久喜に新しくできた外食チェーン店「いっちょう」に行ってみた。平日ではあるがなかなかの人出、びっくり。

 平日ではあるがなかなかの人出、びっくり。このあたりでは杉戸にだいぶ前に言ったことがあるが、多彩なメニューとボリュームに感動した記憶がある。久喜インター近くの場所に、御殿のような和風の建物、いっちょうの特徴である。多少早めにいったが、車は駐車場にかなり止まり始めていた。

 中に入れば、多くの方々が待っていた。それも想定しているのだろうか待合スペースも確保されているが、あふれていた。せっかく来たので食べてみることにしたので待つことを決意。私はトイレに行きながら店内を散策してみた。なんと空きスペース(席)は非常に多い。この手の店には良くあるが、サービスが追いついていないための渋滞らしい。確かに手際が悪かった。

 案内されたのは、駐車場に近いスペース。基本はすべて個室を基本としているらしい。ゆったりとしたスペースに妻と二人座らせてもらった。たくさんあるメニューから頼んだ物は、「(私)トリオセット:➀ミニ天丼②海鮮漬け丼③ミニうどん」「(妻)ペアセット:➀ミニ天丼②ミニうどん」。

 注文もそうであるが、呼び出しボタンを押してもなかなか来ない。歩いている従業員に声をかける方が早いようである。お茶はセルフサービスらしいので、その場所を探せば入り口近くにあった。自分で行った方が良さそうである。20分程度して提供された。

 ペアセットは、主食が1品少ない分、小鉢が3種ほど追加されていた。いずれも890円程度の低価格、良くこの価格で提供される物という低価格・ボリューム。小鉢6種は、➀もずく②筑前煮③サラダ④きんぴらゴボウ⑤香の物3種⑥デザート「杏仁豆腐」となっていた。これに、ミニではあるが天丼・ざるうどんがついていた。

 私の方は、小鉢がうどんに変わり、小鉢が3品程度減った物。ミニではあるが天丼・漬け丼・ざるうどんがどんとつけられていた。当然、どんぶり・うどんはできたて?どんぶりはそんな感じはしたが、うどんはゆでられてからかなり時間が経過しているような雰囲気たった。

 内容的、味的にもまずまずの物。ご飯の炊き加減が柔らかかったのが残念である。天つゆは独特の油揚げ仕立て、熱い物となっていた。デザートが「杏仁豆腐」というのも何か面白かった。

20180116


f0388041_07091129.jpg

f0388041_07091661.jpg
f0388041_07092250.jpg

f0388041_07092957.jpg

f0388041_07093477.jpg

f0388041_07094138.jpg





北千住、昼士は時間が無く食欲もいまいち。日高屋でシンプルなラーメン。

...久喜栗原店)で朝食、「納豆定食」「卵かけご飯」...日高屋・小諸蕎麦・ゆで太郎)の特徴があるのは、カレー。蕎麦・牛丼の味の違いよりも、相違がはっきりしている。 今日食べた松屋の...中年夫婦の外食 2015/11/01 15:29:00ra...
中年夫婦の外食 2017/11/08 07:32:44

ratuko00.exblog.jp



[PR]
by tatuko00 | 2018-05-01 08:29 | 和食 | Comments(0)


<< 御徒町で見つけた魚禅に入って... 北千住で仕事がやや早く終わった... >>