<   2013年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

時々訪れる「鮨政(大宮)」。ここはやはり、ちらしの大盛り945円。何ともすごい。

b0142232_6181974.jpg


b0142232_6183774.jpg



 鮨も時にはガッツリ食べたい時がある。そんな時には大宮の鮨政がオススメである。きちんとした寿司屋であるが、大盛りにするとビックリするほどのちらし寿司が出される。通常の「大盛り」はおけからこぼれんばかりの盛りつけとなるが、当然「具だけの大盛り」と言うものもやってくれるから女性でも刺身(生もの)を食べたいと思えば、大盛りも良いかもしれない。






 当然、普通盛りも十分なものが提供される。今日はお腹が空いていた。「大盛り」とする。今日は東口2号店。路地にある店である。今日も長いカウンターに職人が3人。鮨もちらしも流れ作業で完成していく。実に手際がよい。客の「・・抜き」とかいう注文にもきちんと対応しているのだからその辺はしっかりしている。









 今日もほぼ満杯の状況。カウンターの空いていた1席に座らせてもらう。注文順にほぼ提供される。それもこの店の特徴かもしれない。今日も多くの具材が入っていた。①鮪3②ハマチ3③鯛2④いか2⑤たこ2⑥つぶ貝2⑦サーモン2⑧鰹2⑨生エビ⑩ネギトロ⑪ウニ⑫いくら⑬香の物(沢庵)⑭青柳などがふんだんに盛られていた。









 そこは寿司屋、ネタの具合は良い。鮮度も十分である。最後にのせられる「ぼたんえび」も圧巻。渡されるときの重さでも十分感じられる大盛りである。職人が盛りつけにも考慮しながらしている。当然、店舗・職人によっても盛りつけが異なる。大宮に3店舗あるので食べ比べても面白い。







 端から少しずつ攻めていく。数枚食べるとやつとしゃりが顔を出す。そんな感じのちらしである。最近は慣れたが、最初はこの盛りにビックリしたものである。ネタが悪ければ私だけではなく客は減るだろう。大宮でこれだけ平日でも賑わっているのだから、立派な物である。




[PR]
by tatuko00 | 2013-06-30 06:26 | すし | Comments(0)

今日も仕事は前橋、家を遅く出たので店を探す時間は無い。以前入ったことのある焼き肉屋「朝鮮飯店」へ。

b0142232_5581935.jpg


b0142232_5583932.jpg



 ここのランチは600円の特製ランチ。実際に焼けるランチが、ミツクスになってこの価格。このようなものもあるが、やはり時間が無い。日替わりランチ680円が手頃。「鶏照り焼き丼」「野菜あんかけラーメン」とのセツト。おいしそうである。以前のイメージだとすぐに食べられそう。







 焼き肉スペースのあるテーブルに案内されるが、定食を注文。御飯も大盛りサービスというので、丼は大盛りとする。定食には、サラダ・香の物(2種)がつく。しばし待てば、トレーにのせられて出された。なかなかのボリューム。立派な物である。香の物は「南瓜」もある珍しい。







 鶏照り焼きは、タマネギとあえた物。ワケギがのせられており彩りも良い。御飯は当然おいしい。ラーメンは野菜がたっぷり入っている。ややとろみが付いている。そこは焼き肉屋、味もなかなかおいしい。蓮華が昔懐かしい木製。この店もそうであるが歴史が感じられる。







 鶏肉はモモ肉であろうか、ほどよく脂も感じ柔らかい。タマネギは新タマネギ柔らかい。味は醤油味、コクもある。おいしい。当然炊き具合も丁度良い。サラダはレタスをベースに細かく刻まれた胡瓜人参等がのせられている。焼き肉屋のサラダは不思議においしい。





 香の物もいつも楽しみ、前記したとおり、南瓜の香の物(キムチ仕上げ)。大根との漬け物砥の粉ラボ。箸休めに丁度良かった。ラーメンは十分1人前はあろうもの。麺のゆで具合もやや堅め、私好みである。お腹も十分満たされ、仕事に向かう。










前橋50号線から少し入ったところに「朝鮮飯店・大陸の味」という焼き肉屋。ランチをしていた。

上越からの帰路、前橋で「朝鮮飯店(東部バイパス店)」で焼き肉ランチ。
[PR]
by tatuko00 | 2013-06-29 06:06 | 焼き肉 | Comments(0)

