人気ブログランキング |

野毛手形ラリー2011その2 もつや






桜木町駅近くのビオシティ。地下2階は庶民の飲食店。普段でも昼から飲めるこの界隈は、キンバイ酒造・石松という老舗を維持しながら、各店舗が競合している。本当は、キンバイあたりで一杯飲んでから、流れていきたいが、わたくしの行動時間は9時30分以降となることが多い。







今日は野毛手形ラリーを手に入れたついでに、地下街で利用できる店を物色する。この界隈も浮き沈みがある。もつ焼きを専門とする店が開業、そこが手形も扱っている。そもそも安いのかもしれないが、①もつ煮②ホッぴー小で680円。それを1手形にするという。単純に考えれば80円のサービス。







 まずはお伺いを立てて、入店。奥の落ち着いた席に坐ってよいというので坐らせていただく。店全体が見渡せる場所。初めての店で、この雰囲気はありがたい。メニューなども確認すれば良心的な設定。串焼きが2串単位であるのが残念。一人だと何種類も食べられない。メニューを見る限り、盛り合わせはないのかもしれない。







 当然のように、店内のディスプレイには競馬中継。ほとんどの客の机の上には競馬新聞。この辺りがこの地下街の特徴であろう。ホッピー小といっても中ジョッキの大きさ。十分なもの。生ホッピーであるからおいしい。焼酎もケチケチしていない感じ、濃い。ありがたい。







 もつ煮も小さめの器であるが、多めのネギがドンと乗せられている。良く煮込まれたもつは仕込みもよい模様。まったくにおい(臭み)はない。おいしいもの。またホッピーに合う。ビールを追加注文したいが、550円と意外と高い。これで打ち止めとする。







横浜野毛ラリー完全踏破
by tatuko00 | 2011-10-12 06:30 | 飲み屋 | Comments(0)


<< 2011野毛手形ラリー③ 「そ... 幸手の気になるうどんや「彩佳」... >>