2009年 11月 23日 ( 3 )

関内駅地下プロムナードに「糸ぐるま酒家」。





地下街のラーメン屋。前を通れば「ハッピーアワー」の掲示。生ビールが19時まで300円になるらしい。基本はラーメン屋。つまみらしい物もあるのかと入ってみる。300円程度で数種類のつまみがある。うれしい。鶏の唐揚げなどもあるが、いかげそ揚げメタボのみには良いかと思い頼む。








餃子も300円。佐野ほどは知らないが、「野菜」と「特製」がある。肉と野菜かもしれない。ラーメン類は700円以上の価格帯である。同じチェーン伝であれば、京風ラーメンの「糸ぐるま」と比較しても割高感がある。相違いえば、「生ビール+野菜餃子セット580円」なる物もある。ハッピーアワーの時間は、割高となる。






それ以外に、つまみ2品をつけられる「おつまみセツト1000円」、枝豆とセットの「枝豆セット580円」もある。いずれにしても100円程度の割引るしかし、これがありがたいものである。イカは丁寧に揚げられ、さぱりしている。量もつまみとしては十分。











150円で点心も頼めるので、海老蒸し餃子を頼んでみた。メニューの餃子よりかなり小さなものが出てきた。当然ビールのお代わりを所望する。禁煙席も準備されているので、のんびり出来る。志願が早かったせいか、呑むことを目的としている人はなかった。帰宅前の一杯には良い場所である。











糸ぐるま
[PR]
by tatuko00 | 2009-11-23 08:22 | ラーメン | Comments(0)

「黄金オリオン酒場」というおもしろい店に入ってみた。





最近はやりのレトロ風のインテリアを作っている酒場、関内駅付近にも作られていた。たぶんチェーン店なのかもしれない。手羽から揚げが専門らしいが、私は多少苦手。メニューを見ると焼き鳥の煮物という物がある。かくも385円と安いので頼む。ビールを頼めば、生中380円、大でも480円だというので、大を頼む。









キャベツの上に塩昆布がのせられたキャベツがお通しとして出された。唐辛子などをのせられている。多少おしゃれな雰囲気。価格もきになる(お通し会計時確認すれば300円)。どうしてお通し言う物が合法的に成り立つのかわからない。




焼き鳥を煮たものは、何かモツ煮のような感じ。おでんの具のような仕上がりとなっている。串から外せば、ほぐれてしまうような感じ。味がしみこんでいて美味しい。大ジョッキは、太い感はあるがさほど大きい物ではない。変な暖簾が下がった席だったので、1パイ呑んで終了となる。





黄金オリオン酒場 関内 http://r.gnavi.co.jp/g498437/
[PR]
by tatuko00 | 2009-11-23 07:15 | 飲み屋 | Comments(0)

南太田、路地裏の寿司屋。「久月」



南太田の裏から路地に入れる。そこに以前寿司屋を見つけていた。今日は所用で南太田にいくきかいを得た。ちょうど昼の時間、記憶を頼りに店の前を通る。暖簾が上がっていない。12時少し前、店の中には人の気配がある。もしかして、12時を過ぎれば開くものかと思い、近辺を少し散策。もどってみれば、暖簾をご主人が揚げている。



以前通ったときには1000円程度のランチメニューガででいたような気がするが、しばし待っても出さない。おそるおそる暖簾をくぐる。店内は薄暗い。カウンター奥にご主人。営業しているかの問いに。他い゛しょうぶだと言う。開いたばかりだから、ネタは限られているという。にぎりを食べたいと言えば、2300円と4800円という。一瞬出入り口を見たが、その勇気が出ない。



当然安い方2300円を頼む。話をすれば、天然物だけを扱っているという。なかなかしゃべる。奥からネタを運んできて切り出す。仕事は早い。最近の不景気をぼやくが、私の性ではないと思いながら、会話をする。カウンターにすわり、この値段。直接出すのかと思えば、下駄を用意。作って出してきた。




通常の上寿司と相対的には変わらない寿司が出された。大トロらしいものもついているが、ハマチ・赤身・イカ・海老とすごいと思うようなネタはなかった。印象的なのは、デザイン?されたように切り分けた「鉄火」。大きさが大きすぎ、一口では難しかった。1500円なら了解するが・・・。椀ものは、おすまし、娘さんらしい人が奥で作って出してきた。




[PR]
by tatuko00 | 2009-11-23 00:35 | すし | Comments(0)