<   2013年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

帰宅途中の立ち寄り、今日は、「神田・清龍」が便利。






 やはり立ち寄りでは清龍に来てしまう。今日は神田近くの企業で講義を頼まれた。その帰り、神田といえば「三州屋」「清龍」があたまにうかぶ。三州屋は時間も遅くしまっていた。ならば清龍へ。今日のお勧めも残っている。店長に迎えられ入店。







 今日は運がよい。奥の常連席に座っていいという。時間も時間なのだろうか空いている。客層はサラリーマンがほとんど。元気に会話をしている。まずは今日のお勧め「鰯の刺身250円」を頼む。お通しは「マカロニサラダ」。150円だからこれなら歓迎する。こういう店が増えて欲しい。海老も入っている。







 効率の良い瓶麦酒400円を注文。お通しで数杯飲む。程なく「鰯の刺身」が登場。十分な物である。清龍は鮮度の良い海鮮類を準備してくれるのがありがたい。特に今日のお勧めはありがたい。良く紹介しているが、神田・田町店は、土曜日100円料理+升酒サービスの特権もある。



 今日はお腹がみたたされているが、もう一品ぐらい頼まねば悪いと思い「ニシン」を注文するが今日は内という。ならば礼は尽くした。刺身でちょい飲みを楽しむ事にする。脂もほどよく入った鰯は、やはり旬おいしい。ワサビと生姜が添えられているのがありがたい。味を変えて楽しんでみた。時間もないのでちょい飲み終了。840円、十分である。





池袋に清龍酒造が作った立ち飲み屋、「呑禅」。本日は立ち飲み、「ワンコインセット」。

蓮田には「清瀧酒造」という珍しい造り酒屋がある。もう30年近いおつきあい。

池袋をうろうろ歩き、路地に入ると「タイムサービス」の看板。立ち飲み「呑禅」。

久々の清龍本店。つかの間のちょい呑み

清瀧神田店は土曜日がよい

池袋から始まった「清龍池袋本店」

蓮田清龍 「利き酒セット」 これで2000円
[PR]
by tatuko00 | 2013-04-30 07:32 | 飲み屋 | Comments(0)

御徒町他立ち飲み事情。本日はたきおかで落ち着く。





 御徒町のガード下は魅力的な空間。様々な飲食店が入っている。しかし、最近どうも価格が高い、気軽に1000円程度で楽しめる場所が少なくなってきているのも気になる。今日は、金魚という面白い店を発見、「金魚」セツトというのもあるが、写真で見れば豪華ではあるが、麦酒は「小」。どうも写真のようには成らないようだ。













 それより面白いのは、場所柄であろうか、「長崎チャンポン」で何かつまみ、麦酒も安い。良く新宿の長崎チャンポンの前を通るがこのようなメニューは気がつかない。麦酒290円(やや小さめかもしれない)につまみいずれも290円以下、1000円以内でほろ酔い気分になれそうである。





 しかし、最終的にちょい飲みは「(ガード下)たきおか」。私の最近のお気に入りである。今日も「モツ煮」を勧められるが、私はどうも苦手。次のお勧めの鰺のたたき150円にする。1000円札を渡しおつりをカウンターに置きながら呑む。これがなぜか落ち着く。鮮度もよい鰺ももうそろそろ終わりの時期。これに麦酒。相変わらずスーパードライ大瓶が390円。540円である。








 駅近くのたきおかは、大きく活気があるが、最近はガード下がお気に入り、こぢんまりしてなにか落ち着く。いろいろ食べ飲みたいが、あくまでちょい飲み。1杯で終了とした









何度か行ってみたが混んでいて入れなかった「肉の大山」。やはり庶民の味方。...たきおか」も外せない。ガード下店を発見入ってみた。 立ち飲み天国上野。肉の大山が混んでいたので隣接する「カドクラ」へ。...上野)近辺は、立ち飲み天国。何せ麦酒は大瓶でも400円しない店が多々ある。私がよく入るのは「たきおか」。品...
中年夫婦の外食 2013/03/09 10:47:12
ratuko00.exblog.jp

上野の立ち飲みと言えば「たきおか」も外せない。ガード下店を発見入ってみた。...たきおか」の文字。小さな店舗であるが、2階もある模様。看板からして、上野駅近くの立ち飲み街にあるたきおかと同じ店らしい。確認してもそうだといっていた。時間が早い(16時前)せいか空いている。これは絶好の条件。何時から始めているのか定かではな...
中年夫婦の外食 2013/03/08 09:29:00
ratuko00.exblog.jp

