野毛 手形ラリー 38 「八十八」 4度目の訪問



もう一軒と重いBASILにいけば14時からという。時計をみれば56分。この言い方はないだろうと思い通り過ぎる。裏を歩けば日曜日営業しているはずのない八十八が営業している。こうなればこのチャンスを逃すすべはない。マスターに伺えば、ラリーもOKという。妻に笹だけ入りの酒を体験させることができた。




当然、小鉢(一品はちくわの竜田揚げ)が2品つく。今日は珍しく2人。マスターの配慮であろう、2種類の小鉢(ポテト・シナチク)が準備された。もっとも愛すへき1NGの店である。



何せ、賞味1.5合は入るであろう竹筒にたっぷりと日本酒が入り、冷やされている。メニュー上は900円。これに小鉢が2種つくのだから600円は非常にお得。妻にも自慢げに紹介できる。当然互いに手酌でぐいぐい飲む。外の風が店内に入り気持ちがよい。明るいうちの酒は格別である。





野毛の飲み屋街に「八十八」という居酒屋が・・

横浜野毛の「飲兵衛ラリー」が3年ぶりに復活

野毛「飲兵衛ラリー 19-2」 最終ラウンド? 「八十八 (二回目)」

野毛 手形ラリー 28 「八十八」 三度目の来店


横浜野毛ラリー完全踏破
[PR]
by tatuko00 | 2009-11-06 06:59 | 飲み屋 | Comments(0)


<< 野毛 手形ラリー 39 「BA... 野毛 手形ラリー 37 「横浜... >>