人気ブログランキング |

幸手の気になるうどんや「彩佳」。開業2周年セールに遭遇。





駅まえから伸びる通りに、以前うどん屋が開業したのを記憶している。最近地元の店を再確認している我が夫婦。今日は、駅前の更級というそば屋に行ってみたが、非常に忙しそう。対応ができていないので、退席。次の目的地としていた「彩佳」に来てみた。





1・2年前に開業したのを覚えているが、その後伺う気配はなかった。確か以前「左鮨」という店があった場所。店内はその当時の趣が残る。






偶然伺えば、何か「SALE」ののれんが下がっている。何かと思えば。「肉うどん」「キノコうどん」が100円で提供している(これのみの提供)。何か面白い。入店してみる。店内は、寿司屋当時こんなに大きかったかと思う雰囲気。カウンターの後ろに大きな上がりがまちが作られていた。





妻と二人なので、カウンターにすわる。オーダーはまずとられる。今日は前金だというので200円を支払い待つ。雰囲気からして、家族経営。今日は家族総出での仕事のようである。息子さん・お嬢さんらしい2人が手伝っていた。






どちらのうどんも、付けうどんのようである。通常は500円で提供している物らしい。目の前で、その都度作られるたれは、フライパンでのお手製。手間はいとわないらしい。その分できたてのつけだれが味わえる。




うどんは、やや細め。つけ麺には丁度良い。たれはやや濃いめ。つけ麺に似合うようにこしらえているらしい。東北人の私には丁度良いが、関西人の妻はどうも濃すぎるらしい、薄めていた。基本の誰は同一、肉うどんは、①長葱②(豚バラ)肉③油揚げが入る。キノコうどんは、①長葱②キノコ(マイタケ・シメジ)③油揚げが入ったもの。



偶然であった開業2周年セール。今後どのような店に仕上がっていくのか楽しみではある。格安のつまみも充実。夕方訪れ、ちょいのみをするのにも良いかもしれない。締めは、うどん(蕎麦)となるのでしょう。


by tatuko00 | 2011-10-11 03:59 | うどん | Comments(0)


<< 野毛手形ラリー2011その2 もつや チェーン店のそばや「そじ坊(海... >>