上野立ち飲みの聖地「たきおか」...たきおかに吸い込まれていく。そんな入りやすく、呑みやすい立ち飲みである。立ち飲みはあまり好まない私だが、以前から通勤路の途中下車の場所。 今日は、2軒目。軽く呑んで換えるべく入店。混んでいる。一人分のスペースを店の人に空け...
中年夫婦の外食 2011/02/18 05:42:00
ratuko00.exblog.jp

立ち飲み天国上野。肉の大山が混んでいたので隣接する「カドクラ」へ。...たきおか」。品数豊富、従業員がきびきびしていると言う理由で選んでいる。そういえば肉の大山にしばらく行っていない。何かマスコミに紹介されたのだろうか、道まであふれている。  偶然隣の「カドクラ」を見れば、カウンター席が空いている。従...
中年夫婦の外食 2013/01/17 07:37:06
ratuko00.exblog.jp
[PR]
by tatuko00 | 2013-04-29 06:27 | 飲み屋 | Comments(0)

上野(御徒町)でちょい飲み。「ちょもらんま(御徒町餃子)」で、餃子と麦酒。





 今日は一日歩いたが、麦酒は我慢した。上野での乗り換えを利用したちょい飲みを考える。このあたりだと明るい内に飲める場所は多い。ガード下を物色する。なかなかこれという店がない。御徒町からやや秋葉原よりの場所に、「ちょもらんま」という面白い屋号の店を発見。よく見れば、麦酒が290円、即決入店した見た。






 まずは、「餃子+麦酒」の注文でも良いことを確認。お通しなどもないようなので安心して座る。丁度16過ぎ中途半端な時間なのかもしれない。店内は空いている。麦酒・焼き餃子を注文する。共に290円だからあわせても580円。リーズナブルなちょい飲みである。








 餃子は、「大餃子」と「やみつき餃子(普通の餃子)」の2種あるらしいが、やはり最初は定番の餃子から、できあがるまで麦酒をちびちび飲みながら待つ。失礼ではあるが、意外とおいしそうな餃子が出された。ビールとも合いそうである。ややあっさりした餃子はこの時間帯にはよい。







 麦酒もスピードアップ。あっという間に終了してしまう。追加注文している時間もなく終了。伝票を見れば、餃子が330円。40円も高い。説明を求めれば、夜の価格らしい。290円で納得。無事ちょい飲み「餃子」が終了した。











何度か行ってみたが混んでいて入れなかった「肉の大山」。やはり庶民の味方。...御徒町で下車「清龍」に向かう。...上野店、実は御徒町が下車駅。このあたりの企業では、不思議に「上野店」と名乗る会社が多い。おおざっぱな言えば確かに上野店であるが私がつきあう(講師として勤務する)総合資格などは、御徒町を飛び越え「秋葉原」寄...
中年夫婦の外食 2013/03/09 10:47:12
ratuko00.exblog.jp

上野の立ち飲みと言えば「たきおか」も外せない。ガード下店を発見入ってみた。...御徒町で下車「清龍」に向かう。...上野店、実は御徒町が下車駅。このあたりの企業では、不思議に「上野店」と名乗る会社が多い。おおざっぱな言えば確かに上野店であるが私がつきあう(講師として勤務する)総合資格などは、御徒町を飛び越え「秋葉原」寄...
中年夫婦の外食 2013/03/08 09:29:00
ratuko00.exblog.jp

立ち飲み天国上野。肉の大山が混んでいたので隣接する「カドクラ」へ。...御徒町で下車「清龍」に向かう。 上野立ち飲みの聖地「たきおか」 上野界隈での居酒屋「八起」、安いビールにつられ入るが? 屋号を忘れてしまったが「串家」 御徒町駅前 上野・仲町通りにある寿司屋「寿司茶屋 桃太郎 上野...
中年夫婦の外食 2013/01/17 07:37:06
ratuko00.exblog.jp

東京で仕事、喉が渇く少しだけ呑みたい。御徒町で下車「清龍」に向かう。...御徒町が下車駅。このあたりの企業では、不思議に「上野店」と名乗る会社が多い。おおざっぱな言えば確かに上野店であるが私がつきあう(講師として勤務する)総合資格などは、御徒町を飛び越え「秋葉原」寄りである。受講する方は留意して欲しい。 ...
中年夫婦の外食 2013/01/15 06:58:02
ratuko00.exblog.jp

