「黄金オリオン酒場」というおもしろい店に入ってみた。





最近はやりのレトロ風のインテリアを作っている酒場、関内駅付近にも作られていた。たぶんチェーン店なのかもしれない。手羽から揚げが専門らしいが、私は多少苦手。メニューを見ると焼き鳥の煮物という物がある。かくも385円と安いので頼む。ビールを頼めば、生中380円、大でも480円だというので、大を頼む。









キャベツの上に塩昆布がのせられたキャベツがお通しとして出された。唐辛子などをのせられている。多少おしゃれな雰囲気。価格もきになる(お通し会計時確認すれば300円)。どうしてお通し言う物が合法的に成り立つのかわからない。




焼き鳥を煮たものは、何かモツ煮のような感じ。おでんの具のような仕上がりとなっている。串から外せば、ほぐれてしまうような感じ。味がしみこんでいて美味しい。大ジョッキは、太い感はあるがさほど大きい物ではない。変な暖簾が下がった席だったので、1パイ呑んで終了となる。





黄金オリオン酒場 関内 http://r.gnavi.co.jp/g498437/
[PR]
by tatuko00 | 2009-11-23 07:15 | 飲み屋 | Comments(0)


<< 関内駅地下プロムナードに「糸ぐ... 南太田、路地裏の寿司屋。「久月」 >>