<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ベネチェアでの夕食は「ノホルホテルベネチェア」ホテルでの、簡単な食事。

b0142232_6332621.jpg


b0142232_6333916.jpg




 本日はベネチェアで半日ではあるが、自由行動が確保されていた。我々としては初めての自由行動。橋やら教会・美術館を巡る旅をしてみた。夫婦二人での行動は多少緊張感があるが、観光客も多いベネチェアの行動はどうにかなるもの。

 エリアも狭い事もあるが、「リアルト橋」「シルビスト教会」「サンポーロ教会」「サンタ・マリアグロリーサ教会」「サンロッコ教会」「アカディミック美術館」「アカディミア橋(木製)」等を散策し、どうにか「コレット美術館」に戻れた。集合時間にも近く、ゆっくり夕食をとっている時間もない。

 BARでテイクアウトが可能な店舗を探し、物色。ちょうど豪快なサンドイッチなどがある店を発見したので、ホテルでの食事に変更。途中の酒屋でワイン・ビールを購入。のんびりとホテルで食べることにした。これも時々我々のする手法。

 サンマルコ広場での集合に間に合う。ここからはチャーターした船でバスが待つ船着き場に向かう。夜景を楽しみながらの移動も楽しい。豪華客船も多く停泊していたので、きれいな明かりが確保できていた。30人程度の移動なのでちょうどよいのかもしれない。

 バスで移動し、ホテルへ。そういえば、ワイン・ビールの栓を開ける手だてがない。ホテルのBARでチップ1ユーロを渡しあけてもらう。赤ワイン・ビールでの夕食となる。時は20時やや遅いが、十分。大きなロール状のサンド?大きなハムサンドを食べる。

 これが意外とよくあう。サンドの方は、フランスパンのようなものにたっぷりハムが入っていた。バター等も塗っていたので風味もある。生野菜(レタス)等も十分に入っている。ロール状のものは、ビザの生地のようなもので包まれている。ツナがたっぷり入っている。いずれもつまみとしては最適である。

 購入の際には、暖かくしてくれるので5分程度かかる。しかし、その場で食べると非常によい状態に仕上げてくれる。当然BARで食べる事もできる。さめても十分おいしい。安酒(3.5ユーロ)のワインも上々。飲み干す頃は睡魔に襲われていました。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-31 06:34 | 海外 | Comments(0)

本日はベネチェアでの昼食。中心部のレストランで今回初となるスパゲッティ「イカスミ」



b0142232_0315418.jpg


b0142232_0331090.jpg


b0142232_033227.jpg




 知識として誰しもが知っているのは、イタリアではパスタ(スパゲッティ)は前菜。当然、我々はツーリストコース。①イカスミスパゲッティ②海鮮(イカ・エビ)の揚げ物③デザート(ティラミス)の食事の説明を受ける。行き着いたのは小さな店。

 ファミレスのような馬蹄形の席に案内される。それにしてもツーリストの場合特に座席は詰められているので結構大変である。このあたりで、有料トイレも面倒になり、レストランにつくとトイレを利用する習慣が身についてくる。

 意外と料理がででこない。赤ワインを1/2頼んで居たので時間を過ごせるが、15分ほどして出された。パスタが非常に柔らかい。堅い、アルデンテを想定していたわたくしには多少拍子抜け。パスタも特に具はないが、からすみの味だけで作られているらしい。

 自家製というパンが出されたが、一部が焦げた物。非常に堅い。パサパサして居る。拍子抜けした前菜の次に期待する。添乗員のお話では「海鮮のフライ」といっていたので、パン粉がついてあげられたカツを想定して居たが、唐揚げのような物。添えられていたどろっとしたソースがおもしろい。

 後で聞いた話であるが、トウモロコシの粉でできているらしい。特に味があるというわけでは無くあっさりしていた。つけて食べるとあっさりして丁度良い感じである。やはり、場所が変われば食べ物は当然変わる。こんなものを食べているものだ。しかし、食べ進めると意外にあうもの。

 野菜もなかなかあう。結構さっぱりしたものなのでわたくしにはあう。イカもエビもたいした物ではない(失礼)が、あっさりしていて美味しい。日本で言えば「ヤリイカ」「甘エビ」の唐揚げのようである。食べればワイン(赤)にも馴染んできた。