上野界隈での居酒屋「八起」、安いビールにつられ入るが?...御徒町から降りる。何か入ったことのある店が多くなった界隈。最近お気に入りの立ち飲み屋「たきおか」を通り過ぎ、やや大通り側に行くと、「八起」と言う屋号。 赤羽・有楽町・新宿で気持ちよくお酒を飲ませてくれる店。店頭にも「ビール30...
中年夫婦の外食 2011/02/17 04:21:00
ratuko00.exblog.jp

屋号を忘れてしまったが「串家」 御徒町駅前...御徒町下車。ここで降りれば始発電車の待つ上野まで、お店を物色しながら帰れる。そうすれば、ほろ酔い後のんびり座って帰れる。さて探そうと思い下車すれば、「串揚げ50円」の看板。以前100円ダイニングがあったビル。交換したのかもしれない。 ...
中年夫婦の外食 2010/12/21 10:17:00
ratuko00.exblog.jp

御徒町から山手線内側にある寿司屋街に「けんちゃん」あり
「焼き鳥セット」生ビール+焼き鳥本この界隈は、寿司屋がまとまっているところである。数店の定食屋や居酒屋があるが、「やきとり けんちゃん」という店がオープンしていた。ビールやホッピーの瓶を店頭に積み上げるなど雰囲気を出していたので入ってみ...
中年夫婦の外食 2008/06/26 05:52:22
ratuko00.exblog.jp

御徒町駅前 神田の伊勢「焼鳥屋」がある。...御徒町店 御徒町駅前 http://www.iseroku.co.jp/home.htm     11:00~14:30(売り切れまで) 17:30~22:30(売り切れまで) 日曜定休日(3連休の場合...
中年夫婦の外食 2008/06/05 16:33:36
ratuko00.exblog.jp

吉池グループ「寿司しゅん」:御徒町店御徒町は吉池グループの本拠地その中にはおしゃれな寿司屋が展開されています。「御徒町店」は、昔ながらの店。のんびりできます。 「お店からのPR」 http://r.gnavi.co.jp/g114...
中年夫婦の外食 2008/06/05 14:09:35
ratuko00.exblog.jp
[PR]
by tatuko00 | 2013-04-28 04:20 | 中華 | Comments(0)

学士会館の寿司屋「二色」でランチ。6名で行ったら個室も用意してくれた。





 今日は都内散策で、市ヶ谷から東京駅まで歩くことに。その途中でランチ(昼食)をとるため、希望を聞けば寿司で良いと言う。そうなれば、学士会館の「二色」がお勧め。今日は女性をともなっている。空き状況を確認しながら訪れる。






 運良く、入り口近くの個室が確保。落ち着いた雰囲気で食事をする事ができた。途中休憩らしい休憩もとって居なかったので丁度良い。「握り」と「レディースランチ」に別れ注文。いずれもなかなかリーズナブル。参加した人もきにいっていたようである。







 そういえば、ここのランチも久しぶり。握りは、「江戸前握り」と銘打った本格的な物。握り7貫+軍艦1+巻物6だから十分である。当然、鮮度・ネタも良い。①②鮪「赤身」③まだい④サーモン⑤帆立⑥ボイル海老⑦玉子+⑧いくら「軍艦」+⑨巻物(干瓢3・鉄火3)。通常の上寿司ランクの物が出された。






レデイース御膳は、寿司6貫+サラダ+茶碗蒸し+椀物の付く、野菜握りなども付く、優しいセット。いずれも魅力ある物。汁は大きめのアサリが入った優しい味付け。十分お腹も満たされました。デザートにアイスクリームも付けば女性は喜んでいました。

竹橋は叔父さんに優しい。久々に学士会館に入れば「晩酌酒肴(ばんしゃくしゅこう)」、二色。



散策 「東京中心部南 59」   パレスサイドビル 地下飲食店街
[PR]
by tatuko00 | 2013-04-27 05:33 | すし | Comments(0)

西新宿においしい・うれしいうどん店。「つるまる饂飩(浪速麺乃庄)」



 




慣れ親しんだ西新宿(南側)を歩いて居ると、見慣れない店舗。どうもファーストフードの饂飩店らしい。オープンなスタイルのうどん店で200円~かけ蕎麦・うどんが食べられる。店名からしてうどんがメインのようである。





