インターネットで検索すれば幸手に新しいそばや。「せき谷」





地元の店を食べ尽くしてみたいと思っている夫婦。時々インターネットを駆使すると、新たな店を見つけられることも多い。今日は「せき谷」。何かおしぉれなそば屋ができているらしい。ランチは定食タイプで出している用なので、行ってみた。





完全に住宅街のど真ん中の店。改装と同時に店舗にしたのであろう。管理しているのは70歳前後のご夫妻。最初店番をしていたご主人に話しかけても、聞こえにくいらしく「大声を出してほしい」という。息子さんもいるらしいが・・・。





奥さんが出られてどうにか話ができる。2011年3月頃にできたらしい。6ヶ月程度たったと行ってい。先ほどのご主人が調理担当らしい。厨房から大きな声が聞こえてくる。奥さんは「イカ天蕎麦」、私は「チキンカツ定食」を注文。





当然客は私たちしかいない。店を観察すると、奥には上がりがまちがあるらしい。トイレも利用したが、大きなパウダールームを挟んで男女別になっている。店の規模にしては非常に立派である。どこかのデザイナーに頼んだような雰囲気の店舗。のんびりできる。







さていよいよ料理登場。ボリュームは十分。妻の天ぷらはカツを揚げたもので行ったのだろう、斑点がついていた。その成果、どうも妻の評価は天ぷらには厳しかった。蕎麦はなかなかのボリューム。やや堅めにゆでられていた。粒がやや感じる蕎麦である。打ち場があるから当然手打ちと思う。





私のチキンカツはボリューム満点。揚げ具合も良く、さくさくしている。ソースが「ゴマたれ」「ソース」の2種が準備されている。ありがたい。ご飯もおいしい。小鉢・香の物もつく。遅れてそばがきた。冷・温が選べるので暖かいものにしておいた。






「おかめそば」十分な量である。麺の味も十分する。濃い目の露であるが、だしも利いていておいしい。当然このボリューム。満腹となりました。





by tatuko00 | 2011-09-10 06:12 | そば | Comments(0)


<< 大宮のおしゃれな寿司屋さん。「堺」 また大宮で立ち飲み。「なごみ」へ。 >>