今回は久しぶりに「上越(娘の所)」に夫婦で向かう。丁度昼時、越後湯沢で高速を降り蕎麦屋を探す。「菊新」

b0142232_5515466.jpg


b0142232_5521650.jpg



 温泉街に入り、蕎麦屋を探すが、空いている店舗はすでに食べた事のある店舗。やはり蕎麦屋に入りたい。周遊するように、反対側の商店街に動く。やはり平日、ましてシーズンオフ。しまっているのか店舗が見あたらない。やむなく、駅前に行けば、蕎麦屋らしい佇まい。「菊新」と言う店を発見。







 俗に言う「駅前蕎麦屋」ではあるが、なかなかおいしそう。やはりへぎ蕎麦を食べたい。この店はなかなか面白い盛りつけ、大きな酒杯のような物に盛られるらしい。題して「大名そば」面白そうである。駐車場を教えてもらい入店。店内はなかなかシンプルなレイアウト。椅子席が空いていないので上がり框に座る。







 こだわっているのか、テーブルには面白い箸入れ(竹製のケースのようなもの)が出された。なかなかお洒落。同然おしぼりはつく。どんと出される「薬味」豪快である。蕎麦屋でこれくらいわさびが出されるのは珍しい。蕎麦猪口に汁もたっぷり入っている。








  来ました賜杯級のそば。3名分の注文であるから、やや量は少ないが十分な物。面白いのは、たっぷりと海苔がかけられている。へぎそばでこれは珍しい。どうやら本筋、「布海苔が入ったそばらしい」。なにかへぎそばにも、内陸・海側で若干違うと言うが、こちらはどちらの流れなのであろうか。










 盛り方さえ違うと思うが、通常のざる蕎麦が735円、3をかけると2205円。そのままの価格である。後は盛りつけのサービスと言うところかもしれない。そばはややふと目、海藻のせいかなにかぬめりがある。のどごしがよい。かかっている海苔も上質。奥さんは気に入ったようである。









 そばは、3人前でも2人で丁度良い。麦酒がサービス期間。奥さんに勧めたが、運転首に配慮して遠慮していた。観光客・地元の人が多いのだろうか、ビールを嗜む人が多かった。丁度半分ずつ頂き数分で終了。お腹も満たされました。





 ついでであるが、この店の現在のオススメは「どか盛り天丼」。隣でビール堵共に食べていた方がいたが、写真よりも豪快。おいしそうであった。








[PR]
by tatuko00 | 2013-06-28 06:02 | そば | Comments(0)

前橋でのランチ。国道50号線に「おおぎやラーメン」。幟に「半額」の文字。試して見た。

b0142232_6114344.jpg


b0142232_6115948.jpg



 群馬あたりで所々にみかけるラーメン店。他分、チェーン店・フライチャイズ店だと思う。丁度交差にある小さな店舗。いつもあまり駐車していないスペースに今日はいっぱい。確認すればどうも今日は半額の日らしい。三品限定ではあるが、半額これは面白い入店してみた。






 入る前の看板で確認すれば、ラーメン3種(味噌・醤油・塩)が半額。通常でも615円。これが308円となるらしい。店内はなかなかコンパクトな佇まい。手際よい女性が店内をほぼ仕切っている。どうも家族経営らしい、息のあった経営。作り手は息子・娘と言った雰囲気の店である。







 組み合わせれば、+餃子で602円、+半炒飯で465円、+餃子・もつ煮で728円となっていたが、頼んでいる人は多い。まずは単品。「味噌ラーメン」を頼む。ライスがサービスで付くというのでお願いする。柱に貼ってある物を見れば、「おかわり1回はok」らしい。半額にしても通常のサービスはそのままというのがありがたい。







 紙ではあるが、おしぼりもつく。皿にのせられたラーメンが運ばれてくる。なかなかおいしそう。当然半額でも手を抜いていない。多くの客が入っているのも頷ける。御飯も小ライスと言うが私にとつては十分な量。






 味噌らしく、上には「もやし」「コーン」「ねぎ」がのっていた。たっぷりのニンニクがのっているのも面白い。麺はややふと目。味は濃いめ、なかなか濃厚である。しかし、辛い感じではなくコクのあるラーメン。多くの店が点在しているのも解る。群馬らしい味付けなのであろう。私は嫌いではない。





 御飯も米所。おいしい。腰のある(やや堅め)麺はおいしい。つるりとした感触がよい麺である。テーブルには梅干しもあったので国直しに食べて見た。なかなか満腹となりました。 




[PR]
by tatuko00 | 2013-06-27 06:19 | ラーメン | Comments(0)

