<   2012年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

中華街おいしいランチの楽しみ方&お店散策(毎日文化センター)



毎日文化センター
 中華街おいしいランチの楽しみ方&お店散策 中華街を楽しむ・知る講座①
中華街一楽でまずはランチを体験。通常のランチメニューをシェアしてお一人1000円のランチを堪能しました。「日替わりメニュー」で提供しているメニューを一楽がアレンジし、料理4品・点心(焼売)2個を楽しみました。



 通常中華街のランチメニューは3~4人程度でシェアが可能。それぞれ3、4種のミニコースとなる。今回は5人。無理の利く一楽に、ボリュームを出してもらうために、一人1000円で依頼。多少多めの料理と、普段は日替わり・週替わりで提供してくれる定食を5人分としてアレンジしてもらいました。



 まずはおいしいお茶で体を温め、スープで胃の状態を整える。マスターに料理の説明もお願いしていただきながら2階席でのんびりと食べさせてもらう。今回はあまり中華街が詳しくないという方が多い。マスターの説明に興味を持っていただく。



 まずは「芝エビとブラックオリーブの炒め」。写真をこまめに撮らなかったので、印象の強い物は無いが、プリプリの海老に、もやし・アスパラ等を炒めた物。心地よい辛みが感じられた逸品。海老の甘味が加速していました。当然海老も大きめ、3尾/人程度あった。



 二番手は「鶏肉と茶樹茸の醤油炒め」。茶樹茸と言う聞き慣れない中国キノコ。茎も食べられるようで多くが入っていました。ゼンマイのような山菜も入り、食感に変化が出されていた。筍2種の食感、柔らかく仕上げられた鶏肉の仕上がり、甘辛の醤油味も丁度良い具合でした。



 三番手は「焼売」。一楽の焼売は、肉が主流。通常土産等で購入しても、100円/個程度のもの。これを2個/人出してもらえた。週替わりの定番定食780円だと焼売も付くが、このアレンジはありがたい。何もつけないで食べてもおいしい焼売である。


 四番手は「特製四川麻婆豆腐」。これはランチでは出されない逸品。マスターが今日の顔ぶれ(年配者が多い)をみて、一応確認。食べて見たいと言うので採択。出された麻婆豆腐は、山椒の香りが強い本格的な物。おいしい。香りと味両方で楽しむ事ができました。



 最終(5番手)は、「ぶりの上海風醤油煮込み」。大きめのぶりを片栗で揚げ、筍干し椎茸で十分に煮込まれた物。ぶりと椎茸の味がコラボ。非常に良い具合にまとめられた逸品。これは週替わりのランチにも組み込まれている物。私は一番気にいったものです。



 スープは、薄味の「鶏肉と野菜(白菜)仕立て」。ザーサイは一人一人に分けて出されました。本来ランチだとあまり行わない、取り分けもマスターがサービスで行い、取り皿も一品づつ提供してもらいました。こんなランチの注文もある物と思っています。いかがでしょうか。



1、芝エビとブラックオリーブの炒め
2、鶏肉と茶樹茸の醤油炒め
3、ぶりの上海風醤油煮込み
4、特製四川麻婆豆腐
5.特製焼売
ご飯
デザート
スープ


[PR]
by tatuko00 | 2012-12-31 00:33 | 中華 | Comments(0)

何ヶ月ぶりであろう「かっぱ寿司(杉戸店)」。






 回転寿司を嫌うようになってからしばらく行かなくなったかっぱ寿司。今日は娘と妻につきあい行ってみた。まあ簡単に食べるには良いが、どうも食事という感じではないので、遠慮していた幸手(杉戸)店に向かう。我が家からは、久喜・杉戸もさほど遠く無い。いつもどちらにするか迷う。






 何か空いている。私のイメージでかっぱ寿司が嫌いだったのは、食事時間行くとまたさせる事だった、今日は年末。多くの方々が休暇に入っている時期。やや余裕を持って出かけたので、12時少し前。空いている。最近はあまり込んでいないという常連二人(妻・娘)が言う。






