大宮での仕事終わりは「なごみ」。大阪焼き+焼きそば+瓶ビール650円。

b0142232_07412834.jpg


 大宮のなごみ。なにか文句(客層が変化している)をいいながら、通ってしまう「なごみ」。大宮でも西銀座は、歓楽街。私が仕事を終了するときには「マッサージいかがです」「いい子居ますよ」等で、すごい客引きが認可されている無法地帯。近くに交番があり、交番の近くでもはびこっているのだから公認だと思う。


 今日は、仕事が一区切り。少しのんびりできる時間もある。つまみは2品。とは言っても100円の物を二皿だから、麦酒(大瓶)450円を加えても650円のちょい飲み。このつまみは初めてかもしれない。札を見れば「大判焼き」「焼きそば」。


 こんなつまみもあったんだ。大阪焼は、お好み焼きのミニチェア番。中央に玉子がはめ込まれている。なにか家庭的な雰囲気。それにも負けないのが、小皿に盛られた「焼そば」。量は少ないが、お一人さんのつまみには十分である。


 大阪焼は、意外とキャベツも十分入っている。注文後レンジで温めてくれるのでありがたい。甘めのソースもたっぷりかけてくれる。なかなか美味しい。焼きそばもしかり。麦酒には合うつまみである。飲み物を追加したいが、どうも疲れている。このあたりで終了とする。


20140723


[PR]
by tatuko00 | 2014-09-17 07:46 | 飲み屋 | Comments(0)


<< 西新宿「陳麻家」で、すばらしい... 大宮でのランチは「海鮮丼900... >>