「麺処・柳」。2回目のチャレンジと成るが、今日は「とんこつ味噌」ラーメン。

b0142232_6244342.jpg


b0142232_6251488.jpg



 前橋で仕事を依頼されている、前橋大島郊外の住宅地。当然こまあたりには飲食店は少ない。前回、「とんこつ濃厚」と言う物を食べて見たが、濃厚すぎで私にはどうもあわなかった。失礼ではあるが食べるところに困っての入店。本日は水餃子のサービスは無いが、御飯のサービスは残っていた。








 時間も遅い(15時前)なので客は少ない(一人のみ)。2人席が空いていたので今日はテーブルに着席。狭いカウンターよりは居心地がよい。水と冷水ポットが運ばれてきた。メニューを再確認すれば、結構いろいろな種類はある。しかし、高い。ラーメン店においては通常の価格であろうが、私の物差しからは高い。








 しばらくして、ラーメンと御飯が運ばれてきた。まあこれなら680円でも良いかな。定食と考えるのなら香の物(サー沿い)があっても良いかな?などど勝手なイメージをしていた。丼は相変わらず円錐状の器。形状からほとんど汁は言っていない。つゆだくのラーメンが好きな私にとっては違和感がある。汁を節約する器としてしかとらえない。










 御飯は米所、炊き具合も良くおいしい。ラーメンは濃厚ほどどろっとしていないが、ややとろみが感じられる物。確かに味噌の風味はある。叉焼・コーン・メンマ、葱が入っている。よく見れば小さな海苔が刺さっている。スープは確かとんこつ風味ではある。麺が太い、麺がややささくれ立っている。もしかしてこれがスープにとろみを加えているのかもしれない。










 堅めと言っていいか、生煮えと言っていいかというゆで具合。不思議な食感で仕上げられている。海苔はもったいないのでスープをつけ御飯にのっけて食べて見る。味付け海苔なので丁度良い。ラーメンには、焼き海苔が合うのではないだろうか。






 スープにテーブルにおかれていた「ニンニク」を加えてみる。逆にマイルドとなる。ラー油も加えると一層落ち着く。最後一味唐辛子もトッピングしてみるがやはり味噌味、唐辛子が合うのかもしれない。不思議に麺を食べ進めると、具がそこに残る。「コーン・叉焼のかけら」を残った御飯ののせやや汁をかけ「中風猫飯」。これもなかなか行ける。やはり私にはあわないラーメン店ではある。




前橋大島郊外の新しいラーメン店。「麺処・柳」。どややら豚骨専門店。
[PR]
by tatuko00 | 2013-06-26 06:34 | ラーメン | Comments(0)

清龍(蓮田)でお抹茶の接待。のんびり過ごさせてもらいました。

b0142232_54863.jpg


b0142232_5483717.jpg



 清龍酒造とのおつきあいも20年以上になる。基本は日本酒の購入だったが、その後酒類の購入は清龍酒造と成る。その後、土曜日に行われる「聞き酒(工場見学)」を何度か体験し、大満足。時間かあるときにはランチタイムの弁当(食事)なども楽しませてもらった。酒類購入の時にも、今回のように「抹茶」をいただく事が多くなった。











 その後、スタンプラリーが清龍酒造が経営する都内の居酒屋で行われ、20回弱訪れ、称号も頂いた。そんな不思議なつながりで、現在でも「酒・麦酒」の購入はまだ続いている。我が家からだと「さいたま栗橋線」を車で走らすと、122号線沿いの川近くに建っている。












 どうも酒造組合に入っていない事もあり、蓮田の蔵本・東京の直営店での飲料となるらしい。後は個々と直接購入している居酒屋で飲むことができる。門前仲町の「魚三酒場」でも清龍の金印を使って居たのは印象的であった。












 さて、個々では清水亭というお茶室(休憩室)があり、庭園・清水(これで酒が作られるらしい)もある。売店・清水亭売店で何か購入すると「抹茶券」がいただける。それを持って行けば、お茶所で菓子と共にいただける。










工場を意識できる立地になっているので、酒蔵でいただいて居る雰囲気も味わえるのが有りがたい。庭も丁寧に管理されているので、四季折々の花がたのしめる。特に5月からのツツジが非常に綺麗な庭である。のんびり休憩しているとお茶が運ばれてくる。












 干菓子と共に出される抹茶は、結構多い量の「お薄」。お茶の質がよいのか、私はお気に入りである。当然お茶を嗜む妻も気に入っているから、サービスと言っても気を抜かない姿勢が感じられる。これは酒にもいえること、通常の一升ビンも800円台からある。これすらの季節は、純米原酒(11段階)の辛さ「甘さ」から選べる)が我が家では冷蔵庫に冷える。