時間(15時過ぎ)のせいか従業員は1人。てきぱきと壮年の男性が切りもりしていた。中央に立ち食いのハイカウンターがあるが、壁際には椅子(スツール)も準備されている。窓際の席を選択する。明るい店内は気持ちも良く清潔感がある。聞けば、開業して半年。維持管理がしっかり強いるようである。







 まずはうどんを注文しその後トッピングを取り寄せる。しかし、私はかけうどん。そのままスルーして勘定。最後に無料の天かすを載せて仕上がり。なかなかおいしそうなうどんと成りました。味は薄口。しかしながらほどよく出汁が利いている。最近のチェーン店では最もおいしいかもしれない。





 うどんは角が取れたのどごしの良い物。食べやすいが事は十分にある。おいしい。塩味も弱いので汁を全て飲み干し終了。この界隈でもうれしい店が誕生していた。




[PR]
by tatuko00 | 2013-04-26 06:17 | うどん | Comments(0)

すき家(前橋下大島店)はやはり牛丼ではお気に入りかもしれない。






 春の牛丼フェアーが始まった。こういう時は朝食は牛丼がよいかもしれない。250円の牛丼はありがたい。立ち食い蕎麦でも250円程度はする時代。この年になるとやや重たい感じはするが、背に腹は代えられない。店内にも「春の感謝祭」と銘打っていた。








 しかし、この前橋下大島店は非常に手際が悪い。まずは従業員は2人。それももたもたしている。加えてドライブスルーにも対応しているのだから埒があかない。同時期に入った叔父さんが「でないのなら帰るぞ」と怒鳴っていた。私に出されたのは15分後。あり得ない時間。確かすき家は3分・30秒にこだわっているのではないだろうか。






 味噌汁・サラダなどのセットを多彩に準備しているが、私には縁がない。松屋・クイツクガストののように味噌汁はつけて欲しい物である。しかし、牛丼としては肉等の具合も考えて、おいしいと感じるのは、すき家かもしれない。しかし、つゆだくと注文したが「つゆだく」とは思えない汁の量。この店はだめなのであろう。唐辛子をかけて食べ干す。


[PR]
by tatuko00 | 2013-04-25 06:34 | 朝食 | Comments(0)

侮れないぞ「サイゼリア」。休憩のつもりで入ったが夫婦で酔っぱらう。

b0142232_821410.jpg


b0142232_82543.jpg










 富津という場所にひょんな事から出向く、その帰りに多少小腹が空く。喉を潤すついでにちょい飲みと思い。海岸線を捜すが、そういう店は無い。イオンの大きな店舗がある。当然そういう所には飲食店が入っているはず、その中からアルコール飲料が安い「サイゼリア」を選ぶ。








 まずは、ビールとワイン(なんと非常に安い)。喉が渇いていたのでおいしい。メニューを見ればなかなかお酒と合いそうな物が多い。まして安い。「ほうれん草のドリア(ミラノ風ドリア)」、妻が最近はまっている「ムール貝」を頼む。








 時間がかからないのもうれしい。おいしそうに焼かれた「ムール貝」、熱々のドリアが出てきた。ムール貝には特製ソースが付いているが、そのまま食べる方がおいしいようだ。1つ食べたがなかなかおいしい。これで400円しないのだから、居酒屋のお通しは最悪である。






 同様に、ほうれん草の味が利いた「チーズドリア」。ソフトでおいしい。またあっさりしたハウスワインに良く合う。妻もムール貝をお気に召した模様。追加注文する。ワインが無くなり、追加(デカンタ大)注文。満足していた。








 少しつまみに変化をつけたかったので、「ビザ(マルゲリータ)」を注文、チーズ倍増(+99円)というのがあったのでそれにする。なかなかボリュームあるチーズに満足。失礼であるがスーパーのピサでも価格的にはこれでは納まらない。たいした物だ。






 メニューもよく見れば、1500ccのワインが1060円。グラスワインが100円なのだから大変な物である。ちょい飲みよりも楽しめ、酔えるところがあった。たまにはファミレスにも入ってみるものだ。新たな発見をしたような喜びを感じました。




[PR]
by tatuko00 | 2013-04-24 06:15 | イタリアン | Comments(0)

