関内ホール近く(入り口交差点。桜木町より)に「ひかり寿司」がある

 横浜西口を中心に展開している「みなと寿司」のチェーン店のようである。店は非常に庶民的であるが,扱っている品物はあまり差がない。3800円の飲み放題の宴会もある。座敷20人カウンター10人程度の店であるが,職人が生き生きと仕事をこなしている。
 14時程度のランチ営業が近くのオフィスで働く人の人気のようである。ランチの雰囲気はチェーン店のごとく,本店(横浜駅西口)と似ている。大皿に盛られたにぎり寿司は,立派なものである。価格も抑えられているのでうれしい。残念なのは,寿司ネタに「カイワレ」「茄子の漬け物」が加わっていたことである。ネタではないと言うと通の人には申し訳ないが,海鮮類で揃えて欲しいものである。にぎり具合はなかなか,シャリも美味しいので尚のこと残念である。椀は,大きな器に海草が入れられてでて来る。もう一つ残念なのは,おしぼりがペーパーなことであろうか。



ランチ)みそ汁(大)+おしぼりがつく
にぎり1000円,大漁ちらし1000円。特製寿司1500円など小ビールも付く。
にぎりネタ)①マグロ②鯛③ヒラメ④イカ⑤ホタテ⑥カイワレ⑦茄子の漬け物⑧イクラ(軍艦)⑨タコ⑩鉄火巻き⑪甘エビ⑫鰹⑬ハマチ


[PR]
# by tatuko00 | 2008-07-02 00:59 | ランチ | Comments(0)

関内駅線路沿い馬車道に「寿司の作一」ができた

 寿司屋の多い関内にもう1店舗気持ちの良い寿司屋ができた。以前は丸井のビルだったものが、最近飲食店を中心としたビルに変わりつつある。明るい幹事の店内は、馬車道からガラス張り、職人の動きも外から確認できる。開店後数回入ってみたが、おいしい寿司を出してくれる。常連客もついているらしく。しばしば職人との気の置けない話が聞こえる。
 カウンターを中心としているが椅子席も何席かある。昼は禁煙になっているらしくたばこを数客はいない。夜2000円近いメニューが昼は、980円で食べることができる。数種類のランチメニューがあるので数回通っても飽きることはない。女性にはバラちらし良いらしい。私は定番の寿司が好きである。カウンターでたべれは、ランチでも握りたてを出してくれるのがうれしい。
ランチ例)①握り②バラちらし③鉄火丼④海鮮丼など980円
ランチ例)①②赤身③中トロ④ヒラメ⑤コハダ⑥甘エビ⑦イカ⑧かつお⑨穴子⑩巻物(6)
 ※入荷・在庫によって中身は変動します。



「情報(店からのPR等)」
寿司の作一
魚は全“こだわり”の天然もの  心おきなく食せる極上の寿司
極上のおすしを心置きなく食べたい方は、『馬車道 寿司の作一(さくいち)』へ。
程よく引き締まった身、舌の上で広がる自然な甘み…天然ものならではの味が堪能できます。
同店のネタはマグロをはじめ、すべてが“こだわり”の天然もの。毎朝総料理長が築地まで出向いて仕入れる一級品ばかりです
http://www.e-page.co.jp/shop/1964/
[PR]
# by tatuko00 | 2008-07-02 00:54 | ランチ | Comments(0)

