御徒町で仕事。新しい鮨屋を発見、立ち食いとなっているが椅子(ランチ時)もあるようなので入ってみた。寿司常・御徒町店。

 寿司常というと多少高級感を感じるチェーン店。御徒町を歩いていると何かカジュアルナ雰囲気の鮨屋、よく見れば、すしつねの文字。寿司常ではない。表から見ても立ち食い寿司のような雰囲気。店内が一見できる。長途昼時、ランチメニューが出されていた。

 なんと600円程度からの設定。これは確かめるしかない。店舗は新しいこともあるが、衛生的。気持ちのよい雰囲気となっている。しかし、シンプルな雰囲気。カウンターには寿司常の仕事服を着た職人。確認すれば、やはり新しい業態のようである。しかし、価格的にも安いのは歓迎するところ。メニューからランチAを選択。価格はなんと590円。

 通常、並寿司を確認するが、ここは相当する物を頼んでみた。カウンターで作った物をすぐ出すスタイル。これはありがたい。まずはおいしいお茶が提供される。カウンターに座ったが、下駄の上にのせられた笹には、漬物(大根の醤油漬け・レンコンの酢漬け)が添えられていた。これは寿司常と同様。コンセプトは継承されているようである。レンコンのピンクが印象的。

 すぐに、6貫が提供された。まぐろにも化粧包丁が入るなど丁寧な仕事。➀まぐろ(赤身)②鰺③ボイル海老④イカ⑤鯛⑥玉子のラインナップ。十分である。食べてみれば、鮮度・シャリ状況もよい。私の好きなイカなどは、スダチものせられていた。いかにも細かな包丁が入れられ醤油が適度に入る。なかなかよい。

 味噌汁は、シンプルな麩と若布の味噌汁。握り6貫で終わりかと思えば、私の食べ具合を見て「カッパの手巻き」が手渡れた。これは回転寿司では味わえないサービス。海苔はやはり、握たてががおいしい。パリパリ感をいただいた。


f0388041_07120579.jpg

f0388041_07121263.jpg

f0388041_07121952.jpg

f0388041_07122473.jpg

f0388041_07123047.jpg






62 件
  1. 一人二次会「そば田」    第25回品川駅から天王洲アイル(分岐)、領域を確認する旅「57」 「体験・建築・史跡散策とグルメランチ(老舗)」PART10 熊谷カルチャー

    一人二次会「そば田」 第25回品川駅から天王洲アイル(分岐)、領域を確認する旅「57」 「体験・建築・史跡散策とグルメランチ(老舗)」PART10 熊谷カルチャー

    私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成30年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんでみまし...

  2. 鮨屋新越谷シリーズ、今度はすし屋銀蔵でにぎり寿司。あやせにぎり(並鮨)を頼んでみた。

    鮨屋新越谷シリーズ、今度はすし屋銀蔵でにぎり寿司。あやせにぎり(並鮨)を頼んでみた。

     私感もなく、ある程度の満足度を得ながらランチを食べたいという場合には、鮨が最適である。最近だと外食チェーンの経営する寿司店も多くなり、質も上がっている。割と利用するようになったのが「すし屋銀蔵」。あまり外れがない(従業員・サービスがある程度の質が維持されている)。 新越谷にもガード下にありました「南越谷店」。入ってみればこじんまりとした店舗。入り口にはカウンター・奥にはグループ席があるらし...

  3. 連続して新越谷「つか本」のランチ。ちらし鮨が大盛り無料となっていたので試してみた。満腹シャリ大盛り。

    連続して新越谷「つか本」のランチ。ちらし鮨が大盛り無料となっていたので試してみた。満腹シャリ大盛り。

     何か好みになってしまった新越谷の鮨処「つか本」。先日握りを食べたので、今日はチラシに挑戦。メニューを見ればシャリの大盛り無料という。そうなれば、お願いするしかない。エレベーターに乗り5階に上がる。かすかに見える中は空いていた。安心してカウンターの奥に座らせてもらう。 どうやら、チラシは若い職人が作るらしい。当然シャリ大盛りを志願する。見ていると「もうすこし大盛りにしますか」の問いに「はい」...

  4. この夏は新越谷の仕事を請け負ってしまった。裏路地でランチを探していると「つか本」と言う鮨屋を発見。

    この夏は新越谷の仕事を請け負ってしまった。裏路地でランチを探していると「つか本」と言う鮨屋を発見。

     越谷での仕事にも慣れ、町を多少見る時間もとれたので路地を歩いていると新しい鮨屋を発見、どうやら小さなビルの5階に入る鮨屋「つか本」と言うらしい。写真で見る限りこぎれいな店舗。ランチも1000円(並)と2000円(上)の2種、チラシと握があるから、4種と言うことになる。 エレベーターを上ってみる。まだ新しい雰囲気の入り口、すでに半年ぐらいはっているようである。失礼であるが、新越谷近辺ではラン...