大宮に用事があり当然その帰りには「なごみ」に足が向く。





 大宮に夕刻居ればやはりなごみに足が向かう。今日はやや早いので空いている。珍しく、厨房もだんなが一人。頑張っている。まずは大瓶を告げ席を物色。ローカウンターはタバコを吸う人が占有している。久々にハイカウンターにする。丁度テレビも見やすい場所。落ち着く。






 つまみもやはり、早いので豊富。50種類はできていた。150円のメューと決めている私は、迷いながら選択。目に飛び込んできたのが、「たらこの煮付け」。おいしそうである。食べて見れば、よい加減の味付け。麦酒にも合う。






 なぜか、黒ラベルの瓶麦酒が合う。これが面白い。いつものようにちびちび呑んでいると、女性の方が加わり、親方の負担も軽減されたようである。





[PR]
by tatuko00 | 2013-04-23 07:04 | 飲み屋 | Comments(0)

ひさびさの中華街のランチ、定食タイプは久しぶりである。山東(香港路)。







 山東新館もランチを提供している。それも500円台のスーパーサービス定食。これでデザート(アンニンドウフ)まで付くフルセット。「カキの季節野菜炒め」と言う物があったので決定。時期的にもカキはシーズンも終わる(失礼ではあるが冷凍かもしれない)ころ、おいしいそう。








 昼を回っているので意外と空いている。奥の4人席に案内される。すぐに注文する。最近は、ワンコイン定食に小鉢まで付く。今日は何かなあと期待しながら待つ。期待通りの物がでてきた。今日の小鉢は、イツピン物。湯葉の四川和えである。おいしそう。これだけで御飯が進む。当然、漬け物は「ザーサイ」、スープは具材が豊富豆腐仕立て。







 メインのカキ炒めは野菜も豊富。彩りも良い。カキもふんだんに入っている(7個)。山東のうれしいのは優しい味付け。それは、素材の味が十分に感じられる調理方法で仕上げられることである。炒め具合も良い。御飯も十分な量炊き具合も良い。デザートまで一気に持ってこないでも良いとは思うが?








 カキ炒めは、旬の小松菜を主たる物。人参・筍・葱、キクラゲなどもいっている。カキはレア状態。丁度良い炒め具合である。全体的にカキの風味が行き渡った炒め物。全体に馴染んでいる。小松菜のしゃきしゃき具合とえぐみが意外と合う。





 スープもなかなか、豆腐も入っているが野菜も十分、ワカメ・キクラゲも味を支えている。こちらも薄味、ありがたい。なんと言っても中国湯葉と砂肝の和え物。これが実においしい。御飯が何杯も食べられそうである。





 メタボなからだ御飯を我慢し終了。デザートに手を出す。これもなかなか。時間もあつたので、しばらくのんびりしてから店を出た。店頭では2人の従業員が、「山東餃子」を一生懸命に作り出していた。





「以前のイメージ」
山東新館  中国家庭    ランチ 735円(料理1品+スープ+漬け物+ご飯+デザート「杏仁豆腐」)
 山東餃子で有名な(マスコミにたびたび登場する)山東が、香港路の揚州酒家の後に入ってから1ヶ月程度かもしれない。本店は行列を見るが、香港路の店は、閑古鳥。あまり知名度がないのかもしれない。ランチの提供がないので、私の苦手な山東餃子だけをだべるのも・・ランチでは・・。と思っていれば、なんとランチの看板。
 本店でも見たことのないこと。メニューは非常にポピラーなラインナップ。たしょう躊躇はしたが、ランチを逃すと今度いつ出るかわからない。そもそも関帝廟にあった小さな店。いつ頃だろうかマスコミにたびたび登場し、餃子だけが突起してしまった感じがある。餃子は趣向品食べた人が気に入ればよい。
 さて、ランチのメニューは①青椒牛肉絲②ニラとエビ・卵の炒め物③レバニラ④酢豚⑤唐揚げ。珍しいほど定番メニューが並ぶ。やや違う、「エビ・ニラ玉子炒め」を注文する。いずれも、「お新香」「ご飯」「スープ」「デザート(杏仁豆腐)」がつくらしい。でも価格は735円。最近の中華街では、非常に高めの価格。通常だと点心等がつくと満足はする価格帯。
 店に入れば、ランチタイムにも関わらす、客はいない。入り口に餃子を作るコーナーが準備され、どうやら研修中のようである。年配の従業員が皮作りから教えていた。まずはおしぼり。お新香が出された。「大根とにんじんの浅漬け」。薄味でおいしい。もう少し量はほしいものだ。各机には餃子につける甘辛いたれが大量に置かれていた。これが店内ににおいが充満。何か不思議なにおいがした。
 10分程度したら出された料理。スープは卵スープ。ご飯は通常(おかわりは当然できるらしい)のもの。料理に目がいき、唖然。「ニラの代わりにグリーンピース」。これなら頼まない。サービスの女性にいえば「作り直しますか」のうれしい対応。こういう場合には、遠慮する。しかし、料理を食べて見て後悔する。中華街で食べる卵料理は、ふんわりとしている。この料理は辛い。まして塩味のみしか感じない。エビは完全に堅くなっている。
 久しぶりに出会ったひどい料理。これで735円。大丈夫であろうか。杏仁豆腐も同様である。久しぶりにおかわりもせず、料理を残して店を出た。おもしろいのはメニュー。「ニラ」の文字が紙を貼られ訂正されていた。私がいたのは13時30分頃。それまで料理が出なかったのか、グリーンピースを客はニラと思って食べていたのか?
ランチ)不定期に代わるらしい
ランチ例)①牛肉細切りとピーマン炒め②エビと玉子の炒め③豚レバとにら・もやし炒め④酢豚⑤中華風の鶏から揚げ
[PR]
by tatuko00 | 2013-04-22 09:51 | 中華 | Comments(1)