 デザートは「ティラミス」。小さめであるが結構美味しそう。あっさりとした味である。料理等が遅れた性であろうが、おかわりも可能といっていたが、申し出る人はいなかった。ツーリストコースは良いが、せめてコーヒー程度はついてほしい物だ。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-31 00:34 | 海外 | Comments(0)

メストレ「ノホルホテルベネチェア」。アメリカンスタイルではあるが何か単調な朝食。

b0142232_1342435.jpg


b0142232_13423796.jpg




 やはりヨーロッパの朝食は、チーズ・ハム・スクランブルエッグ。基本はこのパターン。そのほかにある程度の物はホテルに寄って異なるが、ヨーグルトなどで口を整えながら食べないとどうも胃に負担がくるようである。

 起きがけはなかなか食べられないもの。やや時差ぼけも感じる。まずはヨーグルト体を整えてみる。妻は生のヨーグルトが気に入ったらしい。それにしても大きな器。うどんの丼のような物に入れるらしい。桃のような果物と食べていた。優しい足だといっていた。多少食べてみればクリーミーな物である。

 妻は、定番の3種(チーズ・ハム・スクランブルエッグ)をほどよく取っていた。わたくしがバイキングのところに行ってもあまり変わりはない。ゆで卵をトライしてみたが、非常に固くゆでられている。当たり前であるが、日本の物とは遜色がない。

 ハムは3種類くらいあったが、さほど違ったものではない。でもやはり美味し物ではある。日本ではとうていこれほどは食べないであろうと思われる量を食べてしまった。パンは堅めのフランスパン。基本はパサパサして居るようである。

 反対側に行けば、④ソーセージ⑤ベーコンなどもあった。当然試してみる。ベーコンがなかなか美味しい塩加減・熟成度であった。最後はやはりコーヒー、エクスレッソで口を整え終了
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-29 13:42 | 海外 | Comments(0)

ベネチェアでの宿泊は、メストレ 「ノホルホテルベネチェア」。夕食もホテルのレストラン。

b0142232_1214731.jpg


b0142232_121455100.jpg




ベネチェアでの宿泊は、メストレ
「ノホルホテルベネチェア」。夕食もホテルのレストラン。

 いよいよツアーの再開。ミラノ市内・ベローナ旧市街の散策。やはりジュリエットの家は小さい物だった。女性の像の右胸を触っては置いた。イタリアの古い文化にやや溶け込みそうな雰囲気。少しはイタリア旅行の臨場感を得始めた感じがします。

 ベネチェアはやはり、市街の宿泊はままならず、郊外のホテルになっていた。ビジネスホテルを多少立派にした感じのホテルではあるが、客室は大きめ、施設も充実して居た。今回のツアーは宿泊室、特にバスタブに希望を出していた。

 ともあれ夕食は初めてとなる。ホテルの食堂は現代的な雰囲気。サービスもアルバイトらしい人物が多い。白服はまだ初心者、黒服はやはりベテランらしい。飲み物は、鶏肉だというので「白ワイン」を1/2で注文7ユーロとやや高い。味は、非常にさっぱり目のハウスワイン。

 少し待つと、ここいらでは前菜となる「ペンネ」。結構大きめである。トマトソースと肉で味が調えられている。やや堅めの炒め具合。かむことが不可欠となる。量は非常にアバウト。サービスの男性がどんどん「そら食え」の雰囲気で盛りつけをして行く。

 味は悪くは無い。我々が親しんでいる「トマト」。ナポリタン風味だからかもしれない。パンとの相性は良い。ワインがあると食が進む。次はメインディシュ。案内だと「鶏肉」となっていた。それぞれ期待はするが、まずは肉のかたまりが提供される。

 最初は愛想のない料理に多少困惑するが、次に温野菜が提供され料理らしくなる。野菜は①インゲン②ジャガイモ③タマネギの3種。彩りはあまり配慮して居ないかもしれない。男爵いものようであるが柔らかく、甘みのある物。ソースは「何か醤油のかおり」がするような親近感のある物だった。

 鶏肉は、非常に淡泊。いや「ぱさぱさしている」もの。たべていると喉が渇く代物。ソースがなけれりとても食べられるものではない。ワインも役だった。デザートは非常に甘いアブのコットのタルト。さらには、マッシュルームのようなクッキーも乗っていた。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-28 12:15 | 海外 | Comments(0)

