忘れていた記録を発見。上野で仕事、お弁当がつき「崎陽軒・松花堂弁当夏(穴子ご飯)」をいただいた。

 崎陽軒の弁当も進化しているようである。いつもはでない(通常はコンビニ弁当)お弁当が提供された。豪華版。以前ここから依頼される場合2000円弱の昼食(弁当)が出されていたが、ここ数年経費軽減だろうか、一気に400円級の物となっていた。今日は朝から夜までの仕事。サービスしたという。

 理由はともかく、おいしい物をいただくというのはありがたい。外観からおしゃれな弁当は、明けてみても豪華。6つに仕切られた弁当にはそれぞれの食材がタップリ詰まっていた。夏の味覚として、甘辛くふんわりとした煮穴子を茶飯とともに味わう「穴子ごはん」や、さっぱりとした花わさびの辛味と白きくらげの食感を楽しむ「花わさびとちりめんじゃこの和え物」、彩り豊かな「三色野菜の真丈」に加え、シリーズ定番の「銀だらの麹味噌焼き」などを取り揃えた、ちょっぴり贅沢なひと時をお楽しみいただけるお弁当(hpより)となっていた。

 一つ目には「魚」じっくり味がつけられ脂ののっている銀だらは、身もしまりおいしい。これだけでご飯が食べられるが、ご飯の量は限られる。5つ目には白ご飯。崎陽軒独特のもっちりとした物。6つめは穴子飯(豆ご飯)なので大切にとっておきたい。

 2つ目は「香の物・揚げ物・デザート」がはいっていた。ちくわの天ぷらもおいしい物だった。3つめはさすが崎陽軒。特製シュウマイが2個入っていた。加えて、山菜の和え物。こちらもおいしい。4つ目は、煮物。南瓜・椎茸・筍・レンコンに卵焼き(だし巻き)が添えられていた。

 穴子が2切れのせられた豆ご飯は、穴子の味も伝わりおいしい物。これが1200円であれば十分である。最初少ないかなと思った弁当も食べてみればおいしいもの。お腹も十分満たされました。今回だけでなくこの程度のランチ(弁当)は提供してほしいものである。

松花堂弁当 ~夏~(期間限定 東京地区、一部横浜地区限定)
http://kiyoken.com/products/obento/18shokadobento_natsu.html


f0388041_07323832.jpg

f0388041_07324478.jpg

f0388041_07324918.jpg

私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽
平成30年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ)
 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合
横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんでみましょう。
「広東料理」 「一楽」3500円/人(税込)
中華街のランチ群を抜く良店。

私がご案内した中華街「佐藤栞里さん・ノブ(千鳥)さん・貴理子さん」でした。
https://www.youtube.com/watch?v=dZJMaSzGTjY
https://www.youtube.com/watch?v=vONRS6V6GGY
私がご案内した中華街「小峠さん・ノラさん・安藤なつさん・堀田茜さん」でした。
https://www.youtube.com/watch?v=uQqT_DF3_ik


老舗の帰路、やや小腹があいたのでチョイのみ。「ひろかつ」と言う串揚げ屋に入ってみた。
  1. 老舗の帰路、やや小腹があいたのでチョイのみ。「ひろかつ」と言う串揚げ屋に入ってみた。

  2.  一仕事終え、渋谷を歩いていれば偶然地下の店からでできた従業員に声をかけられ、入店することにした。屋号は店の特徴そのまま「ひろかつ」。串揚げの店なので関西系と思えば、やはりそうである。ビールが199円という低価格につられての入店。天ぷらもあるらしい。 多少迷ったが、ここはスタンダードに串揚げ「5本セット」を頼んでみた。こちらも1本100円程度、関西価格である。細かなパン粉が特徴な串揚げは、食...
  3. 今日は老舗の案内。デパートの出店ではあるが、「なだ万茶寮」が面白いメニューを出していたので伺う。

    今日は老舗の案内。デパートの出店ではあるが、「なだ万茶寮」が面白いメニューを出していたので伺う。

     老舗巡りも3ほどとなり、多少は変化させることが必要と思い実施している。今回はデパートの中ではあるがなだ万。正式には、「なだ万・渋谷茶寮」となっているが、1830年(天保元年)に初代・灘屋萬助が料亭「灘萬」の母体というべき料理屋を大阪で創業した店舗。立派な老舗である。 当然、店舗規模は小さいが、本日の参加者は8名、個室美可能かと聞けば、別料金だという。そうなればテーブル席でもよい。しかし、照...

  4. 北千住にある「海の家」。2回目のワンコインランチを楽しんでみた。今日は外れ「鳥の照り焼き」?

