<   2011年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

さいたま氷川神社参道入口にある「まんまる」と言う鰻屋へ。



夏になるとどういう訳か鰻を食べたくなる。のんびりであれば肉厚の大漁に乗った鰻重を当てにビールを呑みたいところではある。しかしながら今日はまだ用事がある。鰻「並」で我慢する。場が2600円。特上が3000円と設定されている。





個々はランチ限定かもしれないが1600円の鰻重をお願いする。ご飯大盛りサービスだというので大盛りにしてもらう。15分ほどかかると言う(研修生「胸に名札がつけられている」)が言えばチーフが打ち消す。どうやら順調にできあがるらしい。







調度客の入れ替え時期であったのだろう、まだ食べていない客が多い。とは言っても入口の椅子席は10個程度20人程度。奥に座敷があるらしい。調度焼き上がりが順調に流れ出したようである。そんな客席は狭い。そこに従業員が4人計算では一テーブル一人ぐらいいる。まして客の方を至近距離で向いている。何か緊張する。




程なく(10分ほどして)鰻重が出された。何と蓋が開いた状態で配線。ご飯が、重箱にいっぱい入っている。鰻が浮いている。炊き具合の良さそうなご飯。美味しそうである。その上に照りが入った鰻。小降りではあるが1匹入っている。




汁は「おすまし」、香の物は①奈良漬け②キュウリ③大根の3種、ありがたい。鰻重に箸を入れる。やっぱりご飯の量はすごい。タレはほとほとにかかっている。かけ過ぎでないのがありがたい。鰻は柔らかく(ふっくら)仕上げられている。タレの入り具合も調度良い。



以前までは1000円程度のうな丼(半身)があったらしいが、1600円で鰻重を食べた方が絶対おすすめである。すりながらかけられる山椒もおかれている。半身ごとに掛けながら食べる。これから鰻・湖畔、鰻・ご飯の流れが続く。一気に食べきる。満足。後味も良い。


[PR]
by tatuko00 | 2011-07-04 09:48 | うなぎ | Comments(0)

大崎でちっとリッチな「寿司ランチ」。






大崎シティの中にあるおしゃれな寿司屋。前から存在は知っていたが、今回時間があったので入店。1600円のランチを体験してみた。すしだと思えばさほど高くはないが、ランチだとすればサラリーマンにとっては多少高い価格帯である。






店はカウンター9席、椅子席10人、個室的なものがあるようである。あまり規模としては大きくないと思う。その分職人の動きが早く。座れば注文したものがすぐに動き始める。私のすしも注文して数分で、できあがる。






カウンターから直接出されるのがうれしい。大きな1本アナゴもつくが、別皿で提供される。少し温められている。やさしい煮切りが素材の味を引き立てていた。すしは、①中トロ②マダイ③赤身④カツオ⑤甘エビ⑥玉子⑦ウニ「軍艦」⑩いくらの10貫+鉄火(3)。





それに加えて、茶碗蒸し・椀がつく。シャリの具合は上々、握り具合も堅くなくちょうどよい。私好み。ネタの中ではやはり「中トロ」がよかった。そのほかも文句を言うべきものはまったくない。お茶がすこぶる美味しいのが印象。






 茶碗蒸しも作り立て、そのせいかだいぶ遅れて提供された。しかし、寿司を食べてからその手を食べる習慣のある私にはそのほうが好都合。おいしくいただいた。椀もシジミが10個ほど入ったもの。おいしい風味が出ていた。





 やはり価格だけのことがある。ランチでこの値段でランチを提供しているだけよいことであろう。丁寧な応対も店の姿勢であろう。







[PR]
by tatuko00 | 2011-07-03 06:20 | すし | Comments(0)

新宿小田急ハルク地下(ハルチカ)の飲み屋群。今日は「串かつでんがや」に立ち寄る。






 大阪の土手焼きと称する店が最近多く出始めた。ここもチェー店「串かつでんがや」である。当然くし揚げもメイン料理として準備されている。19時まで入店すれば、「晩酌セット780円」というものもあるらしい。くし揚げ5本とビール生がついているのだからありがたい。この店は「お通しもとらない」と明言している。それでいて、キャベツが差し出される。完全なサービス(無料)である。





 まずは土手焼き(くしを八丁味噌で煮込んだもの)。早く出るかというので、筋と卵を頼む。くしをセットで頼もうかと思うと、合計しても同じ。アラカルトとする。牛肉・レバー・鶏肉を頼む。しばらくはキャベツと土手焼きでビールを飲む。大びんが530円だったので瓶にしておいた。





 カウンターでの一人酒。瓶ビールが何か落ち着く。土手焼きは脂が多いものが出された。まあこういう店も多いが、もう少し上等の肉を使うべきであろう。卵は多少苦笑い。ウズラの卵が2個くし刺しにされたもの。まずくはないが・・・。