今日の行動は「ミラノ」。ツアーで組み込まれていたものは、「ミラノ風カツレツ」。経験しました。

b0142232_11361470.jpg


b0142232_11372969.jpg


b0142232_11383468.jpg




 ミラノといえばやはり「うすいカツレツ」あろう。価格はどうか知らないが本日のランチとなっている。わたくしどものような安いツアーの昼食は、①前菜②メイン③デザートとなっている。当然、のみのはつかない自分で注文すれは良いのだが、まあこれが定番となっているのかもしれない。
 そんな昼食は「カツレツ」。日本でも最近よく聞くようになったミラノ風カツレツ。基本は豚肉を精一杯たたき、のばしたうすいカツレツ。これはある程度想定できる。前菜としての一品目は、「リゾット」。キノコのリゾットというが入っているものは、マッシュルームのみ。たいした具材は無い。

 普段リゾットなどあまり変わりはしないような気がするが多少濃厚なような気がする。味付けはやはり地元なのかもしれない。しかし、やはり料理は日本人の味にあっている感じのような気がする。添乗員の方が粉チーズをかけて食べると美味しいというので食べてみるが、味の改善は図られた。
 しかしこのあたりは非常にアバウト。量も具材のバランスも皿によってまちまち。このあたりはやはり日本とかなり異なるようである。次に登場したのは、イメージ通りのうすいカツレツ。現地で食べる「ミラノ・カツレツ」を楽しんでみた。

 やはりかなりうすい。押しつぶされた肉は5mm程度。細かなパン粉がまつわりついていた。油は上質な物が使われている(もしかしてオリーブオイル)良い香りがしていた。添え物は温野菜。インゲン・ニンジンが多い。しかし、個人的な乾燥であるが、ゆですぎ。日常食べるゆで具合の方がありがたい。素材を大切にするというが・・・・。

 最後は、アイスクリームのデザート。これはなかなか濃厚・クリーミーで美味しい。特にクリーミーな感じが十分する。なにか緊張して食べた最初の昼食。無事終了しました。当然ワインは、ボトルで赤ワインをいただきました。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-27 11:38 | 海外 | Comments(2)

イタリア最初の地はミラノ。宿泊は「ダブルツリーバイヒルトン」。朝食はなかなか良好。

b0142232_1245179.jpg


b0142232_1253149.jpg


b0142232_126328.jpg



 旅行の決定の要素に「バスタブ」「アメリカンタイプの食事」等を想定していた。まず最初の食事は合格。昨夜23時の到着だったので、何もわからずじまいの終了だったが、朝起きていれば市街地に建つなかなかのホテル。大きな中庭(パティオ)も配していた。

 朝食は、アメリカンタイプではあるが余り期待しないように、指示があったが、なかなかのもの。ハム・チーズはもとより、ソーセージ、野菜・根菜類も充実して居た。飲み物もジュース・コーヒーを主体に準備されている。

 まずは席を確保し、妻が物色に。どういう訳かパンを持ってきた。切り分けられるようになっていたパンを持参。次に「ハムチーズ」類を持参して居た。生ハムを特に気に入っていた。チーズが2種類あるのはありがたい。なにか旅行(ヨーロッパ)で外せないアイテムになっているようである。

 つついた主菜。「オートミール」「煮野菜」「スクランブエッグ」を取ってきていた。ここで終わりかと思えば、またたっていった。その間、ジュースを飲みながら妻の物をつまみ食い。なかなか美味しい。特にたまごは状態がよいような気がした。

 さてわたくしは、やはり「ハム・チーズ」から挑戦。一応すべての物は試してみようと思った。その次に、「ソーセージ・ベーコン」+スクランブルエッグ。パンはチョコレートのついたクロワッサンを取ったが、これが仇。すこぶる甘かった。

 たぶんデザート代わりのパンなのかもしれない。クロワッサンの中に大量のチョコレートが入っていた。とはいってもさすが地元。美味しい物ではある。スクランブルエッグはなかなかおもしろい。小さな肉団子(おそらくハンバーグであろう)のようなものが入っていた。意外とあう。

 ソーセージの地元としては、やはり外せないが「ウィンナー」。これは当然形がそろっている訳ではない。それでも肉がたっぷり入った美味しい物でした。ベーコンも丁度良い焼き具合。意外と塩は少なめでした。

 妻はよほどお気に召したのであろう。「生ハム」等を追加していた。ここのホテルは、野菜・果物だけではなく、デザートも充実。多少甘めではあるが、ケーキも数種準備。妻はチャレンジ気に入っていたようです。堅い、焼きケーキの模様。多少つまみ食いをしましたがなかなか美味しい物でした。