 そういえばこのあたりでも「スシロー」「くら寿司」「がってん寿司」など進出している。この不況からも、外食は少なくなっているのかもしれない。まあこのあたりはどうでも良い。お茶を飲みスタンバイ。まずは海老。ここでは「生エビ」という。何かきりっとした形で作られている。まずくは無い。






 何となく思い出した。次にツブ貝。シコシコしていておいしい。今日のシャリはやや柔らかい。しかし、作り方は何かおいしそう。たまには食事としては良いのかもしれない。娘は、車エビを注文(一皿1貫)していた。やはり生エビとは違う。おいしそう。






 サーモンも大降りの物は一貫盛り。なかなかネタは大きい。今日は、海老2貫盛りというのを期待していたが、すでに売り切れ(12/24)。そうか毎日の入荷ではないのだ。新聞折り込みだけを見ていると理解できないところがある。お勧め中心に食べたくなった。鉄火巻きが増えている。太めの鉄火と通常の鉄火を頼んで見る。




 中トロ手鉄火はシソも入る逸品、なかなかおいしい。通常の鉄火も捨てた物ではない。これら巻物はタッチパネルで頼むと新幹線が運んできてくれる。なかなか面白い。できたての巻物が来るので風味もある。




 生たこ。マメイカなどを食べて見たが、これはなかなか。おいしい。ツブ貝・鴨肉にチャレンジしてみる。変わり種の「鴨」。そういえば幸手の特産品にもなっている。タマネギものっているので、ポン酢で食べて見る。お腹は満たされました。精算時も待つ客はいない。変化はできている。




[PR]
by tatuko00 | 2012-12-30 00:29 | すし | Comments(0)

新宿で気軽に食べられる「箱寿司」。私はワンコイン(500円)が好み。





 箱寿司は、私が知る限り新宿西口に二店舗。どちらの店もあまり変わらないが、面白いのがワンコインセツト。どちらの店も多少異なるし、季節ごと多少変わる。すぐに提供されるので、よく利用する。通常の寿司も良いが、大阪寿司風の組み合わせも楽しい。






 今日は京王モールの箱寿司に入店。ワンコインセツトを頼む。今日のセツトは巻物とバッテラ3本の組み合わせ。①鯛②鮭③海老の押し寿司+④干瓢巻き(3)⑤カッパ巻き(3)のラインナップ。なかなか彩りも良い(入り口に、通常写真入りで紹介されている)。




 テイクアウトが主体なので、基本は作り置き。巻物も例に漏れないが、時間が経過していてもおいしい。通常張り詰めたようになる海苔も、米と馴染んでおいしい。当然押し寿司(バッテラ)も同様である。押し寿司を1個づつ食べられるものも少ない。






 醤油、お茶がセット手出されるので、醤油は大切に使う(やったことはないが追加はくれるはず)。これが私の流儀。基本的に酢飯にある程度の味が付いているのでそのまま食べられる寿司なので、醤油は追加味、そのような香りの高い醤油が使われているような気がする。お腹がすごく空いていない限り、十分な量である。






 今日は、バッテラの具合が良い。心なしか厚めの具材。薄い昆布が生きている。ぐっと押された甘い寿司飯が特徴。おいしい。味噌汁は付かないが100円を足せば赤だしが飲むことはできるが、セツトで付いているとき以外頼んだことはない





新宿箱寿司でワンコイン寿司。「巻き寿司セツト」。

新宿で軽く食べたい時利用する「箱寿司」。西口(ハルク「北」)店の方が食べやすい。

新宿西口地下街に「箱寿司(北館店)」がある。
[PR]
by tatuko00 | 2012-12-29 05:58 | すし | Comments(0)