[PR]
by tatuko00 | 2013-06-25 06:02 | その他 | Comments(0)

ちょい飲みはお通しの無し、ファーストフードも良い。本日西新宿「長崎チャンポン」。

私が保存しているプロバイダーが不調。しばらくこの雰囲気で対応します。
写真をクリックしてください。多少大きくなります。


b0142232_5263335.jpg


 上野の長崎チャンポン(リーガーハット)は、つまみも出して居た。西新宿を歩いて居たら「リーガーハット」。珍しくビール290円の表示。念のためつまみメュー等をウィンドゥで確認すれば、残念ながら無い。しかし、餃子という手もあるので入店。試して見た。








 通常の餃子でも良いが、食券機を確認すれば、ダブル餃子の方が数段得。「ダブル」にしてしまう。当然ビールは2個分購入。加えてお新香、これ1000円弱。十分なちょい飲みである。すぐにやや小さめではあるが冷えた中ジョッキが提供される。働いている女性はほぼ中国人らしいが、応対は良い。店の教育の珠美のであろう。







 程なく、料理も出された。お新香50円は、サービス品程度の物。がっかり。しかし、餃子の箸休めには丁度良い程度かもしれない。餃子はダブルにすると、キャベツ(サラダ)もつく。餃子は小降りであるが、ぱりっとしていておいしい。ジューシーさもある当然焼きたて、あつあつでした。







 待っている間にビールは飲み干しいているので、2杯目。手持ちの食券を差し出す。今度はなかなかの美形の女性。「ごゆっくりどうぞ」の一声、何かビールも一層おいしくなる。そうは言ってもビールも餃子もほほ無くなっている、潮時と判断した。








[PR]
by tatuko00 | 2013-06-24 05:33 | ラーメン | Comments(0)

まぐろ一代 エキュート上野店。小腹すき入店。ビールと「オススメ寿司」。

私が保存しているプロバイダーが不調。しばらくこの雰囲気で対応します。
写真をクリックしてください。多少大きくなります。


b0142232_829343.jpg





 仕事が多少遅くなり、上野駅からの帰宅。少しお腹が空いている。電車も丁度乗り継ぎが悪い。エュートを確認すれば、まだ寿司屋(まぐろ一代)が空いている。お腹が多少空いていたので、入店。運良く空いている。ビ
ールもおいしそう。





 カウンターには、「お得なオススメ(お得な握りセット780円)」を頼む。狭い場所での営業、従業員(職人)が働いている。このような空間での営業は大変なのであろう。カウンターの裏には厨房もあるようだ。すぐにカウンターに笹がおかれサービスがされる。意外とビールがでてこない。





 しばし待ちビールを獲得。喉を潤す。おいしい。後は職人が握り出してくれる寿司をつまみに食べる。カウンター内のメニューを見れば、つまみメニューもあった。そうか、つまみを頼めば良いのだ。寿司は①マグロ(赤身)②イカ③サーモン④帆立⑤ボイル海老⑥穴子⑦いくら「軍艦」+⑧味噌汁がセツトのようである。





 味噌汁は食べた後にしてもらい。喉とお腹を満たす。失礼であるが、寿司は写真とだいぶ違う雰囲気。でもあまりにも違うのではないだろうか。イカ・帆立がまずまずであったが、他は回転寿司並。以前食べたランチタイムの方がおいしかったイメージがする。時間帯の性もあるのであろうか。





 最後に、厚いアオサの味噌汁。おいしい。十分お腹も満たされました。



上野駅で「ランチ鮨。「まぐろ一代」
[PR]
by tatuko00 | 2013-06-22 08:38 | すし | Comments(0)

