横浜で一杯飲むなら「大蔵」






夕方ビールが安くなる。18時までは半額。多少卑しくなり、ビールをガブガブ飲む。お通しは、ひじき。勝手に体には良いと言い聞かせ、体に負担をかけるビールを飲む。つまみはと迷い、「季節野菜の揚げもの」というものが写真で紹介されていたので頼む。





出されたものは写真とも似つかない、寂しいもの。品数も少ない。当然店長にクレームをつける。しばらく厨房で作業が施されるが、多少品数の変化はあるものの、あまり見栄えは変わらない。あきらめ受け取る。まずくないが、これで580円はないであろう。





足しようボリューム感のあるものを所望したく、「鉄板焼き(正式名称は忘れた)」・「焼き鳥」を頼む。いずれも特記すべき和ほどのものではない。この大蔵とは、30年以上のつきあいになるが、どうも最近は、マニュアル化が進んでいるようである。




ビール3杯呑んだ後は、日本酒(2合も半額)。当てを漬け物に変え終了する。ちょいのみの予定が、がぶ飲みとなってしまった。


by tatuko00 | 2011-09-04 04:06 | 飲み屋 | Comments(0)


<< 大宮でワンコインランチ「焼き肉... 横浜国大第1食堂 れんが館② >>