昼になるが時間がない、今日は立ち食い寿司「すし三崎丸」





 食事(寿司)を立って食べるというのは性に合わないが、時間がない場合には利用価値がある。新宿にはこんな店が多々ある。「10貫盛り980円」「厳選盛り880円」もあるが、何か季節の5貫盛りというのが気になり注文。





 ここは、職人が確実に握る寿司店。ただ立って食べるのが異なるだけ。どちらかと言えば、正道の寿司屋であろう。出された5貫は、①まぐろ②帆立③白み魚④牡丹海老⑤蟹「軍艦」のラインナップ。小さな皿にひしめき合うように盛られているのは、気にすらないがおいしそう。





 カウンターに置かれていた「ガリ」をまずは口を整える。鮪は中トロと言うが、私の判断では赤身。ややシャリも大きいのだろうか、お腹も満たされる。時間も無いのでこれで終了。お茶もおいしいし、サービスの女性陣の対応もすこぶる良い。そんな店である。


[PR]
by tatuko00 | 2012-12-28 02:19 | すし | Comments(0)

朝カレー。新宿西口地下、カレーハウス「イマサ」。ポークカレー330円。





 このカレーハウスは、30年以上のつきあいになるのかもしれない。私が学生自体からある。特徴ある皿が印象的。非常に平たいプラスチック製の皿は、なにか年季も感じる。朝カレーも久しぶりである。薄く盛られたご飯・カレーも変わらない。





 以前は出入り口があったと思うが、現在はオープンスタイル。今日のように寒いときには何か寒々しい。衛生的には堂なのだろうか。厨房は奥にあり。以前は外国人が主体に働いていたが、今は日本人。何か時の流れも感じられる。





食券を購入し席に座ると、カウンターから直接提供される。相変わらず平べったいカレー。どういう訳か中央に仕切りがある皿はそのままである。ポークカレーには肉が2個入っている。ルーとは別に入れられる。柔らかいルーは意外と辛い。横で仕込みの準備もしていたが大きな袋にカレー、工場で作っているのであろう。



 懐かしい味が確認される。しかし、どうもこの薄べったいさらにはなじめない(食べにくい)。改訂しないのだから、何かポリシーがあるのであろう。肉はボイルしたようなもの。当然カレーとはなじんではいない。





 朝カレーはやや量が少ないのであろうか、すぐ食べ終えてしまった。まあ朝ご飯としては十分なのかもしれない。最近はカレーだけではなくプレート料理も出して居るらしい。ハンバーガー・ハンバーグなども用意していた。




[PR]
by tatuko00 | 2012-12-27 00:31 | カレー | Comments(0)

上越郊外浦川原(ほくほく線)あたりの街道沿いの店「池乃家」。









 看板には「小料理・お食事処」となっているが、店構えもなかなかのもの店内は「居酒屋」風の店。大きなカウンター(客との視線を合わすためにカウンター内を堀下げてある)があり、完全に居酒屋。表にランチの幟が出されていたので、念のため入店。







 そのため店に入るには、靴を脱ぎ数段あがる設計。バリアフリーとは縁遠い造りである。気のよさそうな壮年のご夫妻の経営らしい。奥さんがサービス、旦那が厨房のようである。ランチメニューもあるが非常にオーソドックスなラインナップ。冷凍物のオンパレードかな?と揚げ物を注文。







 私はランチメニューから「魚フライ」、娘はグランドメニューから「牡蠣フライ」を選択。お願いする。先客(ご夫妻)がおり。おいしそうな鍋焼きうどんを食べていた。カンター以外は座敷、座卓3席程度がある。我々はそちらに案内された。さすが雪国室内は熱い。



 しばらくして、フライを揚げる音がする。程なく我々の定食が出された。大きなトレーに入れられているが、なかなかの量。①料理に②ご飯③味噌汁④漬け物(白菜の浅漬け)⑤小鉢(きんぴらレンコン)。面白いのは、レモン(容器入りのポッカレモン)+からし(チューブ入り)が添えられていた。