  5. 老舗の帰路、やや小腹があいたのでチョイのみ。「ひろかつ」と言う串揚げ屋に入ってみた。

    老舗の帰路、やや小腹があいたのでチョイのみ。「ひろかつ」と言う串揚げ屋に入ってみた。

     一仕事終え、渋谷を歩いていれば偶然地下の店からでできた従業員に声をかけられ、入店することにした。屋号は店の特徴そのまま「ひろかつ」。串揚げの店なので関西系と思えば、やはりそうである。ビールが199円という低価格につられての入店。天ぷらもあるらしい。 多少迷ったが、ここはスタンダードに串揚げ「5本セット」を頼んでみた。こちらも1本100円程度、関西価格である。細かなパン粉が特徴な串揚げは、食...

  6. 今日は老舗の案内。デパートの出店ではあるが、「なだ万茶寮」が面白いメニューを出していたので伺う。

    今日は老舗の案内。デパートの出店ではあるが、「なだ万茶寮」が面白いメニューを出していたので伺う。

     老舗巡りも3ほどとなり、多少は変化させることが必要と思い実施している。今回はデパートの中ではあるがなだ万。正式には、「なだ万・渋谷茶寮」となっているが、1830年(天保元年)に初代・灘屋萬助が料亭「灘萬」の母体というべき料理屋を大阪で創業した店舗。立派な老舗である。 当然、店舗規模は小さいが、本日の参加者は8名、個室美可能かと聞けば、別料金だという。そうなればテーブル席でもよい。しかし、照...

  7. 新越谷で仕事。やはり昼は鮨を食べてみたい。すし銀蔵を発見、入ってみれば日替わり鮨があり、決定。「まぐろ3色丼+生のりうどんセット」

    新越谷で仕事。やはり昼は鮨を食べてみたい。すし銀蔵を発見、入ってみれば日替わり鮨があり、決定。「まぐろ3色丼+生のりうどんセット」

     今年の夏は、新越谷での仕事が入った。このあたりを物色したランチを狙っているがどうも新しい店舗が開発できない。また時間もとれない。今日はガード下に入る「すし屋銀蔵」に行ってみた。当然にぎり寿司を食べようと思っていたが、日替わりランチで「マグロ3色丼+生のりうどんセット」と言う物が何かおいしそう、ボリュームもありそうと思い。試してみた。 私がマグロ丼を食べるというのは珍しいが、今日は実に暑い。...

  8. 新越谷で仕事。やはり昼は鮨を食べてみたい。すし銀蔵を発見、入ってみれば日替わり鮨があり、決定。「まぐろ3色丼+生のりうどんセット」

    新越谷で仕事。やはり昼は鮨を食べてみたい。すし銀蔵を発見、入ってみれば日替わり鮨があり、決定。「まぐろ3色丼+生のりうどんセット」

     今年の夏は、新越谷での仕事が入った。このあたりを物色したランチを狙っているがどうも新しい店舗が開発できない。また時間もとれない。今日はガード下に入る「すし屋銀蔵」に行ってみた。当然にぎり寿司を食べようと思っていたが、日替わりランチで「マグロ3色丼+生のりうどんセット」と言う物が何かおいしそう、ボリュームもありそうと思い。試してみた。 私がマグロ丼を食べるというのは珍しいが、今日は実に暑い。...

  9. 珍しくラーメンを食べてみた。越谷駅から駅10分程度のところで仕事。周りには「ラーメンばんだい」しかなかった。「ミニばんだい丼+ラーメンセット」

    珍しくラーメンを食べてみた。越谷駅から駅10分程度のところで仕事。周りには「ラーメンばんだい」しかなかった。「ミニばんだい丼+ラーメンセット」

     越谷の会場で講義を頼まれ、久々の越谷。残念なのは昼の時間があまりない。しょうがないので近辺を物色。駅から少し離れている商工会議所での依頼、以前あった飲食店も様変わり、閉店している物が多く、数年前の土地勘は利かない。後は運を任せに歩いてみれば、街道沿いにファミレス風の店舗。なんとラーメン店。 どうやら磐梯(ばんだい)と言う屋号。タイムリミット、入ってみればなかなか混んでいる。早くできる物と聞...

  10. 北千住にある「海の家」。2回目のワンコインランチを楽しんでみた。今日は外れ「鳥の照り焼き」?

    北千住にある「海の家」。2回目のワンコインランチを楽しんでみた。今日は外れ「鳥の照り焼き」?

     写真で見る限り昼間からハイボールを飲んでいると思われては困るので説明しておけば、これはこの店の特徴、お茶である。どんと出されるお茶はこの熱い夏ありがたい。テーブルにもピッチャーが置かれているので、喉を十分に潤すことができる。 目当ては500円(ワンコイン)ランチ。何か「チキンの照り焼き」がいつも出されていないメニュー。興味がわき頼んでみた。時間が勝田割りに出されたのは、缶詰に入っていたよう...



[PR]
by tatuko00 | 2018-09-16 06:43 | すし | Comments(0)


<< ステーキハウス柳鳳/浅草橋ベル... 池袋でがっつり食べたい場合には... >>