松坂屋のパーキングビルに「いき魚亭・横浜松坂屋店」が開業した

 以前も居酒屋(寿司もあったがひどかった)だったが,今度はきちんとした魚(肴)やが開業した。今度は店のレイアウト,品ぞろいもよい。何よりも従業員の応対がきちんとしている。以前は閑散としていた平日の13時過ぎの入店にもかかわらず,賑わっていた(大半は中年以上の女性)。価格等も安価な設定でありながら品揃えはは多く,リピーターが来るような店となっていた。
 とにかくこの店の特徴は,センターに陣取ったカウンター(厨房)内にある「生け簀」。カウンターが高めに設定されているので,厨房内は丸見えである。職人の行動はすべて掌握できる。そのせいかなかなか整然とした作りであり,職人達の動きも良い。年配の職人が2名がにぎりを分担してつくり,若手の職人1人が巻物関係を仕上げて,奥から出してくると言うのがここの流儀のようだ。せっかくのカウンターがもったいない感じはする。ランチだからかもしれないが,アラカルトも同様にサービスされていた。
 にぎりも数種類用意され迷うようである。1.5人前に相当する寿司(名前がついていたが忘れた)を注文。目の前の職人が数貫にぎりれば,反対側の職人まで運んでいく。ここで5分程度停滞。巻物等を加えてでで来るまで10分。残念。みているだけで多少食傷気味。小さめのにぎりが11貫で出来た。巻物は切るのが最後であるだけ,作り置きなのでノリはしめって貼っている。
 食前酒(梅酒)が出てきたり,ガリが別盛だったりと工夫を施されているが,・・。もう一度訪れ沿い確認してみたい。宴会でも良さそうな店である。
ランチ例)①にぎり4種程度850円~1500円②寿司御前2500円③丼もの750~1500円④寿司懐石3500円など
ランチ鮨「10貫」)①②まぐろ③真鯛④ハマチ⑤イカ⑥タコ⑦ヒラメ⑧アジ⑨玉子⑩鉄火(6)



「お店からのPR」
いやはや幸福、魚の旨さかな…
季節により、日本海で採れた新鮮な魚介類とその豊かな風味を引き出す厳選された食材。いけすから、その場でさばいた新鮮な魚介を堪能できる。ネタは、アルプスの雪解け水、寒暖双方の海水が交わる場所「氷見」から。米は、味と香り、光沢が自慢の富山・氷見産コシヒカリを使用。備長炭で焼いた魚介類は、香ばしい香りと凝縮された風味で豊かな味わいをくれる。酢と塩は、白山や能登の美しい自然から作り出される天然の味…。本物にこだわり、お客様の満足感にこだわった逸品をぜひご賞味あれ。こだわりの贅沢を、もっと気軽に楽しんでいただきたい、それが「いき魚亭」のこだわりである。
神奈川県横浜市中区福富町東通2-5
営業時間 昼食/11:30~14:30(L.O.14:30)
晩餐/16:30~23:00(料理L.O.22:00/ドリンクL.O.22:15)
「お店からの(PR)お知らせ」 http://www.ikesukaitensushi-ikiuotei.com/i_frameset.html     
店の作りは、いけす付き割烹店と、高級寿し店の融合を狙ったもので、気楽に両方のよさ(雰囲気、味覚等)を味わえる店作りが出来ないかと思い実現したものです。又、店内には当店自慢のいけすがあり、当日の朝仕入れる鮮度の良い魚をお客様の目の前で見ていただき、お寿司に、いき造りにして召し上がって頂く事が出来るのがいき魚亭最大の魅力です。
[PR]
# by tatuko00 | 2008-07-02 00:47 | ランチ | Comments(0)

桜木町を日ノ出町よりに進んだ街道沿いのビル1階に「松葉寿司」がある

 お店の箸入れには『野毛競馬場外前』となっている。小綺麗な店がびるの1階に入っているので,気になっていた。チェーン店で松葉寿司というのがあるので,その関連店かと思っていた。昼の時間でものれんだけが下がっており,「ランチメニュー」の掲示すらない。おそるおそる入ってみれば,案の定昼時でありながら,客はいない。親子らしい男二人が,カウンター付近にいる。職人とおぼしめき息子(とは入っても50代)は,予約客のものらしいにぎりを握っていた。客もいないのににぎりを作っている店。どうもこのあたりから怪しさを感じ始める。
 長いカウンターに,4つほどの上がり框がある店。さほど広くはない。カウンターに座ってもなかなかお茶すらででこない。少しして,おしぼりとお茶がでて来た。品書きになどもなく手でこないので,催促する。当然,ランチタイムのメニューはない。にぎり(並)が1200円ほどからある。当然査定価格のものを注文する。カウンターには,平盆に皿が乗せられてある。そこにサービスされるものかと思えば,カウンター内でプラスチックの下駄のようなものに作っている。
 非常にオーソドックスな寿司がでてきた。特に際だったネタはないが,ボイル海老はしっかりとした大きさのものを使っている。それなりの値段を取っているだけに,鮮度は良いものを維持しているらしい。食べるには遜色ない寿司である。その後,予約客らしい中年女性が2名入ってきたが,店内がすごい香水のにおいになったので,店を出た。
ランチ)11時30分から営業はしているが,別メニューはない。にぎり・ちらし共,1200円から
にぎり)①②赤身③イカ④タコ⑤コハダ⑥ボイル海老⑦ホタテ⑧干瓢巻き(4)
横浜市中区宮川町2-55 045-231-3727