 私の魚フライは3種。①鰺②白身魚③鱚かもしれない3種。キャベツ・サラダ・トマトが添えられている。なかなかおいしい。冷凍とあきらめていた物は手作り。なかなかのもの。パン粉も薄くおいしい。特に、鰺は肉厚でなかなかの物でした。







 娘の牡蠣フライも大降りの物が5個。こちらもなかなか当然手造り。鮮度も良さそうな牡蠣がフライにされていました。私も1個もらって食べて見た。ジューシー牡蠣。さすが海も近い場所。おいしい物でした。このあたりでこの価格。なかなか手を抜かない姿勢が店を維持しているのでしょう。












[PR]
by tatuko00 | 2012-12-26 04:42 | 和食 | Comments(0)

横浜中華街 本町通りに面した新しい店「張記小龍包」








 最近中華街でなかなか新店舗ができないでいた。私も中華街を歩くことが少なくなっていたが、本日は外側、本町通りを歩いていると見慣れない店。新しい店かもしれない。確か以前は点心の販売店。店名を確認すれば「張記小龍包」。非常にこじんまりとした店舗。点心中心、販売店かと思えば、料理店になっていた。











 すでに開業してから3ヶ月は立っているらしい。中華街は広い。確認すればランチもしているようである。タテ看板も出されていた。私の好きな手書きの素朴な物。一番上のメニューが「椎茸と豆腐炒め」まして580円。











 店内はサッパリとした雰囲気。どちらかと言うときつさの雰囲気。厨房が奥にあるのでやっぱり中華料理店であるというのが解る。厨房側の席に座ったので、調理の具合(音が心地よく聞こえる)が解る。不思議に、黄緑で統一された感のインテリア。こだわっているのかもしれない。











 時間がやや早いので客は私だけ。立地のせいで客足も遅いのかもしれない。おいしそうな料理がでできた。まずは料理、できたての物がまず出される。非常に良い状態で煮込まれている。熱い物はすぐに出す。なかなか私好みの店。ご飯・ザーサイとつづいて出て来る。厨房で音が鳴りスープも完成新しい物ばかりがそろう。不思議にうれしい。













 味は、実においしい。照りのある煮込み料理。炒め具合、素材の具合も良い。やはり中華街はおいしい。最近通う機会が減ったので一層感じるのかもしれない。干し椎茸の香りが店に漂っていた。まあ良い店が一軒増えたのはうれしい。






[PR]
by tatuko00 | 2012-12-25 05:37 | 中華 | Comments(0)

前橋大島郊外の新しいラーメン店。「麺処・柳」。どややら豚骨専門店。





 以前からお世話になっている仕事場。前橋大島から2km弱離れた場所。以前は栄えていた住宅地のようであるが、メイン通りの商店もシャッターが閉まっている店も多くなってきている。そんな中たぶん新しい店であろうラーメン店が開業していた。






 麺処・柳、店の雰囲気はモダン。駐車スペースもある程度有り、客も訪れている。興味を持ち見ていると、豚骨中心のメニュー。どうやら太麺。入り口付近に食券機がある。価格も600円程度らしいので、確認も兼ねて入店してみる。





 店内は、カウンター5席、椅子席8つ、上がりがまちも4席ほどある。なにか面白い雰囲気。色合いが濃い朱色に塗られているのも何か面白い。やはり豚骨。それも「濃厚」と言うのがあったのでトライする。店は空いているが意外とでて来るまで時間がかかる。ラーメン屋は威勢が良くスピーディーという私の印象とは違う。




 15分(も)して出された。円錐状の丼、明らかにスープの量を減らそうと言うような器。中のスープも少ない。太い麺が入っている。叉焼・海苔がトッピングされている。スープは白い。十分煮込まれた豚骨スープらしい。丁寧な仕上げをしている野であろう、クセのない味。おいしい。