 わたくしはフルーツで胃袋を整えたく物色。「梨・桃(加工品)」、「キューウィ・メロン・パイナップル」等をいただきました。それで終えれば良かったが、簡単なケーキのような物かあったので利用。いただいてしまいました。スポンジケーキのような物。なかなか美味しい物です。

 当然、イタリアの朝。カプチーノ・エクスプレッソで、最終仕上げ。むなかなか朝から頑張ってしまった食事。運動不足と相まって確実に体重・ウエストの増加はやむを得ないと思う。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-26 12:01 | 海外 | Comments(0)

今回の旅行、価格を抑えのでやや欠点は、乗り換え「フランクフルト3時間調整」

b0142232_11303676.jpg


b0142232_11333899.jpg


b0142232_11341417.jpg



 以前の旅行で知識得たのだか、ANAとルフトハンザは提携している。良い所ではマイルがたまると言うことであるが、今回はANAからルフトハンザへの乗り換え、基本はアリタリアを使えば良いのだろうが、意外とツアーも少なく高くなる。そんなわけでトランジットだけは負担はなるが我慢した。

 去年も帰路の時に2時間ほど滞在し居たので、勝手知ったるフランクフルト空港。でもやはり海外でも店舗の後退は盛んなようである。だいぶ店舗にも変化が見られた。しかし、添乗員の機転か配慮か知らないが、空港内の無人電車に乗っての移動となり、さほど歩かないで税関を出た。

 ここからは、時間調整。これもJTBの配慮か、15ユーロ/人のお小遣い(返金)をいただく。結構馬鹿にならない。ありがたい。フランクフルトは2つのウイングか拡大それていた。よくぞ入国手続きした人間をこれだけ収容する施設を維持している物だ。以前増殖しながら変化していた。

 大きく感じたのは、マクドナルドの撤退。中央に近い所にあった「寿司店」の廃業。コンビニのような店舗となっていた。そのほかは相変わらず、すごいスピードで走る電気自動車がかなり危なく感じたのはわたくしだけではないような気がする。

 時間をつぶし、現地時間20時の集合時間に間に合わせる。添乗員は意外とアバウトに見えるがそつが無く、今回は安心して同行できる。ゲートも決まったので23番ケートに移動。ルフトハンザの乗り換え便に乗る。やはり外国(いや地元)の人が多い。

 チケットを確認させ、飛行機に乗り込む。やはり小さめの飛行機。200人程度のもの。我々は分散して座る。やはりANAは日本人ばかりであったが、今回はイタリア系の人に囲まれる。前には小さな子供を連れた母親。後ろ・横とあいていたが、なんと大声で話すイタリア人男女が売ってきた。前では鳴き声・後ろからは異国の言葉の騒音。大変だった。
 CAの声で起きる。こんな距離(1.5時間)でも飲み物のサービスがある。一眠りしたので喉が渇いている。ビールを所望。瓶入りの瓶ドイツビールが出された。以前(フランス~ドイツ)はつまみ(菓子のような物)が出されたが、今回はビールのみのようである。
 妻はめざとく、「トマトジュース」と「水」を注文。喉を潤していた。とにかくスピーディーにサービスが進む。あっという間に到着。ミラノはリナーテ空港。郊外の小さめの空港のようである。珍しくバスでの移動。2台のバスで分乗。出国手続きを進める。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-25 11:34 | 海外 | Comments(0)

飛行機に10時間程度揺られていてもなぜかおなかがすく。到着前のランチ(ディナー?)

b0142232_1121464.jpg


b0142232_11222252.jpg


b0142232_1123081.jpg


b0142232_11232915.jpg



 フランクフルト到着前に軽食が提供される。今度も「和食」「洋食」の2種。注文すればあるかもしれないが、ベジタリアンに対する効能書き等は内容だし、今回は乗車しているのは、ほとんど日本人。食べる(要求)する人もいないようである。

 今回も妻と、別々野茂のを注文。試してみることにした。時は20時45分。ほぼ21時、飛び始めたのが11時過ぎだから9時間程度は過ぎているのだろう。ほぼ11時間のフライト、ほぼ終盤にかかっているところである。途中気流の乱れもなく、快適な飛行を楽しませてもらっている。