やはり海鮮類は海の近く。「ひざまくら(直江津店)」。







 また娘に連れられ昼食。居酒屋風の店であるがランチもよい物を出すという。確かに価格も1500円前後とやや高い。しかし、おいしい物であれば我慢もできる。平時であるが駐車場が混んでいる。心配して入ってみると客はあまりいない。半円状の不思議なテーブルに座る。これは親子の座る席ではないだろうと思いながら席に着く。










 個室風の石には、女性(おばさん)の大群。どうやら分散してこの店にはきているのであろう。ランチメニューを見ればなかなか立派。娘は「海鮮丼1380円」、私は「刺身定食1590円」を頼む。やはり造りは居酒屋。娘も夜にも来ているらしい。意外と夜はリーズナブル。呑み放題を含めても3000円台から可能らしい。でも店内は若手の従業員がきびきび働く、気持ちの良いみせでもある。








 団体客のせいか、20分弱してから料理が提供された。その間、非常に薄い味が付いた水を数杯飲む。何か不思議に親近感がある水。「刺身定食」はおしゃれな長い皿に丁寧に盛られた物。5種の盛り合わせである。香の物、御飯、小鉢、味噌汁がつく。食後の飲み物も付くのであるから十分かもしれない。









 刺身は、①サワラたたき②まだい③サーモン④たこ⑤ヒラメ。刺身としては非常にオーソドックス。食べて見ればなかなか鮮度もよい。特に「タコ」のゆで具合、たたきの脂ののりは丁度良い物だった。やはり海の近く、上越での生ものは外れはない。






 御飯のおいしいのも新潟。炊き具合も良い。香の物は長野との融合。野沢菜も付いていた。面白いのが小鉢、「南蛮づけ風になっていた小魚」、私はなかなか気に入った。味噌汁もシンプルな物であるが出汁が利いていておいしい。きちんとした定食である。







娘の「海鮮丼」もなかなかのもの。彩りも良い盛りつけはなかなか、量は少なそうに見えるが御飯もなかなか詰まっていたようである。ネタは、刺身定食に準じたような物、①ぼたん海老②甘エビ③サーモン④鮪⑤たこ⑥白身魚⑦いくらなどが入っていた。








 この海鮮の種類であれば、立派な物。鮮度も良さそうな物ばかり入っている。食べた娘も満足していた。海老もこれだけ大きな物が入っていればうれしい。香の物は、野沢菜も付いていた。小鉢、「南蛮づけ風になっていた小魚」、味噌汁はシンプルな物であるが出汁が利いてる。立派な丼である。







最後に飲み物(珈琲を頂き)終了。昼会合のご婦人たちは、まだ元気。1500円程度で、昼のミニコース(パスタ・サイコロステーキ等)が付く物があるらしい。女性のランチには楽しみかもしれない。







[PR]
by tatuko00 | 2013-04-21 10:13 | 和食 | Comments(0)