    北千住にある「海の家」。2回目のワンコインランチを楽しんでみた。今日は外れ「鳥の照り焼き」?

     写真で見る限り昼間からハイボールを飲んでいると思われては困るので説明しておけば、これはこの店の特徴、お茶である。どんと出されるお茶はこの熱い夏ありがたい。テーブルにもピッチャーが置かれているので、喉を十分に潤すことができる。 目当ては500円(ワンコイン)ランチ。何か「チキンの照り焼き」がいつも出されていないメニュー。興味がわき頼んでみた。時間が勝田割りに出されたのは、缶詰に入っていたよう...

  5. 上野界隈の散策、根津まで足を伸ばし「はん亭」で串揚げコース(昼)を楽しんでみた。

    上野界隈の散策、根津まで足を伸ばし「はん亭」で串揚げコース(昼)を楽しんでみた。

    私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成28年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんでみまし...

  6. 「田楽・すけ」と言う屋号か?新越谷で久々のランチ寿司。握り定食を食べてみた。

    「田楽・すけ」と言う屋号か?新越谷で久々のランチ寿司。握り定食を食べてみた。

    私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成28年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんでみまし...

  7. 新越谷で仕事、昼食を食べていなかったので、ゆで太郎で「朝定食」。ここは高菜・鯖飯。

    新越谷で仕事、昼食を食べていなかったので、ゆで太郎で「朝定食」。ここは高菜・鯖飯。

     今年の夏は埼玉・越谷で仕事が入った。週に2回ほど行かなければならず、早朝に行くことも多い。今日は朝食を食べていなかったので、駅近くで朝食。先日別な店で、いただいた「サービス券」を思い出したからである。こういうおじさんがお得感を感じて、再訪するために配っているサービス券、その意図通りに入ってしまった。 9時前だったので店内は結構好いていた。出勤前に蕎麦を食べる人が多い。私が常とするのは、やや...

  8. はん亭 歴史感じる老舗串揚げ処 第23回上野から鶯谷・日暮里の旅(55) 「体験・建築・史跡散策とグルメランチ(老舗)PART9熊谷カルチャー

    はん亭 歴史感じる老舗串揚げ処 第23回上野から鶯谷・日暮里の旅(55) 「体験・建築・史跡散策とグルメランチ(老舗)PART9熊谷カルチャー

    私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成28年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんで...

  9. 私としては珍しいランチラーメン、500円にそそられて「壱角家 池袋東口店」。でもなかなかおいしい。

    私としては珍しいランチラーメン、500円にそそられて「壱角家 池袋東口店」。でもなかなかおいしい。

     私が昼食でラーメンを食べるというのは非常に珍しい。それは嫌いというわけではなく、通常自宅での昼食は麺類(炭水化物)、その分申し訳ないが、価格が1000円近くなるラーメン、いや500円以上のラーメンは、どうも手が出せないでいる。確かな仕込みの場合、価格もその程度になるのは解るが、ラーメンは自宅で楽しむのが私は好きである。 今日も、池袋で仕事。鮨屋を物色していたが、休日の昼はなかなかあいていな...

  10. 五反田で仕事、何かディープな雰囲気の居酒屋を発見、入ったみた。「望波亭」

    五反田で仕事、何かディープな雰囲気の居酒屋を発見、入ったみた。「望波亭」

     あまり時間は無いが五反田での仕事終了、やや最終まで時間がある。喉も渇いた。東五反田飲食店街に向かう、このあたりは風俗店が多い、「マッサージ」やら「サービスします」の声に反応をしないようにすり抜け駅近くまで行けば、居酒屋の客引きが、何人かというので一人というと適当な店を紹介してくる、以前から意になる寂れた(失礼)店があったので、入ってみた。 外の看板には、「おかげさまで33年、生ビールセット...

  11. 北千住で仕事、帰り道少し時間が熱田ので、百円つまみのある「海の家」で晩酌。

    北千住で仕事、帰り道少し時間が熱田ので、百円つまみのある「海の家」で晩酌。

     ランチで入ったことのある居酒屋。時間が多少合ったので、帰路にチョイのみとして立ち寄ってみた。動機は「100円つまみ」7種程度掲示されていた。昼にも出されており、ランチの追加メニューとしても可能。狭い階段を上れば「海の家」と言う居酒屋である。北千住に海と思うが、所以は知らない。 ビールを頼み、100円目メニューを確認すれば、数品頼んでも良いという。お通しもつく、さつま揚げの煮物のような物であ...


[PR]
by tatuko00 | 2018-10-09 21:54 | お弁当 | Comments(0)


<< 最近よく利用する「ブロン・神保... 今日も朝食を食べずに新越谷へ、... >>