2018年 09月 03日 ( 2 )

お茶の水・神保町界隈を散策、神保町で見つけた牡蛎の店Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町店で食事part2

私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽
平成28年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ)
 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合
横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんでみましょう。
「広東料理」 「一楽」3500円/人(税込)
中華街のランチ群を抜く良店。



 何か気に入ってもらったような店。牡蛎を食べられるランチ。先日別なグループをお連れしたとき、気に入ってもらった店。本当は生牡蠣の提供なのだが、焼きガキにも対応してくれるうれしい店。ランチで2000円で飲み物もつけてくれるのがありがたい。そんな家庭的な対応が私のような者には助かる。


 今回も10数名。半数ほどが焼きにしてくれと言う。事前申請なので、駅で集合時点で決めてもらっていたが一名が見ただけで変更、いやな顔もせず対応してくれた。頭が下がる。とにかく、生牡蠣。今日も鮮度は十分。何もかけなくてもおいしい物だった。


 まずは食べ放題のサラダとスープをそれぞれが楽しむ。10数種あるので、結構セレクトするのが女性には楽しいらしい。まずは落ち着く。ウニのオードブルが出された。これも楽しい一品。やさしい味でおいしい。クリーミーな物となっていた。併せて盛られている、ちいさなパン。あっさりしていて合わせて食べるとまた違った味となる。


 今日の牡蛎は、➀宮城県女川②北海道稚内となっていた。いずれも大粒、見ただけで鮮度も十分おいしい物だった。焼きも同様の物で準備されていた。私は生を選択したが、やはり生の方がおいしいような気がした。今回も牡蛎アレルギーの方もいなかったので無事に終了。満足していただいたようである。


 次は、パスタ。今日もたくさんの牡蛎が入っていた。添え物の野菜が、ちょうど良い具合に牡蛎との相性がよかった。パスタはやや今日は太め。これもなかなかよかった。基本牡蛎の風味でつけられたパスタ。おいしい物となっていた。女性客が多いので、お腹も満たされたようである。


 デザートのミニケーキもおしゃれ。珈琲・紅茶は作り置きであるが、飲み放題。お腹も満たされ、猛暑で避難して空間からお別れ、暑い場所に出ました。



f0388041_10122252.jpg

f0388041_10122861.jpg

f0388041_10123450.jpg

f0388041_10124050.jpg

f0388041_10124708.jpg

f0388041_10125203.jpg






Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町 第24回お茶の水界隈かな神保町・神田川を楽しむ旅「56」 「体験・建築・史跡散策とグルメランチ(老舗)」PART9 熊谷カルチャー
  1. Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町 第24回お茶の水界隈かな神保町・神田川を楽しむ旅「56」 「体験・建築・史跡散策とグルメランチ(老舗)」PART9 熊谷カルチャー


  2. 私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成28年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんでみまし...
  3. お茶の水・神保町界隈を散策、神保町で見つけた牡蛎の店Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町店で食事part2

    お茶の水・神保町界隈を散策、神保町で見つけた牡蛎の店Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町店で食事part2


    私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成28年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんで...

  4. お茶の水・神保町界隈を散策、神保町で見つけた牡蛎の店Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町店で食事

    お茶の水・神保町界隈を散策、神保町で見つけた牡蛎の店Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町店で食事


    散策を手伝う(カルチャーセンター)になってから、ランチ場所を吟味することが多くなった。今日は最近あまり行かないエリア、美食の会ではないので、食事代は2000円以下で納めたい。そうなれば、山の上のホテルでは、予算オーバー。学生街ではあるが、壮年の女性をお連れする場所をなかなか覚えていない。 インターネットで検索していると、「Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町店」を...

  5. 北千住で仕事、帰り道少し時間が熱田ので、百円つまみのある「海の家」で晩酌。

    北千住で仕事、帰り道少し時間が熱田ので、百円つまみのある「海の家」で晩酌。


     ランチで入ったことのある居酒屋。時間が多少合ったので、帰路にチョイのみとして立ち寄ってみた。動機は「100円つまみ」7種程度掲示されていた。昼にも出されており、ランチの追加メニューとしても可能。狭い階段を上れば「海の家」と言う居酒屋である。北千住に海と思うが、所以は知らない。 ビールを頼み、100円目メニューを確認すれば、数品頼んでも良いという。お通しもつく、さつま揚げの煮物のような物であ...

