今日は世田谷線を楽しむたび、おしゃれな店を探せば「イタリア料理 GITA」。なかなかの良店でした。

参加しませんか私と気まぐれ散策

齋藤修が案内するカルチャー(散策・食事) 201805

現在も参加者募集しています。現地集合ですので関東近郊の方は参加できます。

ヨークカルチャーセンター上尾 048-777-0440

古河カルチャーセンター  0280-31-6011


 東京散策も少し変化をつけはめている。今日は少し郊外へ、世田谷線を楽しんでみた。地の利がない方もいるので渋谷で集合、その後地下鉄で三軒茶屋まで移動、フリー切符を利用して、移動してみた。最寄り駅は「上町」であるが、歩けば15分程度かかる。どちらかといえば、馬事公苑が近いところである。

 交通の便が悪いせいか、店の対応・サービスは非常に良い物だった。久しぶりに良い店に巡りあった感じ。12名程度だったので小さな店、可能かどうか問い合わせれば、快く受け入れてくれた。ランチはいろいろセットがあるが、「選べる1ドリンク&カフェフリー付!前菜とメインはお好きなものを組み合わせて!全4品」というのが紹介されていたので、これにした。

 ワンドリンクがついていたので、まずは好みの飲み物を頼む。乾杯、少し歩いているのでおいしい。パンもどんと出された。オリーブオイルで食べるのがここの流儀らしい。小さなスープというのは本当に小さな物だったが濃厚なポタージュ(ジャガイモだったと思う)。

 パンがなくなれば、奥様(女性)が適度に補給してくれる。お二人で営み、ご主人(男性)が一人で調理し配膳して我々の注文をそつなくしてくれるのだからありがたい。今回は、「前菜」「メイン料理」が選択できるコース。選べる楽しみも参加者には好評だった。これくらいの人数だと事前に決めろという店舗も多いが、この店はそんなことを言わず対応。みあげたものである。いやありがたい。

 「前菜」は、➀魚(サーモン)②肉(豚肉)となっており、詳細な名前も言っていたか、それぞれが選択、サーモンは5切れほどの物が、数種の野菜と合わせられていた、香りの良いソースもかけられていた。豚肉は、燻製のようなもの、チーズと塩がかけられ、さっぱりとした仕上がりとなっていた。ともにおいしいと好評。

 私は、赤ワインも追加でいただいた。ランチはハウスワインなら600円程度、うれしい。「メイン」は、6種ほど辛選べたが、①鳥肉のソティー②白身魚のソティー③豚肉のソティー、追加料金500円だが④牛肉の赤ワイン煮という物を選んでいた。

 私は、前菜に続いて豚肉を選んだが、素晴らしい良。多少パサパサしていた肉だったのが残念だったが、トマトソースがかけられ、肉のパサパサ感を和らげていた。ボリューム感はいずれの料理も同様であるが、おなかにどんと来てしまう物だった。

 一番人気は、「魚」。大ぶりの魚のソティーに帆立・海老(まして3尾)もついていた。ビジュアル的にもきれいであり、当然食べてみればおいしい。選択した人たちは非常に満足していた。彩りにもこだわっているのであろう、野菜で彩りを添えていた。

 最も、ボリューム感があったのは、「鳥」。あらかじめボイル(あるいは燻製)した物に焼き目をつけた鳥肉がふんだんに盛り込まれていた。食べた方に聞けば、柔らかく下味もついておいしかったとのこと。ミニキャベツ・説野菜で盛り付けに工夫が加えられ、緑の野菜ソースで仕上げられていた。

 イタリアンと言うが、パスタ・ピザでごまかさず、しっかり料理で勝負してくれた。フレンチのイメージとも重なる。最後はデザート、①アイス②果物③プリンの3種セット。女性陣は数種提供されるデザートには目がほころぶ、食後のコーヒー・紅茶もフリードリンク。お腹もここも満たされました。



f0388041_06321073.jpg


f0388041_06321595.jpg


f0388041_06322029.jpg


f0388041_06322698.jpg


f0388041_06323111.jpg


f0388041_06323685.jpg


f0388041_06324272.jpg


f0388041_06324713.jpg


f0388041_06325439.jpg







古河・上尾カルチャーセンター 「お江戸巡り⑯」 案  埼玉・茨城から東京を楽しむたび 修正

古河・上尾カルチャーセンター 「お江戸巡り⑮」 案  埼玉・茨城から東京を楽しむたび

古河・上尾カルチャーセンター 「お江戸巡り⑭」 新発見東京散策味街巡り 案埼玉・茨城から東京を楽しむたび「修正2」

古河・上尾カルチャーセンター 新発見東京散策味街巡り⑫⑬ 



[PR]
by tatuko00 | 2018-05-10 07:20 | イタリアン | Comments(0)


<< レストラン ル・ジャルダン 世... 朝バタバタして朝食を食べ損ねた... >>