新秋津で沈没「サラリーマン」でのどを潤す。





所沢を目指して歩いていたらいつの間にか秋津方面に歩いていた。こうなれば、自宅に帰るには武蔵野線が便利。「新秋津」を目指す。西武線290円分浮いたことになる。そんな理由をつけて、久々に
「サラリーマン」へ。






駅前にあるその名の通り「サラリーマン」の身方。入ってみる。今日は妻と一緒。2階の座敷も考えたが、やはり臨場感は1階のカウンター。指示通り座り。今日のお勧めを聞けば「白子」があるという。まずは白子とビールを注文。






角打ち価格でおいしいものが食べられる店。安心して注文できる。白子でも400円。惜しそうなものがすぐに出された。妻が好きなので譲る。ここで気をよくした妻は生身の通いという。当然刺身盛り500円を頼む。







妻が苦手なカンパチは私がいただく。飲み物は妻は「日本酒」、私はホッピーに変える。焼き物を見れば、砂肝・ツブ貝が気になり注文。豪快な物が出された。塩で頼むとおいしい味噌がついてくる。この店は塩が良い。2本単位なので、今日は便利。



焼酎を瓶で頼んでも良いがも今日は中身を2回注文。焼き物に気をよくした我々は海鮮で勝負。げそ・ホタテを頼む。どれも230円(2本)なのでうれしい。げそは焼き具合とも絶品。当然お酒が進む。




私は、牛筋煮込み230円を注文。変化をつけてみた。葱たっぷりの盛りつけ。頭か下がる。ホッピー似合う。やはり焼酎煮は煮込みであろう。奥さんには日本酒に合う「貝三種盛り」500円。とにかくつまみなら揚げ物も含め何でもある。食べたいものを格安で楽しめるのが魅力であろう。




これで4000円ちょっとの支払い。ありがとうございます。


by tatuko00 | 2011-10-25 04:00 | 飲み屋 | Comments(0)


<< 職場の代休(平日)を利用した、... 鰻をランチで、浦和「別所」で体験。 >>