大宮は「ちらしの大盛り」がおもしろい町。鮨政が一番すごいが、「七搦」の大盛りもなかなか。

b0142232_11564216.jpg

b0142232_11564836.jpg

b0142232_11565411.jpg




 ちらしの大物というのはこの地に来るまでは、ごはん(シャリ)の大盛りとばかり思っていたが、鮨政という鮨屋で、職人の方に大盛りを試してみませんかという提案。お腹も空いていたので同意。頼んでみたら備造りするような物が提供された。最近知った路地の店、七搦もにぎりは美味しい物が出されていたが、ちらしは試してみたことがなかった。


 ものは試し、七搦も100円で大盛りにしてもらえる。見ていると、鮨政と同じようなご飯を盛り始めた(おひつ一杯のシャリ)。オープンカウンターのキッチン(厨房)。作られる過程がが解る。次から次に盛られるネタは、重ねのせ、私の好きなコハダ・鰺の類もある。ありがたい。


 親方に手渡された物は、重量感のある物。ご立派な物だった。具材を見ても、見る限りでも多彩。①②鮪③コハダ④穴子⑤鰺⑥ヒラメ⑦ハマチ⑧ウニ⑨サーモン⑩カツオ⑪イカ⑫玉子⑬いくら⑭ウニ⑮ボイル海老⑯甘エビ⑰ほっき貝+⑱椎茸⑲漬け物。これだけ見ても現時点では大宮NO1。うれしい限りである。

 最近、鮮度・盛りつけ・ねた・シャリ共にやや落ちてきている鮨政。チェーン店のなせる技であろう。七搦の方が数段上位である。価格も900円(945円)。信じられないランチサービスである。当然すべてのねたが良質の物。私の好物のコハダも良い状態。


 シャリが美味しいのもこの店の特徴。シャリに届くまで数種のネタを食べていかねばならない。ちょうど良い状態の酢飯(炊き具合・酢の配合)は、今日も良好。1年ほど前に見つけてた店舗。その後何度か通ったが、今回の衝撃は大きい。店舗が小さく、基本ランチは10名程度で一杯。楽しい店である。



大宮で見つけた寿司屋「七搦(ななからげ)」。以前から気になっていたので入店してみる。

 大宮で、しばらく前に開業していた寿司屋。東口から大宮氷川神社に行く一の宮通りから派生する路地にある店舗。大宮でもあまり店舗無い場所になるが、お洒落な佇まいが気になり、以前から気になっていた。大宮の仕事が週末が多いのでランチには巡り会...
中年夫婦の外食 2014/03/06 06:05:00

ratuko00.exblog.jp


by tatuko00 | 2015-09-10 11:58 | すし | Comments(0)


<< 今日は宇都宮で仕事。東京方面で... 今日は前橋で仕事、途中のガスト... >>