朝早く出たので朝食は外食。クイックガスト(五反田)の朝食。

 久しぶりのガストの朝食。290円で玉子か納豆が選べる定食。両方食べたい気もするが、ここは我慢。納豆を選択する。それでも海苔・漬け物が付くのだからありがたい。新しくできた明太子定食にもそそられたが、納豆定食とする。
依然として御飯大盛りのサービスは継続中。当然お願いする。小さめのトレーに入れられた定食はなかなかの分量。大盛りサービスはありがたい。納豆は小降りではあるが、柔らかく小粒。お願いして、葱を少し頂く、いやな顔もせず応じてくれた。ありがたい。
 味噌汁はワカメの味噌汁。クイックガストは御飯も味噌汁もオートメーション。御飯は分量の御飯がボタンを押すと適量デデ来る優れもの。味噌汁は具材は乾燥物、汁が適量デデ来る。だから一人でも切り盛りできるのであろう。よく考える物だ。
 御飯は、もう少し質を上げてくれるとうれしいものだが、価格とうからすれば贅沢は言えまい。海苔は焼き海苔。意外とおいしい。醤油を少しつけで食べるが、小鉢のような器しか提供されない。やや使いづらい。
ワケギを特別に抱いた納豆に、辛子・たれを入れて食べる。やはり納豆には葱が合う。カウンターを見ると、ごま塩(懐かしいタイプの大粒の塩とのコラボの物)。残った御飯にかけてみたがなかなかおいしい。こういう食べ方もあったのかもしれない。十分お腹は満たされました。立ち蕎麦価格はありがたい。

b0142232_6212580.jpg



 久しぶりのガストの朝食。290円で玉子か納豆が選べる定食。両方食べたい気もするが、ここは我慢。納豆を選択する。それでも海苔・漬け物が付くのだからありがたい。新しくできた明太子定食にもそそられたが、納豆定食とする。








依然として御飯大盛りのサービスは継続中。当然お願いする。小さめのトレーに入れられた定食はなかなかの分量。大盛りサービスはありがたい。納豆は小降りではあるが、柔らかく小粒。お願いして、葱を少し頂く、いやな顔もせず応じてくれた。ありがたい。







 味噌汁はワカメの味噌汁。クイックガストは御飯も味噌汁もオートメーション。御飯は分量の御飯がボタンを押すと適量デデ来る優れもの。味噌汁は具材は乾燥物、汁が適量デデ来る。だから一人でも切り盛りできるのであろう。よく考える物だ。







 御飯は、もう少し質を上げてくれるとうれしいものだが、価格とうからすれば贅沢は言えまい。海苔は焼き海苔。意外とおいしい。醤油を少しつけで食べるが、小鉢のような器しか提供されない。やや使いづらい。







ワケギを特別に抱いた納豆に、辛子・たれを入れて食べる。やはり納豆には葱が合う。カウンターを見ると、ごま塩(懐かしいタイプの大粒の塩とのコラボの物)。残った御飯にかけてみたがなかなかおいしい。こういう食べ方もあったのかもしれない。十分お腹は満たされました。立ち蕎麦価格はありがたい。






[PR]
by tatuko00 | 2013-06-21 06:31 | 朝食 | Comments(0)

旅も終わり、仕事に復活。今日は大宮での仕事。時間の少ない昼食「とんかつ松八」。

私が保存しているプロバイダーが不調。しばらくこの雰囲気で対応します。
写真をクリックしてください。多少大きくなります。


b0142232_622495.jpg



 あの牛丼家松屋が展開するとんかつ店。大宮では、松屋がはす向かえ、1階にすし松・2階にとんかつ松八が入るビルがある。松屋のオンパレードである。しかし、本日のように時間が無い場合には重宝する。今日は何かガッツリ食べたい。とんかつ店に入店してみる。







その理由の1つが店頭に出されていた「GOGO!セツト」。今回は「親子ささみカツ丼」とのセツト。①サラダ②豚汁③ドリンクとの組み合わせが楽しめるが、私は「豚汁+漬け物」のセツトとした。カウンターを中心とした店内。以前もそうであるが、どうも油っぽい。テーブルも多少べたつく。このあたり本部の管理をもう少ししてくれるとありがたいのであるが・・・?








 まあ背に腹は替えられない。今回もお得感をとることとする。5分程度して、どんと出された。大きめの豚汁は見事な物。カツ丼もささみといえどもなかなかのボリューム。メタボの私には丁度良いのかもしれない。香の物は量は少ないが、白菜の浅漬け。綺麗な物である。





 豚汁は具沢山。そのあたりはカツ屋。肉も十分に入っている。面白いのはカツの上に葱?三つ葉ではない。そのあたりは経費との関係もあるのだろう。カツはさすがにささみあっさりとしている。これもなかなか良い。中途半端な肉よりもおいしいかもしれない。最近は年齢の性もあるが、これで十分である。







 たれの味も丁度良い。あまからず、辛からず。御飯の量もなかなかである。当然お腹も満たされる。やはり香の物は不可欠。口休めに丁度良い。多少唐辛子をかけて醤油をかけるという定番となった。慣れてくると豚汁の具材で食べられるのも面白い。








[PR]
by tatuko00 | 2013-06-20 06:29 | とんかつ | Comments(0)