  6. 第47回お茶の水界隈かな神保町・神田川を楽しむ旅    埼玉・茨城から東京を楽しむたび  古河・上尾カルチャーセンター「お江戸巡り⑯」

    第47回お茶の水界隈かな神保町・神田川を楽しむ旅 埼玉・茨城から東京を楽しむたび 古河・上尾カルチャーセンター「お江戸巡り⑯」


    現在も参加者募集しています。現地集合ですので関東近郊の方は参加できます。 ヨークカルチャーセンター上尾 048-777-0440 古河カルチャーセンター  0280-31-6011 この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp参加したい方はご連絡ください。090-3436-8532ネットでカルチャー(散策・グルメ)埼玉・茨城から東京を楽しむたび 古河・上尾...

  7. Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町 第3回お茶の水界隈かな神保・神田川を楽しむ旅㉕ カルチャーセンター「建築散策と東京散策」

    Oysterbar&Wine BELON(ブロン)神保町 第3回お茶の水界隈かな神保・神田川を楽しむ旅㉕ カルチャーセンター「建築散策と東京散策」


    私がご案内しています。まだ募集中です。希望のある方は、連絡してみたください。参加希望する方はご連絡ください。関東近辺のカルチャーで募集しいます。わからない場合は下記に連絡ください。株式会社カルチャー 佐々木・福武 TEL042-746-9212  FAX042-748-9881 この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp参加したい方はご連絡ください。0...

  8. この所北千住の仕事が多い。いもやで天麩羅「天丼並」をいただく。

    この所北千住の仕事が多い。いもやで天麩羅「天丼並」をいただく。


    私が学生時代過ごした神保町・お茶の水界隈では、数店舗あった「いもや」。非常に庶民的な天麩羅屋。ほとんどの店が小規模、カウンター越しのサービスで回転率を上げて頑張っている。以前からリーズナブルな設定のために、学生時代には助かった物。北千住にも見つけ聞けば、純粋な暖簾分けらしい。先日定食を食べたが、今日は、やはりどんぶり「並」を頼んでみた。 気持ちのよいあげての若手の男性が、年季の入った女性...

  9. 松屋で新しいメニューを発見、北千住西口店。「鶏のバター醤油炒め定食」ライス大盛り無料でいただく。

    松屋で新しいメニューを発見、北千住西口店。「鶏のバター醤油炒め定食」ライス大盛り無料でいただく。


     今日も時間のない昼食、依頼された場所の近くでランチ。駅前にでで牛丼を流し込もうと思ったが、面白い(新しい)メニューを発見。ご飯も大盛りサービスというので、ちょうどサラダサービスの券も持っていたので、即決。食券を購入しカウンターに着席。大盛りを告げて落ち着く。 数回来ているが、どうも人手不足のような雰囲気。意外と手際も悪く時間がかかる。松屋は、3分ルールというのがあると聞いていたが、なんと1...

  10. 第16回 「東京駅・皇居散策」 鮨・料亭・日本料理文久元年創業の老舗「寿白」㊾

    第16回 「東京駅・皇居散策」 鮨・料亭・日本料理文久元年創業の老舗「寿白」㊾


    この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp参加したい方はご連絡ください。090-3436-8532ネットでカルチャー(散策・グルメ)「体験・建築・史跡散策とグルメランチ(老舗)」PART6第16回 鮨・料亭・日本料理  文久元年創業の老舗4㊾12月8日(金) 10時30分 東京駅南口(丸の内)集合 寿白本懐石 寿白弁当(...

  • 今日も北千住で仕事。神保町で有名な天ぷら屋「いもや」の姉妹店があった。天ぷら定食。


  • [PR]
    by tatuko00 | 2018-09-03 07:37 | イタリアン | Comments(0)

    池袋で仕事、時間も無いので西口ロサ会館の前を歩いていると「牛若丸」という聞き慣れない牛丼や。食べてみた。

     牛丼チェーン店というと「吉野家・すき家・松屋」などが頭に浮かぶが、池袋西口を歩いていると「牛若丸」という店舗を発見、それ非常に小さな店舗。よく見れば、ロサ会館の店舗。最近牛丼の値上げがざくざく実施されているが、ここは280円。低価格である、入ってみることにした。

