越谷散策のランチ 焼き肉「やまと」








越谷の散策も終盤であろうか大体の場所はあるいた。川沿いにビルがあり、美味しい香りが漂っていた。つられて入店。焼き肉屋のようである。ひとテーブルごとに換気扇がつけられているが、焼くのは炭火のようである。テーブルにはガスではなく、七輪の置き場が用意されている。






ランチも焼き肉はあるが、どうも一人や苦肉は寂しい。「ポークジンジャー850円」を頼む。しばらくして、鉄板の焼ける音と共に料理が出された。トレイに乗せられ、セットになってだされる。サラダ、スープ、キムチもつくので食欲は増す。うれしいのはご飯のおかわりが可能な事だ。







ポークジンジャーなどと言うのは、学生時代以降食べたことがない。最近は焼き肉・生姜焼きというのが、命名されている事が多い。基本は「豚のしょうが焼き」と言うことだと思うが、あまり味付けは強くない。やや甘めの仕上がりである。





スープを飲めば、焼き肉やの雰囲気が十分感じる。サラダは付け合わせと考えた方が良い。いろいろな鰺が混在していた。キムチも韓国風。十分に香辛料が利いていた。うれしいのはご飯が美味しいこと。お腹は十分にみたされました。










[PR]
by tatuko00 | 2010-09-20 00:26 | 焼き肉 | Comments(0)


<< 大宮で粋なすし屋、「すし風凛」。 へぎ蕎麦を食べたいと言うので高... >>