 どうやら、麺大盛り・ご飯のサービスも日常らしい。両方依頼することもできるというので共にお願いする。出されたラーメンは私からすれば、通常のひと玉程度。通常は寂しい量なのであろう。ご飯は小さな茶碗に一杯サービス程度の量である。失礼であるがおいしくない(質・炊き具合が悪い)。
 さてこれからどのように進化するかがこの店の将来を決めるのであろう。




[PR]
by tatuko00 | 2012-12-24 07:42 | ラーメン | Comments(0)

いよいよ前橋の仕事が多くなる。前橋大島「魚伸」のランチ寿司。








 最近定期的に前橋の仕事がいただけるようになって来た。そんな時、昼食として利用するのが「魚伸」。内陸部の寿司屋としてはなかなかのレベル私のお気に入りである。1年弱の訪問。今日は珍しく前橋大島から歩いてみた。駅からも10分強。さほどと遠くはない。







 以前は600円程度の日替わりランチがあったが、最近は「とろたくあん」が890円。値上がりかもしれない。しかし、その野他のメニューは変化は無いが、「特選上寿司」が加わり、1690円となっていた。ランチは茶碗蒸しサービスで、110円ほど安くしているらしい。








 本日は魚伸定番のシンプルランチ寿司「魚伸にぎりランチ1100円」を頼む。一人なので三角形のカウンターに座る。この店は寿司カウンターの前が▽の大テーブルのようなカウンター。職人と視線がずれるように?なっている。客としても緊張感が和らぐのかもしれない。





早めの入店なので、すぐに出された。寿司8貫+味噌汁+大根サラダ+茶碗蒸し、小鉢にガリが別盛りになっているのがおしゃれである。ネタはなかなか厳選された物が出される。私がいるだけでもおせち料理を注文に来ている客が3人ほどいたので、地域にも愛されている店なのかもしれない。11時30分同時に入ったが。平日であるが程なくテーブル席は埋まっていた。





 ①②まぐろ(赤身)③甘エビ(2)④ハマチ⑤イカ⑥ズワイガニ⑦サーモン⑧玉子のラインナップ。なかなかである。東京では上寿司と言っても良いような品質。赤身ではあるがねっとり感のあるおいしい物。うれしい。シャリも小さめなので女性客が多いのもうなずける。







 本日は蟹が旬のせいかおいしかった。サラダはもとより、茶碗蒸しも本格的な物。おいしい。ほど良い具合の味噌汁は、甘エビの頭仕立て。出汁がでている。満足。お腹も満たされました













前橋大門の鮨屋、「魚伸」。なかなかのランチ。

最近、前橋で仕事をするようになった。おしゃれな寿司屋で格安ランチ。「魚伸」

前橋寿司情報。また「魚新(前橋大島)」に訪問。日替わりランチを食べてみた。

前橋寿司事情。住宅内に立つ「朝日寿し」。
[PR]
by tatuko00 | 2012-12-23 04:21 | すし | Comments(0)

我が屋からいけるランチ寿司。埼玉宮代町「鮨正」。





 今から10年ほど前から時々通う店。最初は通りすがりの入店。娘も加わった体験だった。そのときの印象もすこぶる良い店。本日妻が外出、昼は一人なので気楽に言ってみた。久喜から東武動物公園方面に抜ける道。その道路沿い看板が出ているので目にとまる。







 店は非常にこぎれいに維持されていた。カウンターを中心に10席程度、上がりがまちが6席程度の1階。2階は宴会場になっているようだが、あがったことはない。今日も愛想の良いご主人が迎えてくれた。サービスは息子さんらしい若者、丁寧な対応は健在である。




 先客は非常に明るい品の良い、壮年の女性。かなりの常連である。気軽にマスターと話をしながら食事をしていた。いろいろランチニューが準備されているのが、この店の特徴。私は定番のシンプルな「にぎり」とする。890円。最初に来たときから価格が変わらないのがすばらしい。