最近、「美空ひばり」の銅像ができ、何か威厳が手できた。



[PR]
# by tatuko00 | 2008-07-02 00:44 | ランチ | Comments(0)

関内駅におしゃれなすし屋「寿司懐石・舎利膳」 が昨年(2004夏)開店している

 関内では寿司屋はあるようでない。特にランチで気の利いた店の営業が少ない。官庁街だからだろうか・・・?。その中で,おしゃれな雰囲気を出している店が「舎利膳」である。立て替えられたビルの2階に位置しているので,見落とす場合が多いが,1階に写真入りでメニューが提示されているので,留意しておけば駅からすぐなので解るはずである。


 1000円を超える寿司なので,後回しにしておいたが,今日はいる機会をえた。外階段をあがると,ビルの2階にある。たぶん奥にも席はあるのだろうが,ランチタイムはカウンター(12席程度)を中心にしたテーブル2脚(各4)の営業をしている。新しいせいもあるであろうが,非常に綺麗にされている店内がまず目にはいる。何せ良いのは,白木のカウンター。ランチタイムは残念ながらお盆が置かれている。座席ごとに大きな木の固まり(9×6×30cm程度の角材)があり,お好みはこの上あたりに出されるようである。その後ろに簡易に仕切ることが出来る椅子席(店ではテーブルボックスと呼ぶらしい)がある。


 座れば,すぐに熱いおしぼりと共にお茶が出てくる。少しして,小型ではあるが干し椎茸の香りが充満した「茶碗蒸し」が出される。銀杏なども入り上品に仕上げられている。小腹を調整できる。カウンター内ではきちんとした職人が私の寿司を作り出している。店も整っているが,従業員もすべてきちんとしている。待つ時間も楽しみとなる。カウンターが低いせいか,職人の手元が見えないのが残念である。
 1.5などという野暮なものはなく,ランチでも「梅」「竹」「松」の3種に分けられている。内容は図解と共に店頭に,品揃えも含めて展示してあるのでおおよその予測はつく。しかし,カウンターに座ったのになかなかででこない。どうやらすし桶に盛られてくるようである。気持ちの良い雰囲気なのだからカウンターから出してもらいたかった。加えていえば,すし桶に蓋までつけられて出てくる。当然ランチ用のお盆からはみ出すので,斜めに置くことになる。
 サービスは非常に良い。非常に気のつく女性が目を見張り,客・職人の動きに合わせサービスをする。隙はない。梅といっても侮れない。出てきた寿司は,非常においしそうに仕上げられている。赤身といっても食べれば十分中トロの領域,当然中トロも同様である(とろけるくらいまろやか)。まして良いのは,ネタが厚く大きい事である。特に私の好きなコハダの具合が最高。酢が心地よくきいていた。


ランチ)にぎり「梅1260・竹1575・松2100」,ばらちらし・鉄火丼1050円,鮪とろ鉄火丼2520円,とろ,赤身丼1680円,ちらし「1段1365円・2段1890円」,天麩羅定食1575円,昼のミニ懐石3990円,松花堂弁当1890円
梅にぎり)①赤身②ヒラメ③中トロ④コハダ⑤甘エビ(大)⑥イクラ「軍艦」⑦玉子⑧巻物(3種) 
横浜市中区常磐町2-11-2アリエスヨコハマ2F  045-662-5944
営業時間 月~土/AM11:30~PM15:00 PM17:00~AM4:00ラストオーダー
「お店からの(PR)お知らせ」 HP: http://www.sharizen.com/
お祝い事、ご法事、大小ご宴会に。お気軽にご相談ください。
心のこもったお料理と隅々まで行き届いたサービスでお応えいたします。約2名~30名様までのご宴会までご利用頂けます

[PR]
# by tatuko00 | 2008-06-30 09:34 | すし | Comments(0)