     後でインターネット等で調べれば、吉野家の実験店舗らしい。こういう実験はいっぱいしてくれてよいようだ。食べてみた感想からは、牛丼自体は、吉野家とかなり違うような気がする。当然食べたのは牛丼並。まずは見た目で違うのは、白滝(シラタキ)、これは吉野家ではないだろう。味もだいぶ異なっていた。はっきり言って濃い、醤油がつようだった。見た目にはすき焼き丼のような雰囲気だが、食べてみれば牛丼。

     シンプル、牛丼以外何もでない、すべてセルフサービス。窓口に取りに行き、返却口に収めるスタイル。このあたりは全く苦にならないのでよいが、お茶もセルフ?いや水しかない。280円であれば、たちそばや寄りやすいかもしれない。そのせいか女性客も数名いらしていた。量は多少少ない感じもしたが、当然追加料金次第では大盛となる。

     店頭には「鬼きつね牛丼」や数種のバリエーションも紹介されていたがこのあたりも客の需要を探っているのかもしれない。でもほかではなかなか見ない店舗。今後どうなるのであろうか楽しみでもある。



    f0388041_07141432.jpg

    f0388041_07141907.jpg






    アメリカンスタイルのバーガー屋。KUA AMIYAでチョイのみセット。クアアイナ 渋谷宮益坂店
    1. アメリカンスタイルのバーガー屋。KUA AMIYAでチョイのみセット。クアアイナ 渋谷宮益坂店


    2.  珍しく青山で夜仕事を依頼された。帰宅前に面白いレストラン。何と大ジョッキにトライしてみた。仕事も終わり、宮益坂界隈を物色していれば、裏路地に明かりがついているモダンな店舗。よく見れば、ハンバーカー店。通常は見向きもしないが、よく見ればビールとのセットメニューがある。 喉も渇いているし、このあたりがちょうど良い。ウエスタンスタイルの店舗に入ってみた。店内は意外と女性が多い。場所柄でもあろうが...
    3. 池袋で食べられるとんかつや、松乃家で今日はヒレカツとロースカツののコラボ定食。サービス券でミソソースをいただく。

      池袋で食べられるとんかつや、松乃家で今日はヒレカツとロースカツののコラボ定食。サービス券でミソソースをいただく。


      この所、システムが変わりなかなか自由に楽しめるようになった「松乃家」。東池袋店にまたうかがってみた。以前は、カツ丼などを一気に食べていたが、セルフ方式・ご飯味噌汁食べ放題となってからは、定食にシフトしている。今日は、ちっと贅沢に「ヒレカツとロースカツののコラボ定食」。 サービス券があったので、味噌ソースもつけてみた。これだけで単品で頼めば、130円。まず私は頼まない物。カツにつけてみると確か...

    4. 柳橋 大黒家  娘と東京の天ぷらを楽しんでみました。

      柳橋 大黒家  娘と東京の天ぷらを楽しんでみました。


      20180825  東京都台東区柳橋1-2-1 柳橋 大黒家 天ぷらの名店。天ぷらの老舗「浅草 大黒屋」の次男が昭和23年に出店。現在は3代目・丸山雄三さんが揚場に立ちます。コースのお通しに出てくる「うにパン」は、パンの表面にウニのソースが塗られ、中にエビのすり身が入ったオリジナルメニュー。また、伝統を重んじる江戸前天ぷらですが、こちらでは春からランチ限定で一流の味を手軽に味わえ...

    5. 御徒町で仕事。新しい鮨屋を発見、立ち食いとなっているが椅子(ランチ時)もあるようなので入ってみた。寿司常・御徒町店。

      御徒町で仕事。新しい鮨屋を発見、立ち食いとなっているが椅子(ランチ時)もあるようなので入ってみた。寿司常・御徒町店。


       寿司常というと多少高級感を感じるチェーン店。御徒町を歩いていると何かカジュアルナ雰囲気の鮨屋、よく見れば、すしつねの文字。寿司常ではない。表から見ても立ち食い寿司のような雰囲気。店内が一見できる。長途昼時、ランチメニューが出されていた。 なんと600円程度からの設定。これは確かめるしかない。店舗は新しいこともあるが、衛生的。気持ちのよい雰囲気となっている。しかし、シンプルな雰囲気。カウンタ...

    6. 池袋でがっつり食べたい場合には、松乃家。ささみ+ロースカツ定食を食べてみたがセルフサービスに?

      池袋でがっつり食べたい場合には、松乃家。ささみ+ロースカツ定食を食べてみたがセルフサービスに?


