晩酌酒肴(ばんしゃくしゅこう)」、二色。








 寿司割烹が学士会館内にあった。メニューをみれば、500円。時間は17時30分から19時の1時間30分と限定されているが、おつまみも3品。これで500円。お通しを取られても我慢できると判断し入店。入り口は敷居が高い。優しい黒服が迎えてくれた。










 小心者の叔父さんは「晩酌酒肴だけでも良いか」と確認。快く受け入れてくれた。当然一人なのでカウンターに案内される。カウンター幅も広い落ち着く場所。いつかこのような席で「お任せ」を食べて見たい物である。








熱いおしぼりが提供。しっかりとしている。良店はおしぼりもしまっている(私の持論)。ビールは細めのグラスで提供。やや量は少ないが、少他店でアルコールを入れているので、十分。つまみは、①鴨肉②蟹つめのフライ(揚げたて)③枝豆の3種。おしゃれに盛りつけられている。









 落ち着く雰囲気でしばし、晩酌。癖になりそうである。晩酌セットの場合、おかわりビールは300円。もう少し飲みたいが、これから宴会。我慢をした。その後、改修後入ったことがなかった、関内を少し散策、次へ向かった。



















散策 「東京中心部南 59」   パレスサイドビル 地下飲食店街
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-25 09:01 | すし | Comments(0)

今日は、七福神を目指し、鶴川(小田急線)。駅前に「銀蔵」を発見。





 銀蔵は最近駅前を中心に展開が早い。あまり飲食店がない鶴川に、寿司屋を発見。確認すれば「銀蔵」。ランチのメニューは他店と変わらないが、駅近くを物色しても寿司屋らしい物は無い。お腹を満たすべく入店。店は2階にあるらしい、階段を上がる。





 他店にもあったかな、「日替わり定食」。今日は鳥の唐揚げらしい。何も寿司屋で鶏の唐揚げを出さなくても良いであろうが?「ご飯」「味噌汁」おかわり自由はありがたいサービスかもしれない。昼ではあるが、「特選握りコース3000円」なるものもある。寿司以外にいろいろ付くようであるが・・、寿司で勝負してほしい物だ。






 当然、最低価格の「さくら握り780円」をお願いする。出された寿司は大きな皿にのっているが、どういう訳か片寄っている。盛りつけにはあまり気をつかわないらしい。握り7貫+軍艦1貫のセツト。昼食には十分である。これに茶碗蒸し、味噌汁付くのだから十分。







 握りは①鮪②ハマチ③サーモン④イカ⑤玉子⑥ボイル蝦⑦ヒラメ(白身魚)+⑧いくら「軍艦」お腹かは十分に満たされる物。際だったネタは特に無い。イカがおいしかったかな。もう少しネタを吟味してくれれば良い野だな・・・、と言うのが毎回の感想である。しかし、管理はしっかりしているのであろう、どの店も外れは無い。







 味噌汁は、甘エビの頭が入った物。やや香りがでている。薄味でおいしい。寿司の方はおかわりできるかどうか書いていないので、躊躇した。茶碗蒸しは電子レンジ仕上げかもしれない。ややみずみずしさが欠けていた。






さいたま新都心で途中下車「銀蔵」という寿司屋

南越谷ガード下「銀蔵」というチェーン店の寿司屋がああった。

赤羽に最近躍進している「銀蔵」という寿司屋ができた。
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-24 08:46 | すし | Comments(0)

魚がし日本一は立ち食い寿司と思っていれば、新宿(甲州街道)に寿司屋タイプ。ビルの2階。







 店名は「新宿南口店」と言うらしい。以前から場所は確認していたが、私がよく行く週末のランチタイムは営業していない。今日は珍しく平日。サラリーマンの人たちが吸い込まれていく。これは間違いない。後を追う。まずは喫煙の有無の確認。うれしい。当然一人なのでカウンターに案内される。



 望むところ。ランチメニューも豊富。当然握りかと思えば、580円の週間(期間限定)のメニューがある。今日は「深川風あさり丼」なぜかそられる。百円ましで茶碗ましも可能らしい。聞かれるがここは1本勝負。丼だけとする。





 廻りの客を見ればやはり、「丼」が多い。意外と大きな丼で食べている。期待が持てる。どうやら寿司カウンター外での作業。程なくサービスの女性が、味噌汁と共に運んできた。ちょっと残念なのは、「アサリの量」。写真の方が豪快に盛られていた。 





 しかし、おいしそう。食べて見れば「寿司米(酢飯)」。これが優しく作られたアサリの味とよく合う。玉子・野菜とよく合う。分量も十分。おいしくいただく事ができた。業態としてこういうタイプがあるのがありがたい。従業員等もてきぱきとして気持ちの良い店でした。





魚がし日本一 新宿南口店



西新宿魚がし日本一。時々利用する「夕暮れ晩酌セット」

また時間が無く「魚がし日本一」で立ち食いランチ。

新宿西口「魚がし日本一」。タイムサービス「夕暮れ晩酌セット」。

魚がし日本一・品川エキュート。アラカルト4皿

時間が無い場合重宝する新宿西口「魚がし日本一」

時々了する立ち食い寿司「魚がし日本一」。今日は晩酌セット。

珍しく夜に寿司屋へ「八重洲・魚がし日本一」

高田馬場に「魚がし日本一」が開業していた。
[PR]
by tatuko00 | 2012-10-23 07:29 | すし | Comments(0)

久しぶり山登りを六日町で行い。下山後の食事と思うが11時前後空いている店が無い。





 そういうときには、ショッピングセンターが役に立つ。大概10時開店。六日町にも大きなスーパーが駅前にある。ありました中に、イートインコーナー。ビールの文字がないので戸惑う。喉が渇いてていた。やはり下山祝い。





 しかししょうがない。無い場合、横のスーパーでビールを購入すべく、聞いた見た。なんとある。うれしい。生中を頼む。それも350円ありがたい。どうやらこのショッピングセンター「ララ」と言うらしい。食べ物は、面白い中華つけ麺があったのでそれにする。





 「冷やしざる中華」というネーミング。何か面白い。ざるに盛られた中華蕎麦に、天かすのような物と海苔がのせられている。これにつけだれ、どうも和風のようである。飲んだ後の締めに十分。激冷えのビールを楽しみながら、待つ。





 呼ばれたので取りに行く、写真通りのみのが出された。見た目はおいしそう。麺もその都度ゆでているらしくみずみずしい。天かすのような物はまさしく天かす。付け合わせの薬味は①葱②生姜③ごまがつく。





 つゆ自体は、和風(ざる蕎麦のつゆ)。これにごまが入るだけでかなり違う。なかなかサッパリしていておいしい。意外と天かすも中華蕎麦とあう。十分な下山祝いが完了。その後電車で飲むものを物色し、水上・高崎・大宮経由の各駅停車で帰宅する。












[PR]
by tatuko00 | 2012-10-22 07:12 | ラーメン | Comments(0)