 多分大阪・名古屋に入ったことのない従業員の人々であろう。この手のチェーン店を展開するのはいいが、もう少し勉強したほうがよいのではないだろうか。最近東京近辺で入った店で、気に入る店はなかなかない。



http://www.odakyu-halc.jp/shop/dengana.html


[PR]
by tatuko00 | 2011-07-02 08:03 | 飲み屋 | Comments(0)

中華街ではしご酒。「龍興飯店(香港路)」



ある程度お腹は満たされているが中華街では、呑むことは少ない。何かもう一軒炒ってみたくなった。気になっていた龍興飯店に炒ってみたくなった。ビールとつまみのサービスがでていたことを思いつく。あった、「ビール300円」、「水餃子190円」、「春巻き300円」なとなど。うれしい立て看板が2枚も出されてた。胃袋と相談せず入店。






妻が、以前の店明蘭餐庁「四川」の面影が残ると離していると、店の方が「ご主人も開店の日に来て同じ事を炒っていましたね(覚えてくれていた)」と話しかけてきた。今日はすいているせいもあるが、親近感のある応対。サービス品を注文し、しばらく話す。そこで解ったことは、2階と1階のテーブルを取り替えたと言うこと。そういえば雰囲気は変わっている原因はそこにあった。



私は、ビール・妻はサワーを注文。当然」、「水餃子190円」、「春巻き300円」を注文。520円する水餃子が190円どのようなものかと楽しみに待つと、意外とあっさりとした物。ボリューム感は無い。喉越しの良い皮に包まれている。醤油ベースのタレがかけられている。5個。通常だと1個100円?食べて見れば底は中華街。干し海老がきいた逸品でした。



春巻きは、当然ではあるが揚げたてのパリパリ。美味しい。具もたっぷり。最初熱く食べられなかったので、少し置く。ややさめた具合の方が味も食感も楽しめた。満腹だと炒っていた妻は「水餃子」が気に入った模様。別腹になっていた。私も懲りずにビールをおかわり。これで、2人で1300円。立ち飲み屋よりも安い。有難うございました。









先頃開業した「龍興飯店」。相変わらず500円~のランチサービス

香港路・龍興飯店も頑張っている。500円台ランチと単品500円サービス。

新規開店「龍興飯店(香港路)」は2日目でランチ営業。
[PR]
by tatuko00 | 2011-07-01 05:28 | 中華 | Comments(0)

中華街で晩酌。偶然中華街で仕事が終わり「龍城飯店」へ



本日は、「焼き餃子260円」をつまみに呑むことにする。すぐに多くのザーサイ(無料)と生ビールが出される。喉が渇いていたのでぐいっと飲み干す。ザーサイでも十分にいただける。程なく焼き餃子が登場。





ビールも2杯目となる。餃子は、5個であるが、ボリューム満点の物。野菜中心ではあるが、たっぷりと具が入っている。どうして餃子とビールはあうのだろう。熱い物と冷たい飲み物。私は好きな取り合わせである。





呑みながら入口を見れば、営業は9時から。利けば朝からやっているという。そういえばお粥なども充実している。朝中華も良いかもしれない。





「ランチのイメージ」

龍城飯店「中国料理」        ブログ   ブログ  ブログ   呑み
580円(料理1品+スープ+ザーサイ+ご飯)
 聞けば(2008)7月14日(月)の開業らしい。明るくモダン?な雰囲気に生まれ変わった小さな店舗。香港路の新たな名店になるのだろうか。最近、虫食い状態のこの路地。明るい雰囲気の店はありがたい。改装した安記が看板を路地にせり出したのにあわせ、同じような大きさで店名を掲げている。そもそも道路ではなさそうな路地、最近は路地にいろいろなものがはみ出してきている。
 すでにランチが出されている。信頼するブログによると630円4種となっていたが、今日は580円均一。50円価格が下がっていた。また6種と変わっている。うれしい変化である。 店は間口が狭いのでカウンター型の椅子席のみ一階は16人程度の規模に厨房がある。2階(山水の時はなかったのでは?)もあるようで後からきた客が案内されていた。1階は壁がかがみ出てきているので、鏡を背にして座る方がよい。
 すぐに「海鮮XO炒め」がでてきた。トレイに乗せられ出すスタイルらしい。デザートまでのっている。シメジが多いが、エビ・イカ・ホタテもはいている。味付けはどちらかと言えば、あっさりしている。量も十分。ご飯もやや大きめの器にてんこ盛り。スープも同様である。当然両方ともおかわりを頼んでみる。快く応じてくれた。ザーサイはやや辛めの味付けをしている。杏仁豆腐は、サービス品の領域、やや残念。
ランチ例)①エビチリ②肉野菜炒め③海鮮のXO醤炒め④牛肉とオイスターソース炒め⑤担々麺+半チャーハン⑥野菜湯麺+半チャーハン580円
[PR]
by tatuko00 | 2011-07-01 05:19 | 中華 | Comments(0)