      池袋での仕事の場合、ちょっとボリュームを得たい場合には、中華・とんかつという構図が私にはある。しかし、中華街では中華という気持ちが多い、そんな気の利いた店も少ないのが残念である。気楽にいける店は店舗として最近よく行くのは、牛丼チェーンの経営する「松乃家」。かつやであるが500円程度から気楽に食べられるとんかつやである。油もしっかりしているので何か食べやすい。 久しぶりにうかがうと何か店の...

    7. 池袋で仕事、時間も食欲も無く、「元祖寿司(東池袋店)」で簡単に食べたいものを食べてみた。

      池袋で仕事、時間も食欲も無く、「元祖寿司(東池袋店)」で簡単に食べたいものを食べてみた。


       以前から「元祖寿司」はいろいろな場所で利用しているが、今日は池袋駅近くで仕事。なんと時間が無い。こういう場合には回転寿司が役に立つ場合が多い。ちょうど近くに、小規模ではあるが発見、入ってみた。やはり従業員の女性は、アジア系の人。しかし、日本語はわかるようなので一安心。 粉茶が置いてあるのでまずはお茶で胃を整える、「元祖寿司(東池袋店)」の場合、醤油皿が無いので、ガリを最初にとることはできな...

    8. 五反田で仕事、サービス券も使って、ミニカツ丼定食+エビ天でお腹を満たす。

      五反田で仕事、サービス券も使って、ミニカツ丼定食+エビ天でお腹を満たす。


       特に希望もなく食べたくなる食べもとして、丼物・蕎麦私の場合頭をよぎる。それもどんぶりは「カツ丼」リーズナブルではあるがなにか、親近感がわく。一時期カツ丼ばかり食べていた記憶があるくらい私にとってはソールフードなのかもしれない。 それが同時に味わえるのは、蕎麦屋。やはり日本人に生まれてよかったと感じるしかない。そこで頼りになるのは最近のたちそば(椅子もある店が多くなった)店。今日は仕事場の近...

    9. 梅林 色とりどりのお弁当”夏の旬菜 玉手箱” 第23回赤坂界隈を楽しむたび② セブンカルチャー「東京・有名建築散歩」⑧ 「一級建築士とお食事も楽しみながら!」 

      梅林 色とりどりのお弁当”夏の旬菜 玉手箱” 第23回赤坂界隈を楽しむたび② セブンカルチャー「東京・有名建築散歩」⑧ 「一級建築士とお食事も楽しみながら!」 


      セブンカルチャーで募集しています 全国のカルチャーで申し込み可能ですあるいは牡蠣にお問い合わせください株式会社セブンカルチャーネットワーク  事業推進部東京都豊島区南池袋1-28-1西武池袋本店別館9階〒171-8569電話番号 03-5949-3842  FAX番号 03-5949-3874  セブンカルチャー「東京・有名建築散歩」⑧ ...

    10. 「田楽・すけ」と言う屋号か?新越谷で久々のランチ寿司。握り定食を食べてみた。

      「田楽・すけ」と言う屋号か?新越谷で久々のランチ寿司。握り定食を食べてみた。


      私と「中華街」に行きませんか、セブンカルチャー企画。第1回海から中華街を目指す「創作料理」中華街散策 一楽平成28年10月3日(水) (中央口でて地下街を通りそごうへ) 10時30分 横浜駅東口 集合そごう地下入口集合横浜のシーサイドを快適なシーバスで移動、海からみなとみらいを見た後、「山下公園」を散策、希望があればマリンタワーにも登ってみます。秋の食欲が増す時期。コース料理を楽しんでみまし...

    11. 新越谷で仕事、昼食を食べていなかったので、ゆで太郎で「朝定食」。ここは高菜・鯖飯。

      新越谷で仕事、昼食を食べていなかったので、ゆで太郎で「朝定食」。ここは高菜・鯖飯。


       今年の夏は埼玉・越谷で仕事が入った。週に2回ほど行かなければならず、早朝に行くことも多い。今日は朝食を食べていなかったので、駅近くで朝食。先日別な店で、いただいた「サービス券」を思い出したからである。こういうおじさんがお得感を感じて、再訪するために配っているサービス券、その意図通りに入ってしまった。 9時前だったので店内は結構好いていた。出勤前に蕎麦を食べる人が多い。私が常とするのは、やや...


    [PR]
    by tatuko00 | 2018-09-03 07:32 | Comments(0)