 どういう訳か「十穀米」「チキンのトマトソース」の選択らしい。飲み物も提供もあるらしく、真っ暗な機内が明るくなり、おしぼりも配られた。それにしてもCA(キャビンアテンダント)の仕事も大変である。CAがエプロン姿になれば、開始。当然ビジネスクラスからのサービスとなる。

 今回は、妻が「和(十穀米)・焼き鯖」、わたくしが「チキンのトマト煮」となる。ともにメインディュが異なるだけ、②フルーツ(リンゴ・キューウィ・ミカン)③デザート(フルーツゼリー)は同じ、それに加えて、パンがつくのもおもしろい。十分な量である。

 当然飲み物は、わたくしは「ビールと赤ワイン」、妻は「白ワイン」となる。やや飲み疲れかピッチは落ちたがなかなかおいしい。何をしているわけではないが、おなかに入るのはおもしろい。今回はフランクフルトで乗り換え、添乗員も初めて挨拶にきた。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-24 11:22 | 海外 | Comments(0)

3時間ほどで「ランチ」。和と洋を選択できる。2人なので両方を堪能してみる。

b0142232_1101077.jpg


b0142232_1104964.jpg


b0142232_1112756.jpg


b0142232_1115040.jpg



 すぐにランチの提供。その間うたた寝ほして居たのかもしれない。和と洋を選択できる。これだけでも立派な事である。加えて、今回の飛行機はなかなかハイテク。画面上で、料理の中身も示されている。あれがたい事である。

 和食は、「牛丼」。洋食は「白身魚のサフラントマトソースバターライスあえ」となっている。いずれにしても異なる注文をするのが我が家(夫婦)の流儀、頼んでみた。洋食はすぐに提供されたが、和食は別な場所から運んでは来ていた。

 洋食はプレートに綺麗にならんでいた。中央にメインデッシュ。①白身魚をアレンジした料理が置かれている。②サラダに③パンがセットされている。非常にコンパクト、美味しそうである。よく研究されたプレートなのであろう。

 妻の注文であったが、わたくしも味見してみたが、丁度良い味付け。後のことも考えているのであろう薄味で仕上がっていた。パンも非常に美味しい。失礼であるが以前ルフトハンザで食べたパンはぱさぱさ比較にはなにない。当然我々はエコノミークラス。クラスが異なればもっとすばらしいのであろう。

 わたくしの和食は、本日は「①牛丼」。といっても丼で提供される訳ではない。プレートに組み込まれている。たぶん電子レンジのような物であたためられているのだろうが、十分加熱された状態で提供それた。それよりうれしかったのは、②蕎麦。非常に良く冷やされている。汁もわさびも少量ではあるが別盛り、加えて④小鉢のような添え物が2種。「煮物(薩摩揚げと豆)」「海鮮のサラダ」がうれしかった。

 当然、飲み物もつく。ビールにワインをいただいた。飲みやすいワイン、ついつい飲み過ぎてしまう。また丁度つまみ良い量、味付けでもある。蕎麦を食べればすっきりするし、牛丼(ややあまめ)を食べればおなかも満たされる。満足致しました。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-23 11:02 | 海外 | Comments(0)

今回のツアーは、交通公社にしてみた。いままで安くてお得感のあるツアーを選択していたが?

b0142232_1336077.jpg



 10日間のイタリアはなかなかいろいろなところに行ける。今回は多少勉強し、やはり 交通公社(look)にしてみた。何度か添乗員の質を旅行先でも見ていれば、何か良い対応をして居るのが交通公社。当然かもしれないが、前回の阪急旅行があまりにもひどかった性もある。

 最初はルフトハンザといっていたが、成田に行けばANAだという、これはおもしろい。ルフトハンザもANAも提携している。基本は一緒であるが、日本語が通じる機内は安堵感がある。成田を出てから1時間、気流も落ち着くとドリンクタイム。おつまみが配られる。 

 時間が早いせいか、酒の乾き物(ナッツ・かきの種等)が出されればね当然、酒類である。まずはビールを頼む。妻もワイン白。わたくしは多少欲張り、「ワイン赤」もいただいた置く。全日空はミニボトル。やはりこちらの方がありがたい。

 非行が無事に出発し、ほろ酔い気分。これはありがたい。どんなに格安となってもこり程度のサービスは維持してもらいたいものである。
[PR]
by tatuko00 | 2013-10-22 13:37 | 海外 | Comments(0)