 のんびりメニューを確認していると進化しているのかもしれない。目の前のカウンターでご主人が丁寧に注文に往時で鮨を握る、奥に声をだしできあがりを「セツト」にして提供すると言うのがこの店の特徴。セツトなのです。①味噌汁②茶碗蒸し③サラダ④デザート(ミカン)がつく。立派な体裁で運ばれてきた。









 鮨はいたってシンプルであるが、巻物は鉄火。旬のものも入る。①②鮪(赤身)③ハマチ④鰯⑤サーモン⑥玉子⑦甘エビ(2)+⑧鉄火(6)のラインナップ。どのネタも大きい。食べ応えがある。鰯に生姜と葱をのせ忘れたらしく、大将が後からつけてくれた。そんな心遣い(食べている客にも目配りは忘れない)がある店である。




 鮪はねっとり感のある物。鰯は見ただけでおいしそうな物。当然食べれば脂ものっていておいしい。今日のシャリはやや柔らかめ(私の好みと比較して)であるが問題はない。味噌汁は甘エビの頭を使ったおいしい物。茶碗蒸しも同様である。サラダ・ミカンも後味をすっきりさせてくれる一品。ありがたい。







「以前のイメージ」
久喜駅から東武線沿線の街道(和戸駅より)に,「鮨正」がある。
 3(2001)年ほど前からの開業になるであろうか,田舎道といっては申し訳ないが,久喜から和戸駅に抜ける県道(春日部久喜線)沿いにしゃれた雰囲気の寿司屋ができた。土曜日でもランチがあるか定かではなかったが,入店する機会があったので入ってみた。一戸建てを思わせる店内は,カウンターを中心にした土間以外は,上がり框の和室。きれいにしつらえられている。
 入店したときは,昼時ではあるがあまり客がいなかった。しかし,愛想の良い職人(ご主人)がいろいろ時を配り,気持ちの良い対応をしてくれた。ランチメニューはないものと思っていたらランチメニューだけの品書きもあった。写真入りで丁寧に作られている。非常にわかりやすいものが準備されている。特にランチメニューは,通常580円かかる,」「茶碗蒸し+サラダ+デザート」がサービスでつくものなかなか侮れない。
 家族3人でいってみたので,「ランチ寿司」「お好み寿司(10貫)」「上寿司」のランチメニューをお願いする。娘の雰囲気を察した主人は,気楽に「お好きなものがあれば入れますよ」の声がけ。迷わず「ウニ」の要望を出す。悪い顔ひとつせず上質のウニを,お好みと上寿司につけてくれた。加えて,通常のランチ寿司もメニューの写真より数段上質のネタをそろえてくれる配慮まであった。
 食べてみればなかなかの寿司。シャリがやや冷たいが具合は非常に良い。ネタも厚みがあり,ボリューム満点である。食べてみればわかるのが鮮度の良さ。さして回転の良い店ではないであろうが,しっかりと下ごしらえがされている。特に,ランチでも手を抜かない雰囲気は,海苔を挟んだホタテやネギ・大葉をあしらったイカなどにも現れていた。
ランチ)すべてに,みそ汁+茶碗蒸し+サラダ+デザートがつく。
にぎり890円,おまかせ寿司1280,上寿司1480円,まぐろずくし1680円,特選海鮮丼・マグロ丼・寿司御膳等
にぎり)①②赤身③ハマチ④ホタテ⑤甘エビ⑥玉子⑦イカ⑧巻物(鉄火6)
おまかせ)①赤身②中トロ③ハマチ④ヒラメ⑤甘エビ⑥イカ⑦玉子⑧ホタテ,⑨ウニ⑩いくら(軍艦)
上にぎり) ①赤身②中トロ③ハマチ④ホタテ⑤甘エビ⑥玉子,⑦ウニ⑧いくら(軍艦)⑨巻物(鉄火6)
埼玉県宮代町和戸728-6 0120-01-9820 0480-32-9820
[PR]
by tatuko00 | 2012-12-22 06:19 | すし | Comments(0)